Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「フラメンコほかライブなど」の検索結果は以下のとおりです。

昨日はエル・フラメンコのステージに出演させて頂きました。

8.11


半世紀以上も日本のフラメンコの牙城であり続けた新宿エル・フラメンコ。
たいへん残念なことに、七月で通常営業が終了してしまいました。
この八月は、閉店を惜しむ多くのフラメンコ・アーティストの舞台が続きました。

昨日は島崎リノさんのフラメンコスタジオ"DaiDai"の生徒さんたちが舞台を踏みました。
踊り手それぞれの万感の思いが伝わってくる熱いステージでした。
皆さまが踊る姿は、誰もが美しく、いきいきと輝いていました。

僕も第一部の「グアヒーラ」と第二部の「カルメン」で自作の詩を朗読させて頂きました。
この八月にエル・フラメンコの舞台を踏むことができ、感無量です。
このような機会を作って下さった島崎リノさん、本当にありがとうございました。

バックのミュージシャンは、次の皆さまでした。(敬称略)
熱いステージを素晴らしい音楽で支えて下さいました。
ステージに上った一人として、心より感謝申し上げます。

・尾藤大介(ギター)
・盛植俊介(ギター)
・ダニエル・リコ(カンテ)
・金高荘子(カンテ)
・容昌(パーカッション)

日本中のフラメンコを愛する人々とともに、復活の日を祈っております。
さよならは言いたくないです。
ありがとうエル・フラメンコ。
また会う日まで。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

昨夜は今井亮太郎さんと赤羽泉美さんのライブでした!

7.23-01


昨夜は、平塚のジャズ・バー「ピアノフォルテ」に、今井さんと赤羽さんのブラジリアン・ミュージックを聴きに伺いました。

今井さんの最初のCD「湘南―リオデジャネイロ 」を聴いた五年前から、お二人の生み出すブラジル音楽(ヴォサノヴァやサンバなど)が大好きです。
FBをきっかけにして、お二人とのSNSでのおつきあいが始まりました。
お目に掛かりたい。生演奏を拝聴したいという思いが、昨夜はようやく実現しました。

CDで大好きだった曲を、今井さんが奏でるピアノの横で拝聴できるという、贅沢で幸せな時間でした。
ヴォサノヴァの名曲もよかったですが、やはり今井さんのオリジナル曲が素晴らしかったです。
今井さんは、本当にメロディ作りがすごいです。
親しみやすく美しく風景を感じさせる旋律の数々。
「青い瞳のアドリアーナ」「雨上がりの午後」、「Olha Pro Ceu」……数え上げたらきりがありません。
すでに大きな舞台で大活躍なさっていますが、日本中の人が愛する音楽となると確信しています。

★今井さんのアルバムは、こちらで試聴できます。
"コバルト・ダンス~Cobalt Dance~"

赤羽さんのフルートは、僕の大好きな信州のさわやかな風や清らかな清流を思い出せてくれて心に染み入りました。
自然に包まれ、自然を見つめる人の心を、美しく描き出す、赤羽さんの感受性に心を打たれます。
生演奏に触れ、赤羽さんの音楽の持つ、やさしい癒やしの力をさらに痛感しました。

★赤羽さんのアルバムは、こちらで試聴できます。
"ホワイト・ボッサ ~Sweet Bossa Cafe~ "

ゲストプレイヤーとして参加された露木達也さんの繊細で明るいギターと、ジョアン・ジルベルト顔負けのヴォーカルも素敵でした。

★露木さんのアルバムは、こちらで試聴できます。
"agora" 

いきなりお訪ねしたのにもかかわらず、今井さんも赤羽さんも僕の本をお持ちになって下さっていたことも大感激しました。
お読み頂いているとは伺っていましたが、感無量でサインさせて頂きました。
また、僕の本について、会場のお客さまにご紹介まで頂いて、本当に嬉しかったです。

もうすぐブラジリアン・ミュージックのふるさと、リオデジャネイロでオリンピックも開催されます。
今井さん、赤羽さん、露木さん、日本のブラジリアン・ミュージックをもっともっと盛り上げて下さい。

昨夜は素晴らしい時間をありがとうございました。遠からぬ日にまたライブに伺います。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

アルハムブラでフラメンコを楽しんで参りました!

7.15-01


昨日は老舗タブラオ(フラメンコ酒場)である西日暮里の「アルハムブラ」にフラメンコのステージを観に行って参りました。

 

二度目に拝見する土井まさりさんのステージ。昨夜は小粋で鮮烈なアイレに富んだ「アレグリアス」が大変に素晴らしく、つよく印象に残りました。
いつもお世話になっている島崎リノさん。タブラで初披露というキレキレの「カーニャ」。マントンが意思を持って生きているかのように宙に翻りました。
初めて拝見した小島裕子さんの「ソレア」。透明感いっぱいの自由自在なサパテーアードが印象的でした。悲しみと孤独を表情豊かに表現していらっしゃいました。

小島さんは歴史好きでいらっしゃって、「影の火盗犯科帳〔一〕」をお読み頂いているとのこと。とても嬉しいです!

ベテラン川島桂子さんの歌声は、いつも聴いても洒脱で素晴らしいです。
逸見豪さんのリリカルなのに力強くドラマチックなギターも印象的でした。

昨夜のステージにお誘い頂いたのは、十年来の友人で、フラメンカでもある中川陽子さんです。
中川さんは僕が小説を書き始めた頃から、拙い原稿を読んで下さっています。
歴女であり、司馬遼太郎の作品はほとんど読んでいるという彼女に、長年、僕はたくさんのアドバイスを頂いてきました。

出演者の皆さま、とても素敵な時間でした。お疲れさまでした。
中川さん、素晴らしいライブにお誘い頂きありがとうございます。遠からぬ日にまた、ご一緒しましょう。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード