Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

Ho Ho Ho!!

Merry_Christmas

いまのような姿のサンタ・クーロスの登場は、 1821年の『子供たちのお友達 』という絵本によるものだそうだ。
サンタクロースが赤い服を着ているのは、コカ・コーラのCMが元祖という サンタ発祥コカコーラ伝説をすっかり信じていた。

それにしても赤い服は古いものではないらしい。
また、1931年にコカコーラ社の宣伝に採用されたスエーデン系アメリカ人ハッドン・サンドブロムのイラストが、現在のサンタ・クロースのイメージを、大資本の力で世界中に広めていったことも事実のようである。

写真は函館にあるハンバーガーショップ、ラッキー・ピエロの十字街銀座店で撮ったもの。
この店では一年中クリスマス気分が味わえる。
ハンバーガーもポテトもなかなかに美味しい。
ずっと首都圏進出を願っているのだが、函館オンリーの店舗展開のようで残念である。

今宵、あなたのもとに、素敵なプレゼントを抱えたサンタ・クロースが訪れることを祈って、メリー・クリスマス!


ある日の空15 「イリュージョン」

凍てつく網走湖

凍てつく午後の網走湖。
クリスマスツリーのモミノキは、道東では時おり見かける。
三年前の、今の季節に訪れた。


ある日の空14 「メルヘンの丘」

  • 2011/12/16 00:33
メルヘンの丘(撮影:鳴神響一)

火曜日の写真と同じ大空町にあるメルヘンの丘
黒澤明監督の遺作『夢』で知られる印象的な景色である。
黒澤氏は、大空町で愛馬を育てていたので、この景色を愛していたらしい。
美瑛や富良野でも有名であるが、このような植樹は畑地の境界を示すためのものだそうだ。


ある日の空13  「雪原」

雪原に陽が沈む

オホーツク沿岸地方、ことに網走周辺は、冬でも比較的好天に恵まれる日が少なくない。
雪原に陽が沈む。
大空町にて。


ある日の空12  「春嵐譜」

冬の海

冬から春にかけての西南伊豆地方は、恐ろしいほどの西風が吹く日が続く。
天気はよくても、海が荒れている日が少なくない。
何年前だったか、今頃の季節に南伊豆町の入間に出かけた時の一枚。
まだ、一眼レフのデジカメを持っていなかった。
いま、話題のオリンパスのコンパクトデジカメで撮ったもの。
オリンパスのレンズも結構好きなんだけどなぁ……。


ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books