Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「友達のこと」の検索結果は以下のとおりです。

大和田いずみ展に伺いました。

大和田いずみ展_2019.4.13_01


昨日は銀座「ギャラリー桜の木」で開催中の大和田いずみ展に伺いました。

大田いずみさん、おめでとうございます!
初日の土曜日はたくさんの大和田ファンの方や、彫金作家の秋濱克大さんら平塚バルビゾン(?)のお友だち、宮川静代さんたちフラメンカの皆さまなど、多士済々で大盛況でした。
大和田画伯の作品連載が始まった「パセオフラメンコ」の小山雄二社長や執筆陣の皆さまもお見えになっていました。

大和田いずみ展_2019.4.13_02


二年一度の銀座個展。今回も大変に素晴らしい作品ばかりでした。
初日にしてすでにSoldoutの作品も目立つほどの人気です。

なかでもM120号の超大作「楽園」からあふれ出る色彩と放たれる熱気は圧巻! 花々の持つエネルギーに痺れるほどでした。
「パセオフラメンコ」1月号の表紙となった『熱情』」や6月号の表紙となる『祈り』もとても素敵でした。ほかにも大作の『孔雀』など、大和田いずみの本当に世界はすごいです。
前回もそう思ったのですが、毎回、大和田画伯の作品はいままでの個展作品の魅力を包摂しつつも、確実にアウフヘーベンしています。
ニース、ニューヨーク、スペインなどで得たさまざまな感性や美意識を、いままでの殻を脱いでみずみずしく輝ける作品へと結実させている実力には驚くばかりです。

大和田いずみ展_2019.4.13_03


3月18日に僕がアップした素人写真にインスピレーションを感じて描いて下さった『fullmoon』には、感激しつつも汗が流れました。あんな写真がこんな傑作に化けるなんて!
と、まぁ僕がいろいろ書いても意味がないので、お近くの方はぜひ足をお運び下さい。
みゆき通りが外堀通りと交差する西銀座五丁目交差点の角。
東急プラザの向かいで地下鉄銀座駅からすぐです。
4月28日(日)までです。

★大和田いずみ展 -楽園と、熱情-
・会場 「ギャラリー桜の木」 銀座本店
中央区銀座5-3-12 壹番館ビルディング3階
TEL:03-3573-3313
・開催期間 4月13日(土)~4月28日(日)
 11:00~19:00 火曜は休廊ですのでご注意を!
・作家来場予定日 20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)



["Hymn"]

"Hymn"

幻聴はサラ・ブライトマンで"Hymn"(公式)

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

☆☆"平松加奈 SPECIAL PROJECT"ライブに行ってきました!☆☆

2019.3.3サンタナライブ_1


"平松加奈さんと"


ひな祭りの日曜日には、平塚のレストラン&バー「サンタナ」で開かれた"平松加奈 SPECIAL PROJECT"のライブに行って参りました。
平松加奈さん(ヴァイオリン)には昨年三月にサンタナで開催された"スパニッシュ・コネクション"以来、11ヶ月ぶりにお目に掛かれました。

2019.3.3サンタナライブ_2


"左から新澤健一郎さん(ピアノ)、平松加奈さん(ヴァイオリン)、伊藤寛康さん(ベース)、海沼正利さん(パーカッション)"

新澤健一郎さん(ピアノ)、伊藤寛康さん(ベース)、海沼正利さん(パーカッション)には、2017年の九月以来となってしまいました。
あー、大好きなライブになかなか行けない日々……(☍﹏⁰)
僕は長年、四人のメンバーの大ファンなのです。
出席率はよくないですが、ファン歴は長いんです。(そこはいばるところじゃない)
でも、日曜日の夜は、大好きなミュージシャンたち4人の素晴らしい協演に本当に楽しすぎる時間を過ごすことができました。とても幸せないまの僕です。

2019.3.3サンタナライブ_3


"平松さんはジプシーヴァイオリンの第一人者です"


今回は"平松加奈 SPECIAL PROJECT"の2ndアルバム"Bitter Sweet Samba"の発売記念ライブ。しかも初日でございました。
このアルバムに収録された楽しい九曲はすべて演奏して下さいました。
★Newアルバム"Bitter Sweet Samba"が視聴できます!

2019.3.3サンタナライブ_4


"新澤さん、平松さん、リーダーの伊藤さんの熱演!"


オペレッタの"The Merry Widow Waltz"の美しい旋律から始まったステージ。もう期待で胸がわくわくでございます。
続いてアルバムタイトル曲、キレキレの"Bitter Sweet Samba"
金麦のCMを感じるか、鶴光のダミ声を思い出すかで、世代が別れるかもしれない曲です。
このFBでも何度かご紹介しているハープ・アルパートの大ヒットナンバーですね。
続けてはコール・ポーターが作曲した心に沁みるバラード"So in Love"……そう、かつての日曜洋画劇場のEDです。
ボサノヴァの名曲「マシュ・ケ・ナダ」クライスラーの「愛の悲しみ」「ルパン三世のテーマ」「ゴッドファーザー愛のテーマ」YMOの「東風」TOTOの"Child's anthem"……なんという幅広いジャンル。さらには僕がサンバでいちばん好きな曲"Tristeza"も!
1stアルバムの"Limelight"からも表題曲の"Limelight"がセレクトされました。

どうです? 僕の好きな曲ばっかり並んでいるでしょ?
こんな大好きナンバーばかりを、四人の天才的なアレンジと超絶的な技巧で演奏してくださるんですから、もう幸せマックスですよ。ほんと。

2019.3.3サンタナライブ_5


"伊藤さんと海沼さんは最強のリズム・セクション"


そして、新曲! そうなんです。すごい曲をご披露下さいました。
まだ、正式には公表前なのかな? うーん、題名を言いたいっ。
言っちゃえ。「ボヘミアン・ラプソディ」ですよ。そう。クィーンの。
すごいんです。これが。大感激なんですよ。
きっと3rdアルバムに収録されると思いますが、まずは皆さまライブに足をお運びになって下さい。

2019.3.3サンタナライブ_6


"仲よしの皆さまと……なんて幸せな夜!"

今回はお医者さまのA先生にお誘い頂いて、仲よしの洋画家、大和田いずみさんや彫金作家の秋濱克大さんたち、仲よしのお友だちと一緒にステージを楽しみました。
楽しいひな祭りになりました。皆さま、本当にありがとうございました。


四人のヴァーチュオーゾの皆さま、またライブに伺います!
あんなに素晴らしい時間をプレゼント頂き、心より感謝しております。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

フラメンカが五人も遊びに来てくれました。

モキチ・フーズガーデン_2019.2.24


今日はフラメンカが五人も遊びに来てくれました。
湘南ビール直営店「モチキ・フーズガーデン」はビールもお料理も美味しくておすすめです。


["Alegrías"]

"Alegrías"


幻聴は、おなじみ「アレグリアス」(Alegrías)
フラメンコのなかでももっとも有名なパロ(曲種)のひとつ。喜びという意味です。
途中で皆さまよくご存じの曲が入っていましたね。
バイラオーラ(女性の踊り手)は、ロサリオ トレド(Rosario Toledo)
バルセロナのタブラオ"El Dorado Sociedad Flamenca Barcelonesa"の公式動画から。

Canon PowerShot G9 X

Fline展に行って参りました!

fline展_2019.2.2


昨日は、新宿伊勢丹で開催中のFline~アートで魅せるレザークラフト~ 展にお邪魔しました。
彫金作家である秋濱克大さんが和彫りの技法で手彫りした羽根の芸術。
皮革作家の藤咲和也さんが丁寧な裁断と縫製で仕上げるカバンや小物。
洋画家の大和田いずみさんがペインティングしたレザー、そして絵画作品。

三人それぞれの才能が輝く作品。三人の才能が見事にコラボされた作品の数々。
「持ち歩けるアート」Fline。

ジュエリー、カバン、小物……アーティスティックで贅沢な作品ばかりです。
センスのいいお客さんが次々に訪れ、素敵な作品がどんどん売れていました。
お忙しいなか、お相手下さったFlineの皆さま、本当にありがとうございました。

写真は左から藤咲さん、鳴神、大和田さん、秋濱さん。
鳴神がため息をついて眺め続けていた油彩画「マントン」の前で。
大和田画伯が南仏コート・ダジュールに滞在して描いた空気感と色合いが素晴らしい20号の力作です。



["Fline|新宿伊勢丹(2019)"]

"Fline|新宿伊勢丹(2019)"

"Fline|新宿伊勢丹(2019)" ムービー(Kanki Matsuyama氏)
三人の制作風景が見られます。ぜひご覧下さい。

東京近郊の方は、ぜひ、どうぞ! 今日もやってます!
2月5日(火)まで 午前10時30分~午後8時
Fline展。新宿伊勢丹本店5階ウェストパークが会場です。

「天女の帯」が出ていました!

yuzora_2018.8.25



「天女の帯」が昨日よりはっきり出ていました!
昨日、友人に教えて頂いたのですが、雲がつくる影の帯は「天女の帯」と呼ばれているそうです。雲間から射す光「光芒」の逆の現象というわけです。

今夕はほとんど雲がなく、西空も焼けなかったのですが、こんなにはっきり。
見えない遠くの空の雲が作る影と思うと、ロマンがありますね。

フラメンコ協会、新人公演二日目。
今日も友人たちが挑戦しています。
今年は応援には行けませんが、エールを送りたいと思います。みんな頑張れ~!



"Cantiñas y Fin de Fiesta por Alegrías"

"Cantiñas y Fin de Fiesta por Alegrías"

幻聴は、"Cantiñas y Fin de Fiesta por Alegrías"(抜粋)
現代フラメンコ界の女王と呼ばれるサラ・バラス(Sara Baras)のステージをどうぞ。

アンダルシアの州都セビージャのテレビ局"Canal Sur"の公式動画です。二度目のご紹介になります。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books