Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

島崎リノフラメンコ教室の発表会にお邪魔しました。


e Studio DaiDai第7回定期発表会


七夕の昨夕は「なかのZERO」小ホールで開催された、島崎リノフラメンコ教室"e Studio DaiDai"第7回定期発表会にご招待頂きました。

実力派バイレ、島崎リノさんとは十年を超えるおつきあいです。
第4回と第5回の発表会には、フラメンコにまつわる自作詩の朗読というかたちで参加させて頂きました。
教室の生徒さんにもたくさんの友だちがいて、昨夜は心からの応援の気持ちを込めてステージを拝見しました。
550名に及ぶ観客のなかでも、もっとも高い緊張感を持ってステージに見入った一人だと思います。

オープニングの生徒全員による「真夏の夜の万華鏡」(タンゴス+セビジャーナス)はまさに圧巻でした。
リノさんがテアトロ(劇場型)フラメンコの演出にこんなにすごい力をお持ちとは驚きました。
そして、バストン(杖)を小道具に使ったお洒落な「ガロティン・コン・バストン」を皮切りに、生徒さんたちの群舞やソロが続きます。

気合いのこもったプロレベルのソロ。
息のあった華やかで優美な群舞やパレハ(ペア)。
フラメンコへの情熱と熱い思いを込めて踊る姿は本当にすがすがしく、誰もが生き生きと輝いていました。

この夏の新人公演に挑戦するお友だちNさんの「シギリージャ」には胸を打たれました。茅ヶ崎にも何度か遊びに来てくれている彼女ですが、奨励賞の栄冠に輝くことを願ってやみません。
リノ先生の模範演技「カラコレス」は凄かった。
バタデコーラという裾の後ろ側がすごく長いドレスを軽々とさばくその実力に舌を巻きっぱなしでした。
「え? バタデコーラでこんなの踊っちゃうの?」という驚きの時間でした。

生徒さんたちは、さまざまな仕事を持って忙しい日々を送っています。
リノ先生の指導のもと、誰もがフラメンコへの熱い情熱を抱いて鍛錬の日々を送ってきたのです。
昨日までのリノ先生と生徒さんの挑戦と苦悩と歓びの時間を思って、心が熱くなりました。
本当に素晴らしい発表会でした。
リノさん、生徒さんありがとうございました。

打ち上げにも参加させて頂き、リノさんや生徒さんたちとお話しすることができました。
力を出し切った皆さまの笑顔は美しく輝いていました。

そして、ミュージシャンの皆さま、舞台監督、照明、音響の皆さまともお話しできました。
舞台を作り上げている皆さまから、思いもしないお話を伺うことができてとても勉強になりました。
第4回の照明を担当してくださった皆さまが僕のことを覚えて下さっていて嬉しかったです。

生徒さんたちの思いに寄り添い、昨日のステージを作って下さった素晴らしいアルティスタは次の皆さまです。

・ギター:今田 央
・ギター:尾藤大介
・カンテ:有田圭輔
・カンテ:ダニエル・アズカラテ
・パーカッション:容昌
・ヴァイオリン:三木重人

発表会終了後は気抜けして、ちゃんとした写真も撮れませんでした。 友だちが送ってくれた一枚です。応援の気持ちを込めてリノ先生と生徒さんに花をお贈りしました。

次回は参加したいなぁ……。
せめてセビジャーナスでも踊るフリができればなぁ……。



["Aprenda a bailar sevillanas"]

"Aprenda a bailar sevillanas"

幻聴は、典型的な「セビジャーナス」(AndaluciaTube公式動画)

★★日本歴史時代作家協会賞の候補作に選ばれました★★

『斗星、北天にあり』


拙作『斗星、北天にあり』(徳間書店)が、新生第1回(通算第8回)「日本歴史時代作家協会賞」作品賞の候補作となりました。
候補にお選び頂きましたことに心より感謝申しあげます。
作品賞の候補作は次の通りです。

・赤神諒『醉象の流儀 朝倉盛衰記』講談社

・天野純希『もののふの国』中央公論新社

・天野純希『雑賀のいくさ姫』講談社

・木下昌輝『金剛の塔』徳間書店

・篠綾子『青山に在り』KADOKAWA

・鳴神響一『斗星、北天にあり』徳間書店

・矢野隆『朝嵐』中央公論新社
(敬称略)

傑作揃いですね。よい結果を期待したいです。
歴史時代作家クラブ賞を引き継ぐ文学賞です。

日本歴史時代作家協会のサイト

夏希の実家近くの立待岬です。


立待岬2010


七夕ですね。関東地方での星空は難しいかな……。

夏希の実家から10分も歩かない場所に「立待岬」があります。
津軽海峡の向こうに意外なほどに近く下北半島の大間が見えます。
石川啄木の墓や与謝野晶子の歌碑があります。
いつかはこの場所も作品に登場させたいです。
2010年に函館を訪ねたときの写真です。



["The Girl From Ipanema"]

"The Girl From Ipanema"

幻聴は、ジョアン・ジルベルト(João Gilberto)で「イパネマの娘」(公式)
作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンらとともにボサノヴァを生み出した歌手・ギタリストです。
「ボサノヴァの神」は昨日、88歳で永眠されたそうです。
安らかなお眠りをお祈りいたします。

Pentax K-7 + FA77mm F1.8 Limited

アガパンサスが昨夜の雨に濡れていました。


大沼2007


土曜日になりましたね。
コンビニに行く途中、近くのプロテスタント教会の前庭でアガパンサスが昨夜の雨に濡れて咲いていました。
コンデジしか持っていなかったのですが、とりあえずパチリ。



["Ave Maria"]

"Ave Maria"

幻聴は、シューベルトの「アヴェ・マリア」(公式)
ウクライナの女性ヴァイオリニスト、アナスタシア・ペトリシャク(Anastasiya Petryshak)の演奏でどうぞ。
ミラノのサンタンブロージョ教会での収録です。

皆さま、よい週末を!

Canon PowerShot G9x

夏希のお祖母ちゃん。


大沼2007


夏希には大好きなお祖母ちゃん(おっきいママちゃん)がいました。
オシャレできれいで、明るくやさしかったお祖母ちゃんは、お祖父ちゃんと二人、大沼国定公園で観光客相手の小さなレストランを営んでいました。

お祖母ちゃんにまつわる想い出が、夏希を心理学や精神医学へ進ませることとなります。第一巻の『脳科学捜査官 真田夏希』で描きました。

写真は2007年夏の大沼と北海道駒ヶ岳です。
駒ヶ岳は1,131 mに過ぎませんが、函館の町中からもよく見えます。



["Comment te dire adieu"]

"Comment te dire adieu"

幻聴は、フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)で「さよならを教えて」(Comment te dire adieu)(公式)
"INA"(フランス国立視聴覚研究所)のアーカイブから。
お祖母ちゃんが大好きだった1968年の世界的ヒットです。

Pentax K-10d + FA77mm F1.8 Limited

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books