Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「素敵なできごと」の検索結果は以下のとおりです。

土曜日は鈴木ゼミでした。


SKY


土曜日は鈴木重生ゼミの日でした。
今回は、第153回芥川龍之介賞受賞作である又吉直樹氏の『火花』が題材でした。

法学部の出身なのですが、僕の大学には専門課程に進む前に教養課程にもゼミがありました。
僕が選んだのは鈴木重生教授のゼミでした。
テーマは「大衆小説の面白さを考える」……なんと、今の仕事にちゃんとつながっているでしょ?

我が師、鈴木重生先生はフランス文学者であり、小説家としてもご活躍なさっていらっしゃいます。ご専門はヌーヴォー・ロマンです。

先生は昨秋で90歳を迎えられました。
先生の舌鋒の鋭さは僕の学生時代と少しも変わっていません。
今回も僕は先生からたくさんの新しいお教えを頂くことができました。
そして、先生は現在も小説を書いていらっしゃいます。今日も新作の掲載された雑誌を頂戴して大感激でした。

先生や仲間との出会いから35年も経っています。
当時のワカモノたちはすっかりオジサンになってしまいました。
でも、なんと言っても嬉しいのは鈴木先生をお迎えして、こうしてゼミが続けられていることです。
当時のゼミについては、前回のゼミの記事に詳しく書きましたので、ご覧頂ければ幸いです。

今回は残念ながら、女性メンバーをはじめインフルエンザなどで欠席者が続出という状況になってしまい、参加できたゼミ員は四名でした。
最大で十名程度が参加したこともあります。
いついつまでも、あと二十年くらいはこのゼミを続けられたらと、心から願っています。

鈴木先生、僕たちを教え導いて下さって本当にありがとうございます。
これからも末永く変わらぬご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

土曜日は高校の同窓会でした。


イチョウ


先週の土曜日は高校の同窓会でした。

学年全体の同窓会に参加するのは初めてのことです。
参加者は36名ほど。360名の学年だったので、一割もの方がご参加になりました。
僕の二年時にご担任頂いた国語のH先生と、三年の時にご担任頂いた日本史のH先生のお二人もご出席になりました。(お二人ともH先生だ……)

卒業以来34年ぶりに会うたくさんの同窓生たち。
意外なほどに変わっていなくて、皆さますぐにわかりました。
なかにはお名前を伺ってお顔が十代の頃と二重写しになった方もいらっしゃいました。

35年ぶりにお目に掛かったお一人の女性。
入口で僕の顔を見るなり「おめでとう」の一言。
びっくりして思わず「え? 知ってたの?」
ネットなどで僕のデビューを知って、応援して下さっていたとのこと。
ご友人や同僚の方にも僕の本を薦めて下さっていたと伺い、大げさでなく目頭が熱くなりました。

会が始まって皆さまとお話しすると、彼女ばかりではなく、大勢の同窓生たちが、僕を応援してくださっていると知って、本当に感激しました。

僕の本を買って下さっていた方がたくさんいたのです。会場にお持ち頂いていた方も何人もいらっしゃいました。

地元の書店さんにいつも僕を応援していると言って下さっている一人の友人。じーんときました。

ある友人は「オレは30分前に知った」と言って、その場で書店さんに買いに行って下さいました。嬉しかったです。

高校の友たちよ! なんて温かいんだ!

一昨年の四月には、日本史のH先生のご退職をお祝いするプチ同窓会にも参加させて頂きました。
そのときの感動を綴った文章の一部をここに再掲します。

――素晴らしいお料理にも増して驚いたことは、 三十年を超える長い長い年月を隔てて再会した同窓生たちなのに、 まるで、昨日教室でさよならしたばかりのように、 すんなりと話せたことである。 若い日々を同じ空間で過ごしていたことが、 こんなにも素敵な人と人とのつながりを造るものかと、 なんだか、すごく嬉しくなった。――

このときの喜びを再び味わうことができた一夜でした。

プチ同窓会の時にはまだデビュー前でしたが、その時からずっと僕の動静を見ていて下さった方もいらっしゃいました。

高校の同窓生たちの温かさには涙が流れそうです。
これからも鳴神をどうぞよろしくお願い申し上げます。

僕にとって、若い日々の時間をともに過ごしたことは、何にも代え難い財産であるようです。

幹事の皆さま、素敵な夜を本当にありがとうございました。
会場をご提供下さり、同窓生の会話にも入れずに美味しいお料理を作り続けてくださったKシェフにも心より感謝申し上げます。

自然食バイキング【Primodine(プリモディーネ)】
美味しかったです。遠からぬ日にまた伺いたいです。

Flineのカードケースができあがりました!

前面

まさに、三人のクリエータの美の結集です!
画家の大和田いずみさんがペインティングしたレザーを、皮革工芸作家の藤咲和也さんが丁寧な裁断と縫製で美しいカードケースに仕上げて下さる。彫金工芸作家である秋濱克大さんが和彫りの技法で手彫りした下さった羽根の芸術が華麗に飾る。
三人のクリエイターの手になる、まさしく夢のようなコラボ・カードケースです。

前面2

あまりの素晴らしさに息を呑みました。
抽象絵画の世界のようにも、日本の美的空間のようにも見えるオブジェ。
フラメンコ的でもある気がします。

このペインティングは、大和田さんにとっても特別な色であり図柄であるとのこと。僕も嬉しくてたまりません。
レザーの時から、「これこそ大和田いずみの色彩だ!」と強く感じていました。それも、去年の暮れに伺った銀座個展で見た、ニューヨーク帰りの画伯が紡いだ色彩です。

背面

背面の色合いも素晴らしく、前面から続く型押しも素敵です。
藤咲さんは大小4カ所の羽根の型押しまで入れて下さいました。
もちろん、秋濱さんが彫られた型です。秋濱さんの和彫りは、なんと、飛鳥時代から継承されている技法だそうです。ビックリ!

箱入り

本当に使うのがもったいないほど。
でも、使わなければ、もっともったいない。
ガンガン使って、三人の輝くオーラを分けて貰おうと思います。

クリエイターとともに

三人のクリエイターとともに

ふだんは、机の上に置いて、創作への刺激を喚起して貰いたいと思っています。
大和田さん、秋濱さん、藤咲さん、本当にありがとうございました。

★F line

※写真提供:藤咲和也さん、秋濱克大さん

※サイト内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

工房“F Line”をお訪ねしました。

三人のクリエイター(撮影:鳴神響一)
三人のクリエイター(撮影:鳴神響一)

月曜日にはすごくラッキーなことがありました。

そぼ降る雨の中、海に近い工房"F Line"をお訪ねしました。 彫金工芸作家である秋濱克大さんと、皮革工芸作家の藤咲和也さんの素敵な工房です。 友人の画家、大和田いずみさんのご紹介で、カードケースを作って頂くためです。

大和田さんがペインティングをした革を、藤咲さんがカードケースに仕上げて下さる。
秋濱さんが和彫りの技法で手彫りなさった素晴らしいシルバー・パーツが決めとなる。
そんな夢のようなコラボ・カードケースです。

藤咲さんから「どこでも好きなところをカットしますよ~」とのありがたいお言葉。
ところが、大和田さんのペインティングなさった革の素晴らしさと言ったらありません。
どこをとっても、素敵なアブストラクト絵画になってしまうのです。
悩みに悩んで、決められなかったのは、決して、僕の優柔不断な性格のためではありません。

決められずにいると、三人のクリエイターは「どれどれ」と身を乗り出しました。
そのあとの楽しさったら、ありませんでした。
藤咲さんが作って下さった型紙を革の上に置いて、カットする場所探しが始まりました。

「これだとヨーロッパテイストな感じ」
「ここでとると、上昇するような勢いがあるね」
「この部分だと、結構、変化に飛んでるよ」

三人と一緒に、なんと一時間もトリミングする場所を模索し続けました。
手作りの工芸品が大好きな僕にとって、このうえなく楽しい時間でした。
たまたま、三人のお時間にゆとりがあった時に伺えた幸運に感謝!

三人のクリエイターの皆さま、貴重なお時間をありがとうございました。 完成して受け取りに伺う日が楽しみでなりません。

秋濱さんの、繊細で信じられないほど手の込んだ完成度の高い金属工芸。
藤咲さんの、とても明るく楽しい遊び心満載の独創的な皮革工芸。

ふだんの暮らしの中で、身につけ、使うことのできる美しい贅沢です。
ぜひ、下のリンクからご覧下さい。

★F line

★Akihama

★Akihama(FB)

※サイト内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

今日は、大学の教養ゼミの同窓会でした。

バラの花

今日は、大学時代の恩師、鈴木重生先生を囲んでの同窓会でした。
法学部出身なのですが、僕の大学には教養課程にもゼミがありました。
僕は、フランス文学者で、小説家でもいらっしゃる鈴木重生先生のゼミを履修していました。

このゼミのテーマが、いまの仕事につながる「大衆小説の面白さを考える」だったのです。


テキストは、もう絶版になってしまいましたが、学藝書林の『物語の饗宴』というアンソロジーでした。

先生がお選びになった、この本がスゴい。
Amazonに掲載されている内容紹介によれば……
――直木三十五の時代劇あり、江戸川乱歩の推理小説あり、夢野久作のサスペンスあり、水上勉の説話あり、星新一のショート・ショートあり。小松左京、司馬遼太郎の自選作をも収録。世にも不思議な18の物語。――


この本から、一人一作を選んで、そのゼミ員なりの分析を発表し、みんなで意見を交わし合うという、本格的なゼミでした。
先生は、基本的にはゼミ員の話を黙って聞いていらっしゃるというスタンスだったのですが、時々、鋭い一言を下さいました。
小説のおもしろさ、難しさというテーマについて、先生から教えて頂いたことは、少なくありません。
ちなみに、僕が選んだ作品は、江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』でした。
その頃の未熟な発言を思い起こすと、いまでも顔から汗が噴き出します。


当時のメンバーは23名。実に多士済々なメンツでした。
大学時代は、すごく盛り上がり、先生にもご出席頂いて、自主ゼミや合宿も開催しました。
僕にとっては、専門ゼミ以上に大切な存在でした。


数年前に、同窓会が始まりました。最低でも一年に一回、先生を囲んで小説好きだった30年前のワカモノたちが集まります。10名くらいのメンバーが集まった会もありました。
その上、ただの同窓会ではなく、いまでもゼミをやるのです!
今回は、とても嬉しいことに、『わたしが愛したサムライの娘』を選んで下さいました。
鈴木先生をはじめ、皆さまから貴重なご意見を頂き、本当に素晴らしい会でした。


鈴木先生、ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。20年来のフラメンコファンです。

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books

『脳科学捜査官 真田夏希 サイレント・ターコイズ』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜4 テディベアの花園』

『鎌倉署・小笠原亜澄の事件簿 稲村ヶ崎の落日』

『警察庁ノマド調査官 朝倉真冬 男鹿ナマハゲ殺人事件』

『脳科学捜査官 真田夏希 イリーガル・マゼンタ』

『脳科学捜査官 真田夏希 ナスティ・パープル』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜3 夕映えの殺意』

警察小説アンソロジー『偽りの捜査線』

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎Ⅲ 創生』

『おんな与力 花房英之介 【四】』

『警察庁ノマド調査官 朝倉真冬 網走サンカヨウ殺人事件』

『脳科学捜査官 真田夏希 クリミナル・ブラウン』

『読んで旅する鎌倉時代』

『脳科学捜査官 真田夏希 ヘリテージ・グリーン』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜2 湯煙の蹉跌』

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎II 聖域』