Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

昨夜は今年三度目の外食でした。

尋_2018.1.6


昨夜は今年三度目の外食でした。
2月刊行新作の著者校をヤマト運輸に託して、今年の初仕事はめでたく終了。
19:00までに茅ヶ崎市内のセンターに持ち込むと、都内の版元さまには翌日の午前中に着きます。
ひと息ついて、いつになく早い時間から夕食に出かけました。

向かった先は、いつもお世話になっている茅ヶ崎市松が丘の「魚河岸料理 尋(Hiro)」さんです。

尋さんは現在の場所で2011年から営業されていますが、最初に伺ったのは2013年頃でしょうか。やはりデビュー前からお世話になっているお店です。

尋さんでは、地元で上がった魚介を中心に、ご主人飯泉さんの包丁の冴え抜群のお寿司やお刺身が頂けます。
「アジのなめろう」や「マグロの竜田揚げ」など、ほかのお店とはひと味違った独創的なさまざまな魚河岸料理もとても美味しいです。
カジュアルで明るい店内も素敵です。

いつも大賑わいで飯泉さんは大忙し。なかなかゆっくりお話しできませんが、お仕事の手が空いたときにカウンター越しにお話しします。
いままでにいろいろなことを教わってきたような気がします。
美味しいお寿司と地魚料理なら茅ヶ崎松が丘の「尋」さんへぜひ!



["HOTEL CALIFORNIA"]

"HOTEL CALIFORNIA"

幻聴は、"Vocal Sampling" (ヴォーカル・サンプリング)で「ホテル・カリフォルニア」(公式)
ご存じイーグルスの歴史的ヒット曲ですが、なんと6人のメンバーの声だけで演奏しています。

キューバのハバナ国立音楽学校出身のメンバーを中心に構成されている「ヒューマンビートボックス」バンドです。パーカションばかりでなくギターやベースも再現。ヴォーカルやコーラスもそっくりです。

とくにロック・ギター史上に残るジョー・ウォルシュとドン・フェルダーの掛け合いを、声だけで表現しているエンディングには鳥肌が立ちます。ほんと人間業ではないです。まぁ、聴いてみて下さい。

「魚河岸料理 尋(Hiro)」
茅ヶ崎市松が丘1-10-1
0467-82-9015
定休日:水曜日(水曜祝日の場合は翌日)

  関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books