Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「フラメンコほかライブなど」の検索結果は以下のとおりです。

フラメンコ協会主催の新人公演に行ってきました。

この日の主役。ダニエル・リコさんと小坂みはれさん
この日の主役。ダニエル・リコさんと小坂みはれさん

8月23日(日)は、日本フラメンコ協会主催第24回新人公演の三日目。三人のお友達の応援に行って参りました。とってもエキサイティングでした!

まずはカンテのダニエル・リコさん。ヌメロ(演目)は『ティエント・イ・タンゴ』です。
フラメンコの中のフラメンコとも言えるこの曲の心を、情感たっぷりに熱く歌い上げました。気迫のこもったその歌声は、ホールに力強く響き続けました。
カンテ部門では、いちばん会場が盛り上がったと言っても過言ではありません。(伴奏:ギター/エンリケ坂井さん)

ダニエルさんとは、もう十年近いおつきあいです。
昨年の11月30日に新宿エルフラメンコで開催された島崎リノ教室の発表会では、僕のつたない朗読を、井上いずみさんとの素敵なデュエットでカバーして下さいました。
『鬼船の城塞』のスペイン語を、チェックして下さったのも、実はダニエルさんです。多謝!

続いて小坂みはれさんの『ソレア・ポル・ブレリア』。
黒地に大きな白い水玉をあしらった衣装で、若々しい溌剌としたアイレに満ちたキレキレの演技で客席を魅了しました。
終演近くのジャンプには、会場の誰もが息を呑みました。(伴奏:カンテ/川島桂子さん ギター/尾藤大介さん パルマ/三枝雄輔さん)

ギター伴奏をつとめられた尾藤大介さんは、今回の三日間で七人、23日だけでも三人の演技を支えた、心やさしき強者です。
尾藤さんは第12回(2003年)のギター部門で受賞の栄冠に輝いていらっしゃいます。

ギタリストの尾藤大介さん。
ギタリストの尾藤大介さん

小坂さんの挑戦は、島崎リノさん御門下として、初の新人公演挑戦者となりました。
小坂さんの演技を、ご指導なさった島崎リノさんの指導力と温かいお人柄に、あらためて感じ入りました。

小坂さんは、昨年12月に友人たちが開いてくれた僕の受賞記念パーティーでは素敵な『アレグリアス』を踊って下さいました。

そして、津島直美さんの『アレグリアス』。
ピンクオレンジ系の華やかな衣装で、優雅に可憐に踊りました。明るさの中に漂う美しいエレガンシアに客席は魅了されました。
スポットライトの輪から出て暗転する終演のときには、ため息が出るほどでした。(伴奏:カンテ/阿部真さん ギター/ファン・ソトさん パルマ/荻村真知子さん)

彼女とも長いおつきあいで、何度もその素敵な踊りを拝見しています。清楚なエレガンシア、ほかの人にない透明感のあるやさしいアイレは、この日のステージでも遺憾なく発揮されていました。

挑戦者の皆さま、素晴らしい演技をありがとう。本当にお疲れさまでした。 ただのフラメンコ・ファンに過ぎない僕ですが、皆さまからいっぱいの元気と大きな勇気を頂けました。

小坂みはれさんと。
小坂みはれさんと

終演後には中野駅近くの『牡蠣小屋』で、島崎リノさん門下を中心とした打ち上げに参加させて頂きました。小坂みはれさんのバックを支えたギタリストの尾藤大介さんもご参加になりました。
打ち上げの会場には、後からたくさんのプロも顔を見せて、大いに盛り上がった中野の夜でした。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

"平松加奈 SPECIAL PROJECT" ライブ最高でした!

ステージの平松加奈さん(撮影:鳴神響一)
ステージの平松加奈さん(撮影:鳴神響一)

日曜日の夜は平塚サンタナで開催された"平松加奈 SPECIAL PROJECT"のライブに出かけました。
ヴァーチュオーゾ(名人)四人の創り出す繊細かつ大胆な音の綾。
独創的でで明るくオリジナリティあふれるアレンジの数々。
鳴神が大好きな音楽をいっぱいに詰め込んだ玉手箱のステージ。もう最高でした!

平松加奈 SPECIAL PROJECTの皆さまとともに

"平松加奈 SPECIAL PROJECT"の皆さまとともに

平松加奈さん (vln)、鳴神、 新澤健一郎さん (p)、
海沼正利さん (per)、 伊藤寛康さん (b)

タンゴの名曲"ラ・クンパルシータ"と、みんなが知ってるラテンナンバー"タブー"の二曲から始まったステージ。オーディエンスは、あっという間に音のるつぼに引き込まれます。
伊藤寬康さんの新解釈による"タブー"のアレンジは、超クールで本当にカッコよかったです。

伊藤さんのメロディアスなベースを全面的にフューチャーしたスティービー・ワンダーの"オーバージョイド"の洒脱なきらめき。

海沼正利さんのパーカッションが炸裂したアイアート・モレイラの"Tombo in 7/4"のリオのカーニバルみたいな楽しさ。

平松加奈さんのヴァイオリンと新澤健一郎さんのグランドピアノの喩えようもなく美しかった"ライムライト"のやさしさ。

楽しかった数々の名場面が鮮やかに心に思い浮かびます。
サンタナ秘蔵の1970年代のジョニ黒を楽しませて頂きながらのステージ。
あっという間に終演を迎えてしまいました。

演奏されたナンバーは、先日ご紹介したファーストアルバム"Limelight"で楽しむことができます。このアルバムの収録曲は、全曲演奏して下さいました。

平松加奈さんは、NHKで放映された三谷幸喜脚本の人形劇『シャーロック・ホームズ』の音楽を全編担当されました。このアルバムの中からテーマ曲をジャズセッション風にアレンジした演奏も素晴らしかったです。

平松加奈さんと
平松加奈さんと

リーダーの伊藤寛康さんとパーカッションの海沼正利さんは、スパニッシュコネクションやフラメンコなどのステージで、その卓越した技を、いつも畏敬の念を持って拝聴しています。
もう八年近くのおつきあいでしょうか。

アルバム"PIANO WORKS"でファンになった新澤健一郎さんのピアノとキーボードの生演奏を初めて拝聴できたのも嬉しかったです。
昨夜はなんと、伝説のアナログ・モノフォニック・シンセサイザーであるミニモーグ (Minimoog) を客席まで持ち出して弾いて下さいました。
(1980年代の製品だとおっしゃっていました。どういう改造を施したのでしょう?)

四人が四人とも音の匠であり、抜きん出た音楽性の輝くアーティスト。
四人の演奏は、たとえば、ラテンジャズといったような既成の音楽カテゴリーでは表現できません。
まさに今の時代をがっちり掴んだ新しいフュージョンであり、 新しいソフィスティケイテッド・ジャズだと思います。(表現が古い……)

"平松加奈 SPECIAL PROJECT"……これからのご活躍が本当に楽しみです。 素晴らしい時間をありがとうございました。

※サイト内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

B.S.Qアルバム発売記念ライブ……感動の一日でした!

出演者の皆さまと

昨日のBSQ Beatles Strings Quartet CD発売記念ライブ。
昼の部……「陽光の中へ、ビートルズとともに・・・・・旅のはじまり」
夜の部……「紺青の宵、ビートルズとともに・・・・・しめやかな戯れ」
とても素晴らしいステージでした。
鳴神響一もシナリオで参加させて頂きました。

B.S.Qの洗練された弦の調べは本当に美しかったです!
アルバム以上に力強く、豊かな響きを持つ四人の演奏に、本当に感動致しました。
伊藤さんのアレンジを、確かな技量と圧倒的なパワー、そして深い音楽性で、大塚GRECOに響かせました。
これからのご活躍がますます楽しみなカルテットです。

そして……銀河万丈さんの朗読!
ガンダムのギレン・ザビ役や、なんでも鑑定団のナレーター役で知られる、あの銀河万丈さんです。
なんという豊かな、日本語の表現力なのでしょうか。
昼の部、夜の部を通じて、シビれっ放しでした。
時には、自分自身が書いたシナリオと言うことも忘れて、心が震えました。

銀河万丈さんと

B.S.Qの弦楽と、銀河さんの声によって、ビートルズの世界を表現しようという今回の企画。

プロデュースと、すべての楽曲アレンジをなさったのは、ギタリストの伊藤芳輝さん。B.S.Qの生みの親です。
スパニッシュ・コネクションやハイ・クラッドなどのリーダーとしても数々の素晴らしいステージを作り続けていらっしゃいます。鳴神はお世話になりっ放しです。
本番では総監督。朗読部分のSE(効果音)の送出もなさいました。

昼の部、夜の部、七つずつのシナリオは、ビートルズの音楽の世界を、いったん抽象化し、あらためて物語的に構成するという手法で作りました。
一話が、それぞれ三分くらい、ざっくり言うと、朗読劇の形式です。
昼の部では、ビートルズのエピソードを一話だけはさみました。

誰もが一流の表現者である皆さまと、一緒にお仕事させて頂いた鳴神は、本当に幸せ者です。
脚本の書き手に僕を選んで下さった伊藤さんを初め皆さまに、あらためて心より御礼申し上げます。
ぜひ、また、ご一緒に、今回のような楽しいお仕事をさせて頂きたいと思っております。

写真1 左からyuiさん(violin)、新井桃子さん(violin)、伊藤芳輝さん、銀河万丈さん(語り)、鳴神響一、森朱理さん(viola)、島津由美さん(cello)
島津さん、お顔が切れてしまって、本当にごめんなさい。ファンが殺到して、立ち位置が限られていたようです。

写真2 銀河万丈さんと……鳴神の上気した顔を見て下さい。

※サイト内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

友人たちが受賞祝賀パーティーを開いてくれました。

平松加奈さんと伊藤芳輝さん

日曜日に、世田谷三宿のカフェレストランSUNDAYで、鳴神響一の受賞・出版を祝うパーティーが開かれました。
友人たちが、ずっと前から企画して、準備を進めてくれていたパーティーです。総勢60名に及ぶ、大盛り上がりの素敵なパーティーでした。

パーティーにお招きしたお客さまのなかで、スパニッシュ・コネクションの伊藤芳輝さんと平松加奈さんが、なんと、記念演奏をして下さいました。
心に残る友情出演の『リベルタンゴ』に涙が出そうでした。

スパニッシュコネクションの「リベルタンゴ」

島崎リノさんさん

また、島崎リノさんのミニライブもあり、リノさんと二人のお弟子さんが最高のパワーで踊って下さいました。リノさんの『ガロティン』、久保村あらたさんの『グアヒーラ』、小坂みはれさんの『アレグリアス』ともに、心躍るステージでした。

島崎リノさんさん

バックの小松美保さんのカンテ、増井健一さんのギターも本当に素晴らしかったです。
音響エンジニアは、ライブハウスの中目黒「楽屋(らくや)」のオーナーでいらっしゃる増茂光夫さんがご担当下さいました。

平松加奈さんとのツーショットに緊張気味のワタクシ

お客様は、我が小説の師匠、若桜木虔先生をはじめ、文芸評論家の細谷正充先生、角川春樹事務所の原知子書籍編集部長、寺内梨奈さん。平茂寛先生をはじめとする同門作家の方々、小説教室の皆さん、大学・高校・中学代の同窓生たち、旧職場関係の友人たち、そして大勢のフラメンカと、多種多彩な方々が、貴重なお時間を割いて下さいました。

島崎リノ先生の『ルンバ教室』

島崎リノ先生の『ルンバ教室』。フラメンコが初めてのお客様方が果敢にチャレンジ。鳴神以外の皆さまは、バイレの素質十分でした。

フラメンカ全員による『セビジャーナス』

お客様やスタッフを含めフラメンカ全員による盛大な『セビジャーナス』。
このとき、フロアは、セビージャの春祭りに大変身。ステージでは平松加奈さんが飛び入りでヴァイオリンを弾いて下さいました。

なぜか『君の瞳に恋してる』のBGMが……

ラストの鳴神からご挨拶なのですが、なぜか『君の瞳に恋してる』のBGMが……会場はお客様を含めたバブル世代全員による'80sディスコに変身。ステージばかりか、フロアでも多くのお客様が踊って下さいました。
「小説バブルへGo!」
会場は、フィン・デ・フィエスタ(フィナーレ)の華やかな雰囲気に包まれました。

幸せいっぱいの鳴神響一

島崎リノ教室を代表して門下生の田代さんから花束を頂いて、幸せいっぱいの鳴神響一。

寒い中、お越し下さったお客さま方、大活躍して下さった運営スタッフの皆さま、そして、会場をご提供頂き、企画の段階からご尽力下さった長年の友人でもあるSUNDAY店長の千葉眞優美さん、本当に本当にありがとうございました。

鳴神響一は、素敵な人々に恵まれて、世界一の幸せ者です。

※サイト内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

島崎リノフラメンコスタジオ発表会に参加しました。

島崎先生を囲んで終演後の皆さま

11月30日の日曜日に、新宿「エル・フラメンコ」で、島崎リノフラメンコスタジオの第四回目の発表会が開催されました。


島崎リノさんのすぐれた指導力と素晴らしいバックの皆さまのお力で、とてもハイレベルなステージとなりました。
教室生の皆さまの踊りは熱く、どのヌメロ(演目)も、キラキラと輝いていました。


鳴神は、友情出演という形で、舞台にちょっとだけ上がらせて頂きました。
第二部、「グアヒーラ」の冒頭と最後に、この曲にまつわる自作の詩を朗読しました。(朗読というより一人芝居に近いです)


三年くらい前からお話しを頂いておりまして、ようやく、実現の運びとなりました。
準備不足だったのですが、出演者の皆さまの足を引っ張るまいと、懸命に演技しました。
僕の演技はともあれ、この曲の中で、カンテのダニエル・リコさんと井上泉さんのお二人が、ご披露なさったデュエットは最高でした!
また、フィン・デ・フィエスタ(フィナーレ)では、リノさんより小説家、鳴神響一の丁寧なご紹介を頂きました。


島崎リノさん、ギターの尾藤大介さん、盛植俊介さん、カンテのダニエル・リコさん、井上泉さん、パーカッションのハシモト容昌さん、本当にありがとうございました。
島崎リノさんについては、¡Ole! Flamenca! 1 のエントリーでご紹介しています。


※サイト内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books