Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「フラメンコほかライブなど」の検索結果は以下のとおりです。

昨夜は茅ヶ崎で茅ヶ崎でフラメンコライブでした!

ソレア


一部の「ソレア」


昨夜は茅ヶ崎のスペイン料理店「PATIO」(パティオ)さんで、ふたたびフラメンコライブでした!

ギタリストの石井奏碧(かなお)さん、カンテ&ギターの須田貴久さんが三月に引き続き、ふたたび茅ヶ崎に来て下さいました。

卓抜した技術と繊細なセンスを併せ持つギタリストの石井さんとは、十年以上のおつきあいです。茅ヶ崎や藤沢で演奏をお願いしたこともあります。

須田さんのステージにも何度か伺っており、その理知的で多彩なお力にいつも驚いております。須田さんは薩摩琵琶の名手でもあるのです。

アレグリアス


二部の「アレグリアス」

そして、また新しいバイラオーラを知ることができました。
期待の若手、蓑毛はるかさんです。

冒頭の「セビジャーナス」、一部の「ソレア」、二部の「アレグリアス」とも、みなぎる若いパワーを炸裂させて踊られました。
サパテアード(足拍子)も迫力抜群。
須田さんいわく「コンパネを割りかねない力強さ」
それでいて、あふれる力をしっかり抑制する力もお持ちだと感じました。

2018.525茅ヶ崎ライブ


左から石井奏碧さん、鳴神、蓑毛はるかさん、須田貴久さん (蓑毛はるかさんご提供)

石井さんの「グラナイーナ」「ルンバ」「グアヒーラ」のソロ。
いつもながら、磨き抜かれた技術と卓越した音楽性が輝いて本当に素敵でした。「グアヒーラ」のとろけるような音色にはうっとりしました。

須田さんの恒例、12拍子フラメンコポップスの「ホワット・ア・ワンダフル・ワールド」「イエスタデイ」も楽しかったです。

「マラゲーニャ」からフィン・デ・フィエスタ(終演)へと続く頃には、会場は盛り上がりまくっていました。

アルティスタの皆さま、またぜひ茅ヶ崎へお越し下さい。
PATIOが湘南地区「フラメンコ台風の目」となることを強く願っております。



["Seguiriya"]

"Seguiriya"

石井奏碧さんが弾く「シギリージャ」(抜粋)(バイレ永田健さんの動画)

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

★★昨日はパセオ「しゃちょ対談」&「川島桂子カンテソロライヴ」でした!★★

幸せな一夜


写真は、左からエンリケ坂井さん、小山雄二社長、鳴神、川島桂子さん(井口由美子さまご提供)


昨日は、高円寺で「パセオフラメンコ」の小山雄二社長との対談でした。 1984年創刊、世界で唯一のフラメンコ専門月刊誌です。

インタビュー慣れしていない僕ですが、小山社長のご質問が楽しく、喋りすぎるくらい喋ってしまいました。
鳴神のいままでがくるっと裸に剥かれてしまった感じです(^_^;
社長、本当にありがとうございました。

今回の「しゃちょ対談」のようすは「パセオフラメンコ」誌9月号に掲載予定です。
またご案内させて頂きます。その節は、ご覧頂ければ嬉しいです。

対対談終了後は、タブラオ「カサ・デ・エスペランサ」で、パセオによって開催されました「川島桂子カンテソロライヴ」にお連れ頂きました。

ライブのようすは、パセオのライター井口由美子さまの素晴らしいFacebook記事を、ぜひご覧下さい。
昨夜のライブの真髄に迫り、深く洞察されていることに、驚くばかりです。

素人の僕からは、ただ、ひと言。

日本のフラメンコ史の一ページに居合わせたような気がします。

幸せな一夜でした。


["Siguiriyas con bata de cola y castañuela"]

"Siguiriyas con bata de cola y castañuela"

川島桂子さんが歌う"Siguiriyas con bata de cola y castañuela"(森山みえフラメンコ教室公式動画)

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

昨夜はスパニッシュコネクションのライブに伺いました!

左から平松加奈さん、鳴神、伊藤芳輝さん、吉見征樹さん、箭島裕治さん

左から平松加奈さん、鳴神、伊藤芳輝さん、
吉見征樹さん、箭島裕治さん


11月20日に続けて、スパニッシュ・コネクションがまた平塚サンタナに来て下さいました。 十数年来のファンとしては、嬉し涙が止まりません。。 拙作『天の女王』は、実はスパコネを聴きながら書き上げたのです。

平松加奈さんとともに

平松加奈さんとともに


スパニッシュコネクションは、世界にほかに二つとない音楽ユニットです。 伊東芳輝さんのフラメンコギター、平松加奈さんのジプシーヴァイオリン、吉見征樹さんのタブラ(インドの太鼓)
三人のヴァーチュオーゾが生み出す音楽性の見事な融合は、誰にも真似ができません。
昨夜のゲストは、いつもライブを支えていらっしゃるベーシストの箭島裕治さんです。

ステージの伊藤芳輝さん

ステージの伊藤芳輝さん

興奮のステージは、スペイン・カタロニア民謡「鳥の歌」で幕を開けました。
スパコネ風にお洒落にアレンジされた「星のフラメンコ」、超絶の「禁じられた遊び」と熱演が続きます。伊藤さんのオリジナル曲でたとえようもなく美しい旋律を持つ「いとしくもせつなく」……大好きなこの曲ではいつも胸が熱くなります。
さらに、メンバーの皆さまが、すべての音楽をご担当なさったNHK人形劇「新三銃士」のテーマと、同作から「ロシュホールのテーマ」「アトスのファルーカ」も演奏してくださいました。

ステージの平松加奈さん

ステージの平松加奈さん


もう最高!
ライブツァーの五日目ということもあって、四人の息が本当にピッタリでした。
ステージで、メンバー皆さまが、あたたかいアイコンタクトを取っていらっしゃる姿が、写真にも写っています。 メンバーそれぞれの個性が生み出す豊穣な音楽性と洒落たエスプリを、類を見ない技術とすぐれたセンスが支えます。
スパコネを聴いたことのないという方には、とにかく一度お聴き頂きたいです。

ステージの吉見征樹さん

ステージの吉見征樹さん


素晴らしい演奏は続きます。珍しいギリシャ民謡「シルトス」、ビゼーの「カルメン」から「ハバネラ」と世界中の音楽の旅できるのもスパコネの楽しいところ。

エンディングは伊藤さんオリジナル曲の「伝説の風」で、各地から駆けつけたファンたちで会場全体が熱く盛り上がりました。
昨夜の素晴らしいライブは、ピアソラ「リベル・タンゴ」のアンコールで大興奮のうちに幕を閉じたのでありました。

ステージの箭島裕治さん

ステージの箭島裕治さん


二部では、スパニッシュコネクションの皆さまがすべての音楽をご担当なさったNHK人形劇「新三銃士」のテーマと、同作から「アトスのファルーカ」も演奏してくださいました。
昨夜の贅沢なライブは、アンコールの「リベル・タンゴ」で大興奮のうちに幕を閉じました。

伊東芳輝さんと平松加奈さんのお二人は、この春、それぞれリーダーアルバムをリリースされます。伊藤さんはなんと二枚同時リリース。
むろん、三枚とも即買いです。皆さまのますますのご活躍が楽しみです。


["「愛の剣~アトスのファルーカ」"]

"「愛の剣~アトスのファルーカ」"


昨夜も演奏された新三銃士「愛の剣~アトスのファルーカ(前段)」をスカパーの動画からどうぞ!(スカパー・ミュージックエア公式)

昨夜は、本当に幸せな時間をありがとうございました。
お疲れのところ、こころよくお話し下さり、写真も撮らせて頂き、とても嬉しかったです。
遠からぬ日に、また、ライブに伺います。

★伊藤芳輝さんのブログ

Canon PowerShot G9x

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード