Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「フラメンコほかライブなど」の検索結果は以下のとおりです。

昨夜は茅ヶ崎で三度目のフラメンコでした!

Patioライブ2008.8.29_01

"堀江朋子さんの「タラント」"


昨夜は茅ヶ崎のスペイン料理店「PATIO」(パティオ)さんで、三度目のフラメンコライブでした!

ギタリストの石井奏碧(かなお)さん、カンテ&ギターの須田貴久さんが3月・5月に引き続き、またまた茅ヶ崎に来て下さいました。

ギタリストの石井さんとは、十年以上のおつきあいです。
卓抜した技術と繊細なセンスを併せ持つ石井さんのギターは、ますます魅力的になって、その深みを増しています。
須田さんのステージにも何度か伺っており、その理知的で多彩なお力に昨夜も驚かされました。須田さんは薩摩琵琶の名手でもいらっしゃいます。

Patioライブ2008.8.29_02

"二部の「ソレア」"


そして、昨夜は以前からずっと観たかった堀江朋子さんのステージを拝見できました。

パリージョ(カスタネット)を手にした「セビジャーナス」から始まったステージ。 瞬時に観客を引き込んでゆくその牽引力にまず圧倒されます。
一部の「タラント」二部の「ソレア」と、昨夜の堀江さんはフラメンコ王道の曲種を踊って下さいました。

力強いアイレ。
圧倒的な熱量を持つシャープで輝くようなサパテアード(足拍子)。
なによりもブラソ(腕)とマノ(手)の美しさには舌を巻きました。
さらには、堀江さんの客席へのあたたかい心を随所に感ずる素敵なステージでした。
そう。彼女のステージは客席に向けた愛に満ちているのです。
こころ震える本当に素晴らしいフラメンコでした。

Patioライブ2008.8.29_03

"須田貴久さん(左)と、石井奏碧さん(右)"


石井さんの腕が光るギターソロの「グアヒーラ」や、須田さんの知的なスペイン語版12拍子「イパネマの娘」などの演奏もすごく楽しかったです。
最後は観客を交えての楽しい「セビジャーナス」。
プロのバイレの方がお見えだったこともあって、大変に盛り上がったフィン・デ・フィエスタ(終演)でした。

Patioライブ2008.8.29_04

"左から須田貴久さん、鳴神、堀江朋子さん、石井奏碧さん。"


堀江さんはGWに東京都の立川市で行われる「立川フラメンコ」を起ち上げた方でもあります。
すでに15回目を迎え、スズラン通りを中心に500人を越えるバイレが集まる日本一の野外フラメンコイベントです。


["立川フラメンコ"]

立川市この動画にも堀江さんが登場なさっています。(立川市動画チャンネル)



["2016立川フラメンコ前夜祭"]

こちらは2016立川フラメンコ前夜祭、堀江さんの「アレグリアス」(Alegrías)のステージです。(藤井裕美さまご提供動画)


石井座長、須田さん、堀江さん。素晴らしい時間を本当にありがとうございました。
こんなに素晴らしいフラメンコを茅ヶ崎で観られるなんて、なんという幸せでしょうか。
ぜひぜひ、遠からぬ日にまた茅ヶ崎へお越し下さい。
PATIOが湘南地区のフラメンコ発信拠点となることを強く願っております。

Canon PowerShot G9x

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

三遊亭竜楽師匠の高座に伺いました。

両国2018.8.9



昨日は「お江戸 両国亭」で開かれた「円楽一門両国寄席」に伺い、七人の落語家の噺と一人のマジシャンの手品を楽しんで参りました。
6月9日以来、なんと、二ヶ月ぶりの東京でした(^_^;

大トリの三遊亭竜楽師匠のネタは『井戸の茶碗』でした。

くず屋の清兵衛、浪人千代田卜斎、細川家の若き馬廻り役の高木佐久左衛門、善人ばかりが登場する味わい深い人情ものです。
笑いながらストーリーに引き込まれていてるうちに、一人一人の人物像が、師匠の話芸によって、なんとも鮮やかに浮き彫りになっていきました。

驚いたのは、千代田卜斎が住む裏長屋と、高木佐久左衛門の住む細川家などが、わずかな情景描写で、心に映像として浮かんでくることでした。
たとえば、窓から声を掛けるシーンなどから臨場感が生み出されているのです。これは話芸だけの世界だと痛感しました

武士にとって、さらに人間にとって、大切なものは愚直さや誠実さであることが、痛いほど伝わってきて、大変にさわやかなサゲとなりました。

また、師匠からはとても大事なお教えも頂き、本当にありがたく感激でした。


[「三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO」]

「三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO」(公式)


古典落語の大ベテランの竜楽師匠は、八カ国語を駆使し、世界各国の会場で高座をお持ちになっていることでも大変に有名な方です。
師匠はまた、中央大学法学部の先輩でもいらっしゃいます。

竜楽師匠、また高座に伺います。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。

Canon PowerShot G9x

三遊亭竜楽師匠の独演会に伺いました。

内幸町2018.6.6



昨日は内幸町ホールで開かれました三遊亭竜楽師匠の独演会に伺いました。

古典落語の大ベテランの竜楽師匠は、八カ国語を駆使し、世界各国の会場で高座をお持ちになっていることでも大変に有名な方です。
師匠は「落語の普及が世界の平和を作ってゆく」というお考えのもと、なんと、日本語、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、中国語で古典落語を演じていらっしゃいます。

ほぼ満席のホールで過ごした昨夜の時間は、興奮しっぱなしでした。

白眉は江戸前古典落語の「らくだ」
大ネタで難しい噺であるため、高座に掛かる機会は多くなく、しかも最後まで演じられない場合も多いです。

昨夜の高座ではすべてを演じられ、主人公の屑屋の久さんをはじめ、クセのある登場人物たちの演じ分けもお見事の一語でした。

久さんの酒の飲みっぷり、そして酔ってゆくようすの凄さにうなり声を上げつつ、笑っておりました。
本当に素晴らしい「らくだ」を堪能させて頂きました。

また、一部では八カ国語の「味噌豆」のサワリを演じて下さり、こちらも舌を巻くばかりでした。

師匠、また、高座に伺わせて頂きます。
昨夜は素晴らしい時間をありがとうございました。

Kさま、大変お世話になりました。ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



[「笑いは国境を越える!世界平和を目指す落語家 三遊亭竜楽」]

「笑いは国境を越える!世界平和を目指す落語家 三遊亭竜楽」(アウディ ジャパン公式)

竜楽師匠の落語はアマゾンでも聴くことができます。

「三遊亭竜楽の落語 その壱」

「三遊亭竜楽の7か国語落語~味噌豆編」

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード