Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

三遊亭竜楽師匠の独演会に伺いました。

内幸町2018.6.6



昨日は内幸町ホールで開かれました三遊亭竜楽師匠の独演会に伺いました。

古典落語の大ベテランの竜楽師匠は、八カ国語を駆使し、世界各国の会場で高座をお持ちになっていることでも大変に有名な方です。
師匠は「落語の普及が世界の平和を作ってゆく」というお考えのもと、なんと、日本語、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、中国語で古典落語を演じていらっしゃいます。

ほぼ満席のホールで過ごした昨夜の時間は、興奮しっぱなしでした。

白眉は江戸前古典落語の「らくだ」
大ネタで難しい噺であるため、高座に掛かる機会は多くなく、しかも最後まで演じられない場合も多いです。

昨夜の高座ではすべてを演じられ、主人公の屑屋の久さんをはじめ、クセのある登場人物たちの演じ分けもお見事の一語でした。

久さんの酒の飲みっぷり、そして酔ってゆくようすの凄さにうなり声を上げつつ、笑っておりました。
本当に素晴らしい「らくだ」を堪能させて頂きました。

また、一部では八カ国語の「味噌豆」のサワリを演じて下さり、こちらも舌を巻くばかりでした。

師匠、また、高座に伺わせて頂きます。
昨夜は素晴らしい時間をありがとうございました。

Kさま、大変お世話になりました。ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



[「三遊亭竜楽の七覚悟落語」]

「三遊亭竜楽の七覚悟落語」(サンプロス公式)

竜楽師匠の落語はアマゾンでも聴くことができます。

「三遊亭竜楽の落語 その壱」

「三遊亭竜楽の7か国語落語~味噌豆編」

★★産経新聞のインタビューでした★★

サザンビーチ2018.6.5



今日は産経新聞横浜総局のインタビューでした。
しかも、こんな茅ヶ崎な場所、サザンビーチで……といっても波打ち際ではなく「サザンビーチカフェ」ですが。
平日の午後だというのに、お店は満員に近い盛況でした。

川上朝栄記者さまのお人柄のおかげで、とても楽しい時間を過ごすことができました。
2時間近く、なんだか、とりとめのないお話をしてしまいました。

川上さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


["涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~"]

"涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~"

幻聴は、サザンオールスターズで『涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~』(部分)(サザンオールスターズ公式)

Pentax K-3 + DA 12-24mmF4

※追記 この日のインタビュー記事については7月6日の日記をご覧下さい。

とてもさわやかな夕暮れでした。

夕空2018.6.4



6月最初の月曜日ですね。
よい一週間となりますことを!

今夕は少し焼けました。
とてもさわやかな夕暮れでした。
素敵な夜がやって来そうです。



["Mutirão De Amor"]

"Mutirão De Amor"

幻聴は、ホベルタ・サー(Roberta Sá)で、"Mutirão De Amor"
ブラジルの人気サンバ歌手です。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

雲ひとつない青空がひろがりました。

青空2018.6.2



6月最初の土曜日。
雲ひとつない青空がひろがりました。

茅ヶ崎市では運動会が開かれている公立小学校も多いです。
あまりにいいお天気だと、熱中症の心配をしてしまいます。



["ダンシングヒーロー"]

"ダンシングヒーロー"

幻聴は、荻野目洋子で『ダンシングヒーロー』
2014年のリメイクShortVer.です。(Victor Entertainment公式)

荻野目洋子が歌った1985~86年の大ヒット曲です。
平野ノラのネタを元にした、大阪府立登美丘高校ダンス部の活躍でリバイバルヒットしました。
今年の茅ヶ崎の小学校の運動会ダンスでは№1人気曲だそうです。
流行曲は、次の年の運動会でプログラムに登場することが多いです。


["【TDC】バブリーダンス"]

"【TDC】バブリーダンス"

ちなみにこちらが、登美丘高等学校ダンス部の『【TDC】バブリーダンス』です。う~ん。たしかにスゴイ(゚ー゚;

Pentax K-3 + DA 12-24mmF4

★★新刊のお知らせです!★★

『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』1


『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』幻冬舎文庫から6月8日(金)に刊行!

――その頭脳、金田一耕助か、シャーロック・ホームズか。

――公儀目付役・稲生正英から大大名の催す祝儀能への同道を乞われた多田文治郎。幽玄の舞台に胸躍らせるが、晴れの舞台で彼が見たものとはいったい……? 瞠目の時代ミステリ、第二弾!(幻冬舎の解説より)

【多田文治郎が探偵役!】
猿島で起きた六人殺しの謎を解いた多田文治郎(後の沢田東江)が探偵役。
史実でも「柳橋の美少年」と呼ばれ、吉原でモテモテだったというイケメンの文治郎。
諸学に通じたその才を活かして、大名家の祝儀能で起きた奇怪な殺人の謎に迫ります。
もちろん一巻を読んでいなくてもOK!

【鮮烈なブックデザインは、重原 隆先生!】
重原 隆先生は、大沢在昌先生の直木賞受賞作『新宿鮫 無間人形』や、『スティーブ・ジョブズ~Walter Isaacson』を初め、たくさんの作品を手がけられた大ベテランのブック・デザイナーさまです。
今回作では「猩々」(しょうじょう)を前面に!

★『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』★

全国各地の書店さまで予約開始となっています。
皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!
装幀:重原 隆
幻冬舎文庫 税込み626円
ISBN-10: 4344427491
ISBN-13: 978-4344427495

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books