Home > 作品 > 『斗星、北天にあり』

『斗星、北天にあり』


『斗星、北天にあり』


『斗星、北天にあり』


――安東家を統一し、東北最大の湊を作り、蝦夷を治め、信長・秀吉とも誼を通じた男の野望、葛藤、そして恋!


【物語】
「斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり」と評された出羽国(秋田県)の戦国大名安東愛季(あんどう・ちかすえ)。 秋田を統一した知る人ぞ知る英雄である。檜山と湊の安東氏を統一し、蝦夷を治め、信長、秀吉とも誼を通じ、民のための国造りに心血を注いだ愛季の一代記。北斗の星の如く輝く愛季の生き様に心が奮える! (徳間書店作品解説より)

徳間書店(ハードカバー単行本)(2018.11.8)
装幀:高柳雅人
装画:濱愛子
ISBN-10:4198647151
ISBN-13:978-4198647155

発売日の即日重版、感謝申し上げます!



★★メディア等で紹介されました。★★



【産経新聞に書評掲載】(2018.12.9)


産経書評『斗星、北天にあり』


秋山香乃先生が、今日12月9日の「産経新聞」朝刊に書評を書いて下さいました。 ネットの産経ニュースにも掲載されました。

【書評】小説家・秋山香乃が読む『斗星、北天にあり』鳴神響一著。

「作者転機の一作となるだろう」とのお言葉を信じ、さらに精進して参りたいと存じます。
秋山先生、本当にありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほど何とぞよろしくお願い申しあげます。