Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

!形の雲。

!



月曜日。茅ヶ崎市内の公立小中学校は今日から授業開始です。
皆さまどんなスタートの9月でしょうか。

昨日の鳴神は、10月刊の著者校も無事に戻せたので、珍しく明るいうちに夕ご飯を食べに行きました。
すると、西空にこんな雲が……焦ってピントが合っていませんが「!」形の雲です。
あわあわしているうちに、かたちがどんどん崩れてしまいました。

小説を書いて暮らしている身としては、『レ・ミゼラブル』にまつわるヴィクトル・ユーゴーの「世界一短い手紙」をどうしても思い出してしまいます。
空を見上げて、勝手によい気分になっていたのでした。


["Dancing"]

"Dancing"

幻聴は、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)で"Dancing"(公式)
カイリー・ミノーグは青春の想い出とともにあるシンガーの一人です。
これは昨年ヒットしたPV。50代に入りましたが、相変わらずパワフルで嬉しいです。

Penatx K-3 + DA 18-135mm F3.5-5.6

昨日は素敵なお客さまがありました。

夕富士



昨日は素敵なお客さまがありました。
6月に続いて茅ヶ崎三度目のプチ白門会。
今回も本当に楽しい時間でした。

夕刻、皆さまを海辺へとご案内しました。
一中前歩道橋から望む昨日の富士山です。
ちょっと雲が多くて残念でした。
酔っ払って絞り開放で撮ったので、なんだかしゃきっとしてません。ご容赦を。

皆さま、遠路お越し頂きありがとうございました。
また茅ヶ崎にお遊びにいらして下さい。



["ムード・スウィングス"]

"ムード・スウィングス"

幻聴は、akikoで「ムード・スウィングス」(VEVO)
以前も一度ご紹介したジャズシンガー。彼女も白門です。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

1939年式のビュイック8です。

軽井沢デニムストリート



おはようございます。
暗い空から雨が落ちている8月最後の金曜日となりました。
遠くの空では雷鳴もとどろいています。
明日は天候も少し回復するようです。

写真は1939年式のビュイック8という80年前のヒストリックカーです。
スティーヴン・キングの長編に『回想のビュイック8』というちょっと怖い小説がありますね。
旧軽井沢銀座通りの「軽井沢デニムストリート」店頭で撮りました。
皆さま、よい週末を!



["Somewhere Over the Rainbow"]

"Somewhere Over the Rainbow"

幻聴は、「虹の彼方に」のオリジナル。(Movieclips)
このクルマが作られた1939年のミュージカル映画『オズの魔法使』で、ジュディ・ガーランドが歌って大ヒットしました。数限りないカヴァーがありますね。
Movieclipsは、合衆国のビデオ・オン・デマンド・サイトです。

Penatx K-3 + DA 18-135mm F3.5-5.6

朝夕はそれでも涼しくなりましたね。

サルスベリ



8月もあと三日。朝夕はそれでも涼しくなりましたね。
九州はふたたび大雨の恐れがあるとのことで心配です。
写真は今朝の近所のお宅のサルスベリです。



["All I Wanna Do"]

"All I Wanna Do"

幻聴は、マーティン・ジェンセン(Martin Jensen)で"All I Wanna Do"(公式)
以前も一度ご紹介しましたが、デンマークのEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)プロデューサーです。

Pentax K-1 + FA77mm F1.8 Limited

軽井沢では教会コンサートも楽しみました。

軽井沢聖パウロカトリック教会



金曜日の旧軽井沢では、決して飲んでばかりいたわけではないのです。
軽井沢聖パウロカトリック教会で開催された教会コンサートも楽しみました。
8/23~25に開かれていた「軽井沢国際合唱フェスティバル」のなかのイベントです。
出演されたのは次の三つの合唱団です。演奏はすべてア・カペラでした。

・信州大学混声合唱団(長野)

・淀川混声合唱団(大阪)

・Sofia Vokalensemble(ストックホルム)

ソフィア・ヴォーカルアンサンブルの演奏は本当に素晴らしく、人の歌声の美しさにあらためて詠嘆する思いでありました。
この日に軽井沢に立ち寄った意味は大きかったです。

ストックホルムのソフィア教会を拠点として活躍する合唱団で、国際的なコンクールでいくつもの賞を受賞しています。
今回も30名を超えるメンバーが来日し、ベンクト・オーレン(Bengt Ollén)氏の指揮の下、東京、広島、京都でコンサートを開きました。軽井沢は日程の最後でした。

聖歌ばかりではなく、スウェーデン民謡も素敵でした。
とくにスウェーデンの海岸部に伝わる民謡をもとにしてベンクト・オーレン氏が作曲した"Trilo"は、男女が聖堂の前後に二群に分かれて歌うサウンドスケープ的な構成となっていて興味深かったです。
濃霧の覆うバルト海を感じさせるそのハーモニーに、しばし恍惚としておりました。

満ち足りた気持ちで礼拝堂を出た後には、ブロンドのイケメン団員さんと言葉を越えたやりとりをして(お互い言葉が通じないだけ)二枚のCDを購入しました。帰宅後の書斎では仕事を励ましてくれる音楽となっています。


["In Paradisum"]

"In Paradisum"

当日も演奏なさった"In Paradisum"をお聴きください。(公式)

Penatx K-3 + DA 18-135mm F3.5-5.6

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books