Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

近くの木々を影絵に撮ってみました。

  • 2019/01/24 19:21

夕空_2019.1.24


今日は低いところに雲があったのですが、それほど焼けませんでした。
夕空を背景に近くの木々を影絵に撮ってみました。



["Embraceable You"]

"Embraceable You"

幻聴はウィントン・マルサリスのセプテットで"Embraceable You"(公式)

ウィントン・マルサリス(Wynton Marsalis)は僕よりひとつ年上です。
僕が高三の1980年に、わずか18歳でアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに加入してその名が世界に知られました。
1981年7月の初来日の時には、大学のジャズ好きの友だちの間では、大型新人としてかなり話題になりました。
彼はクラシックでも才能を発揮し、1983年にはグラミー賞のジャズ部門とクラシック部門を同時受賞しています。

ジャズのアルバムと並んで1988年に彼が指揮者のレイモンド・レッパードと吹き込んだバロックのトランペット協奏曲集はいまでも愛聴盤です。(超おすすめ盤です)

この動画はニューヨークのジャズクラブ"Dizzy's club"で2013年に収録されたもののようですが、すっかりおじさんになって、音色もやわらかくなっているように感じます。 が、高い技術と品格があってハイセンスなトランペットは少しも変わっていません。

タイトルの"Embraceable You"は「抱きしめたいあなた」というようなニュアンスです。1928年にガーシュインがオペラのために作曲したもので、フランク・シナトラをはじめたくさんの歌手や演奏家によって採り上げられています。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

  関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books