Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

今宵の四日月。

四日月_2020.9.21



今宵の四日月。
暮れ落ちる空がきれいです。
仕事場からいま撮りました。



["Crescent"]

"Crescent"

幻聴はジョン・コルトレーン(John Coltrane)で"Crescent"(公式)
コルトレーン、久しぶりに聴いた。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

★★産経新聞に二回目の書評を書きました★★

『震雷の人』書評



本日、9月20日の産経新聞朝刊「読書」欄に、千葉ともこさんの『震雷の人』(文藝春秋)の書評を書きました。

唐代に起きた安史の乱を舞台とした第27回(今年度)松本清張賞受賞作品です。
人物像がいきいきとしていて力強く、とても魅力的な作品です。
先週の木曜日に刊行されたばかりです。皆さまもぜひお手にとってください。

デジタル版がお読み頂けます。
ご一読頂ければ嬉しいです。

ポートレートを撮って頂きました。

鳴神響一



昨日は、仕事場でポートレートを撮って頂きました。
カメラはadusa fujinawaさんにお願いしました。
ヘアメイクは大西花保さんをお迎えしました。
素敵なショットを何枚も撮って頂けました。

朝からとても楽しい一日でした。
ランチを食べにいった近所のイタリアンレストランAGRUME(アグルメ)さんにもご協力頂きました。
adusa fujinawaさん、大西花保さん、AGRUMEの皆さま、本当にありがとうございました。

楽しいことが二日続きました。
今月の残りの日々は仕事頑張らねば。


["Oh Happy Day"]

Oh Happy Day

幻聴は、セルヒオ・シルヴェストル(Sergio Sylvestre)で"Oh Happy Day"(公式)
LAを中心に活動するシンガーです。

皆さま、よい連休を!

『みをつくし料理帖』の試写会。

みをつくし料理帖1



昨日は『みをつくし料理帖』の舞台挨拶付き試写会にご招待頂きました。
角川春樹監督が久しぶりにメガホンを取られた映画です。
髙田 郁先生のハルキ文庫(角川春樹事務所)の時代小説が原作です。
澪の成長も、澪と芳の二人の女性の友情も美しかった。
感動のあまり泣いている方もお見受けしました。
お料理の数々も、四季折々の風情も、吉原遊郭の「俄」の再現もよかった。

心にじわっとくる本当に素晴らしい映画です。
10月16日(金)全国公開です。皆さま、ぜひ、観てね!


["『みをつくし料理帖』予告編"]

『みをつくし料理帖』予告編

『みをつくし料理帖』予告編(東映公式)



["『みをつくし料理帖』舞台挨拶"]

『みをつくし料理帖』舞台挨拶(シネマトゥデイ)


松本穂香、奈緒、若村麻由美、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、石坂浩二、中村獅童(敬称略)の豪華キャストと角川春樹監督の舞台挨拶も楽しかったです。

近所のお宅で咲くプルメリア。

プアメリア



木曜日。
茅ヶ崎は曇り空です。
近所のお宅で咲くプルメリア。ハワイではプアメリアと呼びます。
さっき撮りました。


["Pua Tuberose"]

"Pua Tuberose"

幻聴は、Izumi and Waipunaで"Pua Tuberose"(公式)
Izumii(イズミ・パヘプアオカラニ)さんは、日本やハワイでも数少ない、トラディショナル・ハワイアン・シンガーの一人で、湘南を中心に活動しています。
ハワイで本格的な修行をした方で、以前ご紹介した「ナ・パラパライ」のリーダーのクアナ・トレス・カヘレさんのお弟子さんです。
僕が彼女の歌に出会ったときには、まだ12歳で天才少女だと思いました。
現在は、慶應義塾大学の学生さんだそうです。

プア・トゥバローゼは別の花なのですが、まぁそこは……。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。フラメンコファンで「パセオ」誌に『祝祭のアレグリアス』を連載中です。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books















New Coment

Re:新しい週が始まりましたね。
2020/09/07 from 承認待ち