Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

★★菊池仁先生に、2018年時代小説ベスト15にお選び頂けました!★★

『斗星、北天にあり』


文芸評論家の菊池 仁先生に『斗星、北天にあり』(徳間書店)を2018年時代小説のベスト15に選んで頂けました。

★歴史時代作家クラブ公式HP 「2018年の時代小説を読み解く 単行本編」

「読書の醍醐味を満喫できる戦国もの六冊」としてお採り上げ頂きました。
菊池先生、心より感謝申しあげます。先日の書評に続いて次回作へのエネルギーを頂戴できました。
今後ともご指導・ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。

今日の残照です。

夕暮れ_2019.1.11


昨夕は駅のホームから素晴らしい夕焼けが遠くに見えて悔しい思いをしました。
リベンジと思ったのに、今日は期待したほどには焼けませんでした。
でも、一番星が見え始めた頃の残照はこんなにきれいでした。

それにしてもこの場所で撮るのは久しぶり。夏から撮っていないかも。
仕事場からわずかに150mなのに、そんなにも余裕がなかったのかなぁ……反省。

金曜日ですね。しかも、連休! 皆さま、楽しい週末の夜を!



["The Face I Love" (Seu Encanto)]

"The Face I Love" (Seu Encanto)

幻聴は、アストラッド・ジルベルトの歌で1967年にヒットした名曲"The Face I Love" (Seu Encanto)(公式)

作曲者の一人であるマルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)自身が、ピアノを弾きながら歌っています。
女性ヴォーカルは、ステイシー・ケント(Stacey Kent)です。
2014年に、ニューヨークの名門ライブハウス「バートランド」で開かれたこのライブはDVD化されています。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

昨日は都内で新作の打ち合わせでした。

茅ヶ崎駅の夕暮れ_2018.1.10


昨日は都内で新作の打ち合わせでした。
写真は出かけるときの茅ヶ崎駅上りホーム。
高校の帰宅時もこの場所でこんな箱根の山を見ていたことを思い出しました。

ベテラン編集のご担当さまから、昨日もたくさんの有意義なご指導を頂くことができました。
新しい作品へ向けて、大きなエネルギーを頂けました。
お忙しいなか貴重なお時間を頂戴し、心より感謝しております。


["レッツゴーボウリング"]

"レッツゴーボウリング"

幻聴は、"桑田佳祐 &The Pin Boys"で「 レッツゴーボウリング」(公式)
桑田佳祐 &The Pin Boysには、はたけやま裕さんがパーカッションで参加。このMVにもマーチングドラム姿でご出演なさっています!

最初と最後に出てくる鈴木英人風イラストのビルは、僕が高校生の頃にはまだ元気だった「パシフィックパーク茅ヶ崎」です。

海に映える白亜の11階建てホテルは茅ヶ崎の象徴でした。たくさんの歌や映像作品で描かれました。ボボウリング場もありました。 現在はこの建物はなくなって高級マンションになっています。

高校の文化祭が終わると、放送委員会の社会人OBの先輩たちから、このホテルの中華料理屋でご馳走してもらえる習慣でした。すごく嬉しかったです。
緊張しまくりのサテライトスタジオで頑張った疲れが吹き飛ぶ時間でした。

Canon PowerShot G9 X

今宵は三日月です。

三日月_2019.1.4


今宵は三日月です。
空気が澄んでいて雲がありません。
西南の夕空はきれいなグラデーションに染まりました。


["Hedwig's Theme"]

Hedwig's Theme"

幻聴は、ハリー・ポッターから「ホグワーツのテーマ」(公式)
合衆国のヴァイオリニスト、テイラー・デイビス(Taylor Davis)の演奏でどうぞ。。彼女は、YouTubeで世界的な人気を誇るヴァイオリニストです。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

昨夜は今年三度目の外食でした。

尋_2018.1.6


昨夜は今年三度目の外食でした。
2月刊行新作の著者校をヤマト運輸に託して、今年の初仕事はめでたく終了。
19:00までに茅ヶ崎市内のセンターに持ち込むと、都内の版元さまには翌日の午前中に着きます。
ひと息ついて、いつになく早い時間から夕食に出かけました。

向かった先は、いつもお世話になっている茅ヶ崎市松が丘の「魚河岸料理 尋(Hiro)」さんです。

尋さんは現在の場所で2011年から営業されていますが、最初に伺ったのは2013年頃でしょうか。やはりデビュー前からお世話になっているお店です。

尋さんでは、地元で上がった魚介を中心に、ご主人飯泉さんの包丁の冴え抜群のお寿司やお刺身が頂けます。
「アジのなめろう」や「マグロの竜田揚げ」など、ほかのお店とはひと味違った独創的なさまざまな魚河岸料理もとても美味しいです。
カジュアルで明るい店内も素敵です。

いつも大賑わいで飯泉さんは大忙し。なかなかゆっくりお話しできませんが、お仕事の手が空いたときにカウンター越しにお話しします。
いままでにいろいろなことを教わってきたような気がします。
美味しいお寿司と地魚料理なら茅ヶ崎松が丘の「尋」さんへぜひ!



["HOTEL CALIFORNIA"]

"HOTEL CALIFORNIA"

幻聴は、"Vocal Sampling" (ヴォーカル・サンプリング)で「ホテル・カリフォルニア」(公式)
ご存じイーグルスの歴史的ヒット曲ですが、なんと6人のメンバーの声だけで演奏しています。

キューバのハバナ国立音楽学校出身のメンバーを中心に構成されている「ヒューマンビートボックス」バンドです。パーカションばかりでなくギターやベースも再現。ヴォーカルやコーラスもそっくりです。

とくにロック・ギター史上に残るジョー・ウォルシュとドン・フェルダーの掛け合いを、声だけで表現しているエンディングには鳥肌が立ちます。ほんと人間業ではないです。まぁ、聴いてみて下さい。

「魚河岸料理 尋(Hiro)」
茅ヶ崎市松が丘1-10-1
0467-82-9015
定休日:水曜日(水曜祝日の場合は翌日)

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books