Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「お散歩写真」の検索結果は以下のとおりです。

今宵の月。

宵月_2018.1.15


今宵の月。
昨日が上弦の月でした。
朝から雲が多く雨も降りましたが、午後に入って天候が回復しました。

ゲラが編集部に無事に届き、ご担当編集さまからお電話を頂いて今回作のお仕事は終了。あとはご担当さまにおまかせです。
刊行のおりにはまたご案内しますね。



["Love Story"]

"Love Story"

幻聴は、パリ出身のシンガーソングライター、インディラ(Indila)で"Love Story"(公式)
インディラは三度目のご紹介になります。ちょっとオリエンタルテイストなフレンチ・ポップをどうぞ。



["Derniere Danse"]

"Derniere Danse"

ちなみに、以前にもご紹介した彼女のデビュー曲である"Derniere Danse"(最後のダンス 2013)は、4.9億回(!)というとてつもない再生回数となっています。(公式)

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

水仙がたくさん咲いています。

水仙_2018.1.14


夕方、ゲラを戻しにヤマト運輸の茅ヶ崎矢畑センターに行きました。
隣接して、桜の木に囲まれたこんもりと盛り上がった地形があります。
しめ縄などが張られて由緒ありげなのですが、もともと神社があった「本社丘」という場所だそうです。
咲き匂う水仙をヤマト運輸の駐車場からコンデジでパチリ。

寒さはいちばん厳しい季節に入って来ましたが、春はゆっくりと近づいて来ているのですね。

本社丘は源頼義ゆかりのお宮の跡地だとのこと。
★タウンニュース茅ヶ崎版2012年11月23日号


["春よ、来い"]

"春よ、来い"

幻聴は、ユーミンの『春よ、来い』清塚信也さんのピアノでどうぞ。(VEVO)

Canon PowerShot G9 X

連休二日目の夕空です。

夕暮れ_2019.1.13


連休二日目の夕空です。
昨日は東京で初雪が降ったそうですが、今日はいいお天気でした。
西と西南の空には少しだけ雲がありました。
皆さま、楽しい夜を!



["Someday"]

"Someday"

幻聴は、ルイ・アームストロング・オールスターズで"Someday"(公式)
大変珍しいサッチモのカラー映像です。
僕が生まれた1962年の収録ですが、音質も素晴らしいですね。
デンマーク"Storyville Records"の公式動画から。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

今日の残照です。

夕暮れ_2019.1.11


昨夕は駅のホームから素晴らしい夕焼けが遠くに見えて悔しい思いをしました。
リベンジと思ったのに、今日は期待したほどには焼けませんでした。
でも、一番星が見え始めた頃の残照はこんなにきれいでした。

それにしてもこの場所で撮るのは久しぶり。夏から撮っていないかも。
仕事場からわずかに150mなのに、そんなにも余裕がなかったのかなぁ……反省。

金曜日ですね。しかも、連休! 皆さま、楽しい週末の夜を!



["The Face I Love" (Seu Encanto)]

"The Face I Love" (Seu Encanto)

幻聴は、アストラッド・ジルベルトの歌で1967年にヒットした名曲"The Face I Love" (Seu Encanto)(公式)

作曲者の一人であるマルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)自身が、ピアノを弾きながら歌っています。
女性ヴォーカルは、ステイシー・ケント(Stacey Kent)です。
2014年に、ニューヨークの名門ライブハウス「バートランド」で開かれたこのライブはDVD化されています。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

今宵は三日月です。

三日月_2019.1.4


今宵は三日月です。
空気が澄んでいて雲がありません。
西南の夕空はきれいなグラデーションに染まりました。


["Hedwig's Theme"]

Hedwig's Theme"

幻聴は、ハリー・ポッターから「ホグワーツのテーマ」(公式)
合衆国のヴァイオリニスト、テイラー・デイビス(Taylor Davis)の演奏でどうぞ。。彼女は、YouTubeで世界的な人気を誇るヴァイオリニストです。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books