Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「お散歩写真」の検索結果は以下のとおりです。

去年の今日、撮った富士山です。

夕富士2017.5.20


夕空が焼けそうだと期待して待っていたら、曇ってきてしまいました。
期待していた夕月も雲の中。

去年の今日、撮った富士山です。
出遅れたのですが、日没後の西空のグラデーションがきれいでした。


["Bohemian Rhapsody"]

"Bohemian Rhapsody"

幻聴は、Pentatonix(ペンタトニックス)で"Bohemian Rhapsody"(Pentatonix公式)
テキサス出身の五人組アカペラグループがQueenをカバーしています。
Queenファンの方からは異論もあるかもしれませんが、結構スゴイです。


["Bohemian Rhapsody(original)"]

"Bohemian Rhapsody(original)"

オリジナルはこちら。(Queen公式)
この曲が好きで好きで、中2の時にアルバム『オペラ座の夜』を買いました。
ジャズ小僧としては、珍しいロックのアルバムでした。
おこづかいは文庫本とLPにすべて消えて、ぜんぜん足りませんでした。

Pentax K-3 + DA☆50-135mmF2.8

黄金色の空でした。

夕空2018.5.19


今日の日没。
地表に近い雲がきれいでした。
開き直って電線を取るの図。



["Bridge Over Troubled Water"]

"Bridge Over Troubled Water"

幻聴は、英国のテノール歌手アルフィー・ボーで「明日に架ける橋」(Bridge Over Troubled Water)
活躍の幅が広い歌手です。(VEVO)



["Bridge Over Troubled Water(original)"]

"Bridge Over Troubled Water(original)"

ご存じ、サイモン&ガーファンクルの大ヒットです。
こちらがオリジナルです。

Pentax K-3 + DA☆50-135mmF2.8

すごくきれいな夕空でした。

夕空2018.5.17


久しぶりに、きれいに焼けました!甲斐 暑かったせいか、夏のような夕焼け空です。



["You Can Have Me Anytime"]

"You Can Have Me Anytime"

幻聴は、ボズ・スキャッグで"You Can Have Me Anytime"(VEVO)

映画『なんとなく、クリスタル』で"We're all alone"とともに使われてヒットしました。
第17回文藝賞を受賞した田中康夫さんのベストセラー小説の映画化で、1981年に公開されました。
ヒロインのかとうかず子さんが新人で、すごくきれいでした。
大学に入ったばかりの18歳の僕が、そんな世界に憧れたとか、憧れなかったとか……(笑)

おっと「なつかし昭和歌謡」第8弾だった。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

新緑が鮮やかな樹も残っています。

新緑2018.5.15


今日もよく晴れましたね。
緑陰が濃くなってきましたが、まだ新緑が鮮やかな樹も残っています。

新緑を見ていると、気持ちが少し昂揚してきて元気が出てきます。
なぜなんだろう。生命のエネルギーを感じるからでしょうか。
今日も元気に!



["Federkleid"]

Federkleid

幻聴は、"FAUN"で"Federkleid"(羽根)(ユニバーサル・ドイツ公式)
古楽器を採り入れて民族音楽や中世音楽を演奏するドイツのユニットです。"

Pentax K-3 + DA 55-300mm F4-5.8

近所のブラシノキが満開です。

ブラシノキ2018.5.14


よく晴れましたね。
新しい週が始まります。

近所のブラシノキが満開です。
青空を背にすると、赤さが際立ちます。
今週も元気で!



["Stop Me From Falling"]

Stop Me From Falling

幻聴は、カイリー・ミノーグで"Stop Me From Falling"

1990年代終わりから2000年代始め頃に大活躍した彼女ですが、2005年に乳がんを克服し、50歳となった現在も意欲的に歌っています。
今年リリースされたこの曲は、キューバの人気レゲトングループ″Gente De Zona(ヘンテ・デ・ソナ)″とのコラボです。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books