Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「湘南ちょっといいお店」の検索結果は以下のとおりです。

昨晩はトラモンターナさまにお邪魔しました!

TRAMONTANA


昨晩は「トラモンターナ」さまにお邪魔しました。
いつも大変にお世話になっている茅ヶ崎東海岸のイタリアンレストランです。
編集者さまと伺ったことも、素敵な店内をポートレートの撮影場所としてご提供頂いたこともあります。
昨夜は、仕事に一区切りがついて、ほっと一息の夕ご飯でした。

TRAMONTANA2


去年の春にはポートレートの
撮影場所としご提供頂いた店内


シチリアやトスカーナで、本格的な修行をなさったオーナーシェフ、Kenichi Satoさまのお作りなるお料理は、どれもこれも最高です。
地元産の肉や魚、野菜といった新鮮な素材を活かしたお料理が頂けます。

TRAMONTANA3


ホタルイカと菜の花のパスタ
季節の素材を活かした一品

TRAMONTANA4


ペポーゾ(牛すね肉の赤ワイン煮込み)
トスカーナの伝統料理です。


「KV 276 (321b) Regina coeli」

W.A.Mozart Regina Coeli Kv 276


今日の幻聴は、モーツァルトの『天の女王』(K.276)をお送りします。
作中で、小寺外記たちがようやく辿り着いた、バルセロナを根拠地する"CoralArquitectura"の演奏をお送りします。
リュイス・カルネ氏の指揮の下、バルセロナ建築学校(ETSAB)とカタロニア工科大学(UPC)の学生を中心メンバーとして活動している合唱団のようです。

『天の女王』作中では、グレゴリオ聖歌「聖母マリアのための四つのアンティフォナ」のうち三曲を採り上げました。
モーツァルトも、三曲を選んでモチーフとしてK.108、K.127、K.276を作曲しています。このうち『天の女王』はK.276にあたります。
ザルツブルグ時代のモーツァルトが1770年代に作曲した曲ですので、1623年を舞台とした作中で使うことはもちろんできません。

でも、このモーツァルト版の華やかさは大好きです。
もし『天の女王』がハリウッド・ムービーとなった日には、ぜひ、テーマ曲に使って欲しいです……。
何という大言壮語……ᶘ ᵒᴥᵒᶅ

★茅ヶ崎にお越しの節はぜひトラモンターナへ!
  "TRATTORIA la TRAMONTANA"
茅ヶ崎市東海岸北 2-14-41
0467-87-2266
定休日:水曜日

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

☆☆meong食堂さまが『天の女王』の熱烈応援をして下さっています!☆☆

meong食堂


ご覧下さい。このボード!
『天の女王』への愛にあふれています!!
本当に本当にありがとうございます~(≧∀≦)

meong食堂さまは、毎週のように伺っている茅ヶ崎東海岸のイタリアンベースのレストランです。
先日は角川春樹事務所とH&Iのご担当編集さまとの打ち上げでもお邪魔しました。
今夜は感激のボードの前でYukaさんとツーショット!

オーナーシェフの森本さんは、長年、一流の料亭で板前をおつとめだった「和」の料理人さん。
厳しいプロの目で選んだ食材を鍛え抜いた腕で素晴らしい味へと変え、肩の凝らないカジュアルなお料理を出して下さいます。
季節の素材を活かしたアラカルトもパスタもピザも、すごーく美味しいです。Yukaさんがお作りになるドルチェも、超おすすめです。


「Can't Take My Eyes Off You 」

"Can't Take My Eyes Off You"(VEVO)

幻聴は、アンディ・ウィリアムスとデニース・バン・アウトンのデュエットで「君の瞳に恋してる」

【meong食堂Facebook】
茅ヶ崎にお越しの時にはぜひ!
美味しいお料理が待っています。

茅ヶ崎市東海岸南2-10-2 イーストコート2F
0467-87-0750
定休日:月曜日、第1・3火曜日

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

湘南ちょっといいお店 1「茅ヶ崎 海渡(Kaito)」

海渡 南口店鉄砲通り店 店長のBOOさん(撮影:鳴神響一)
茅ヶ崎『海渡』(鉄砲通り店)微笑む店長のBOOさん(撮影:鳴神響一)

新しいシリーズを始めたい。
「湘南ちょっといいお店」と題して、僕の大好きなお店をご紹介していきたい。
湘南地方に住んでいるので、いきおい、湘南のお店が中心となることと思うが、時にはほかの地区のお店もご紹介するかもしれない。
第一回は、茅ヶ崎の東海岸、鉄炮通り沿いに店を構えるダイニングバー『海渡』(Kaito)である。


「海渡」は、僕が日頃からお世話になっているお店の№1なのである。
初めてお伺いしてから何年になるだろう。もう、十年を超えるかもしれない。


新鮮な刺身が美味しい。
近隣で採れる野菜を生かしたお料理が美味しい。
だが、それ以上にお店の雰囲気がいい。
落ち着いたインテリアもさることながら、店内の雰囲気がとてもいい。
飲んでいる方々の雰囲気はいつも明るく、ジェントルである。
羽目を外す場違いな酔客で嫌な思いをした覚えはない。
大手チェーン系の居酒屋などでは、「一気呑み」に象徴されるような無粋で馬鹿馬鹿しい飲み方をするグループに遭遇して、最悪の気分になることも少なくない。
その点、『海渡』のお客さんは、場をわきまえた方ばかりだ。
居酒屋さんにとって、これはとても大事なことだと思う。
だから、『海渡』には、常連さんも少なくないが、一見さんと覚しき、二人連れの若い女性客やカップルも少なくない。
駅から少し離れた住宅地にあるが、タクシーで帰って行く客も少なくない。
遅い時間でも安心して飲める大人のお店なのだと思う。


お茶目なBOOさん(撮影:鳴神響一)
お茶目なBOOさん(撮影:鳴神響一)

美味しいお料理とともに、お店の素敵な雰囲気を作っているのが、店長のBOOさんである。
BOOさんはパティシエとして、お菓子作りの腕を振るい、大きなコンテストにも出場した経験をお持ちである。
お菓子作りで培った繊細な感覚が、『海渡』のメニューに活かされていることは言うまでもない。
彼はまた、いろいろな物事に関して、深い洞察力と非常に優れた見識をお持ちである。
BOOさんから伺ったお話の中で、僕が小説を書く上でのヒントを頂くことも少なくない。
手の空いている時には、一緒にグラスを重ねるチャンスにも何度か恵まれた。
酔っ払ってオダを上げ、好き放題、言いたい放題に喋りまくる夜もあった。
でも、そんな時でも、BOOさんは静かに微笑んで僕の話を聞いてくれるのだった。
いつ更新するか判らないこのブログに、日々アクセスし続けてくれていることを、知った時には涙が出るほど嬉しかった。


『海渡』はまた、食べ物屋さんのプロが、仕事を終えて立ち寄るお店でもある。
カフェレストランのスタッフ、お寿司屋さんの親方、焼き肉屋さんのご主人……。
プロが評価するプロのお店なのである。
しかも、『海渡』に集うプロのお店は、みんな美味しく、素敵な人気店ばかりである。
またの機会には、このお店でお目にかかるプロのお店もご紹介したい。


居酒屋、ダイニングバーのイメージが強いが、本当は手打ち饂飩のお店である。
東京と神奈川で育った僕は、正直な話、ウドンはあまり好きでなかった。
子どもの頃から、専ら蕎麦っ喰いで、どんな場合にも進んでウドンを注文した記憶がない。
だが、『海渡』と、もう一軒のお店のウドンを食べてから、すっかりウドン好きになった。
月並みな表現だが、コシがあってのど越しがよい。ダシも讃岐風で美味い。
ラストオーダーまでウドンが頼めるので、ぜひご賞味頂きたい。


BOOさん、火曜日は本当にありがとう。
いつまでも心に残る、海渡の時間となりました。
来週も、オダを上げに行きます……。


【ダイニングバー海渡】
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北5-6-27
0467-87-3881
17:00~
定休日:なし

※「海渡」さんは、2017.11.15にリニューアル・オープンしました。
おめでとうございます!
お店の内装などはこの記事と変わっています。
※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード