Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「東北」の検索結果は以下のとおりです。

5年前のこの連休は雪の中にいました。

つらら2013.2.10


皆さま、連休はいかがお過ごしでしょうか。

5年前のこの連休は岩手・秋田の両県へ出かけていました。
写真は八幡平山中の松川温泉の部屋から撮ったつららです。


["13 jours en France"]

"13 jours en France"

幻聴は、フランシス・レイの名曲「白い恋人たち」(13 jours en France)

平昌オリンピックが始まりましたね。
「白い恋人たち」は、1968年にフランスのグルノーブルで行われた第10回冬季オリンピック記録映画のテーマ曲です。
原題は「フランスにおける13日間」という意味です。

子どもの頃から好きだったこの曲、恋愛映画だと信じて疑いませんでした。

フランスのレコード会社"FGL PRODUCTIONS"の公式動画(静止画だけど)です。

Pentax K-5 + DA 18-135mmF3.5-5.6

水郡線の天使の梯子

水郡線の天使の梯子1


昨夜遅く、帰って参りました。
二年ぶりの「青春18きっぷの旅」で、一年八ヶ月振りの旅行でした。
たった一泊二日でしたが、いろいろと想い出ができました。

水郡線の天使の梯子2


今回の旅は、ほとんどが車窓展望となりました。
まともに風景写真を撮っている時間はありませんでした。
ベストショットはこの三枚あたりかな?
走行中の列車の車窓越しですが、ブレもせず、ピントも合ってくれました。
車内の灯りなどのガラスへの映り込みも目立ちません。

水郡線の天使の梯子3


郡山から水戸へ下る三時間ちょっとの水郡線の旅の途上。
磐城塙駅を過ぎたあたりで、車中から見えた天使の梯子です。
撮影地は、丹羽長重が築いた棚倉城の城趾を過ぎて二駅目くらいの場所です。
福島県からもう少しで茨城県に入るあたり。とてもよいところでした。


["BARBER:Adagio for Strings"]

"BARBER:Adagio for Strings"

幻聴は、サミュエル・バーバーの「弦楽のためのアダージョ Op.11」
レナード・スラットキン指揮、デトロイト交響楽団の演奏でお送りします。(公式)

Penatx K-3 + DA 18-135mmF3.5-5.6

ある日の空42 「みちのくの小京都」

角館1

この前の連休に、取材を兼ねて「みちのくの小京都」と呼ばれる 秋田県の角館を訪ねた。
しだれ桜で有名な武家屋敷は、想像していた以上の規模だった。
久保田藩の支藩である佐竹北家は、一万五千石の石高に過ぎないのにも拘わらず、優雅な佇まいの美しい町並みが残っていた。
いちばん驚いたのは、街の規模にそぐわぬ目抜き通りの道幅である。
現代の自動車道路としても、ゆとりを持って対面通行できる幅員を持っている。
傘を差したままのすれ違いが難しい道が珍しくないほど、城下町の道は狭いことが多い。角館の街を築いた人々は、先見の明があったとしか言いようがない。

角館1

幸い好天に恵まれたが、盆地の冬の底冷えは厳しかった。
武家屋敷の青柳家石黒家を廻っている途中で、歯の根が合わなくなってしまった。
もっとゆっくり、見学したかったので、残念だった。
しんしんと冷える秋田の冬を、ちょっと甘く見ていたようだ。
帰ってきてから、次に訪ねるときのために、パタゴニアのキャプリーン4というベースレイヤーを買ってしまったほどだ。

角館2

19時過ぎのこまちに乗る前に震え上がった身体を『しちべえ』のキリタンポで暖めることができた。
歴史的建造物を活かしたインテリアもシックなお店である。
比内地鶏は、スープも肉も最高に美味かった。


先月の半ばから、シェリー酒の本場、ヘレスに行っている島崎リノさんは、アンダルシアの名物料理に舌鼓を打っているだろうか……。


ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード