Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「お散歩写真」の検索結果は以下のとおりです。

今朝の南湖の左富士です!

富士0527


今朝の南湖の左富士。雪もずいぶん溶けました。
鳥井戸橋交差点の信号待ちの間に撮りました。
今日は、コンデジしか持っていなかったので、等倍切り出しの荒技だぁ。
画質が甘いのは許されよ……(゚ー゚;


["Serenade For Strings"]

"Serenade For Strings"

幻聴は、Hyclad(ハイクラッド)の演奏で、チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ第一楽章」

新感覚クラシックDuoの"Hyclad"
ヴァイオリンはYuiさん、ギターは伊藤芳輝さんのお二人です。
素敵な黄昏の海辺ですね。波が輝いています。
右手に江ノ島が見えている。ロケ地は稲村ヶ崎あたりでしょうか。
いいお天気だし、今夕は僕も西浜の黄昏を見ながらビールでも……。 うわーん、行けそうにない~(☍﹏⁰)

★"Hyclad" 4th Album リリースツアー
6月16日(金) の京都を皮切りに全国ツアーが始まります!

Canon PowerShot G9x

雨が上がって、少し蒸し暑くなりましたね

赤い花


雨が上がって、少し蒸し暑くなりましたね。
すぐ近所で咲いている赤い花。名前がわかりません。


["The Girl from Ipanema "]

"The Girl from Ipanema"

幻聴は幻聴は「イパネマの娘」(1962)

この名曲中の名曲は、アントニオ・カルロス・ジョビンが、僕が生まれた年に作曲したんですね。
今日は、カリフォルニア出身の"Elise Trouw"(イリース・トルー)のカバーでお送りします。
1999年生まれの彼女は、ピアノ、ドラム、ベースギター、ギターもこなすマルチプレイヤーだそうです。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

今夕の大山です。

大山


今夕の大山です。
昼のうちはヘイズ(もやのようなもの)が多く、富士はぼんやり。
夕方になって、空がすっきりしているのに気づきました。あわててカメラを持って久方ぶりに小出河畔へ急いだのです。
かなり暗くなっていましたが、夕空と大山のシルエットを写してみました。
ご存じの通り、江ノ島、箱根と並んで江戸っ子が大好きだった場所です。


「亡き王女のためのパヴァーヌ」

"Pavane pour une infante défunte"

幻聴はラベルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』
10日にはラベルが若き日に作曲したピアノ演奏でお送りしました。
今夜は成功した彼が、自ら編曲した管弦楽版をお送りします

ミラノのUniMi管弦楽団の演奏でどうぞ! 指揮はアレッサンドロ・クルデーレです(公式)

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8


近所で咲いているハコネウツギです。

ハコネウツギ


目立たないけど、素敵な花シリーズ。
すぐ近所で咲いているハコネウツギ(箱根空木)です。
その名の通り、神奈川県にはよく咲いていますが、実は箱根には少なく海沿いに多いそうです。

子どもの頃、山がちな鎌倉の実家に移り住んで、最初に覚えた花です。
白い花弁が次第に赤へと変化する不思議な花だからでした。
惹きつけられる香りを漂わせる花だからでもありました。
艶やかな香りではなく、ジャスミンに通ずる、すがすがしくフレッシュなノート。

季節感を出すために、僕が小説の中でよく使う、スイカズラ(忍冬)の仲間です。
このグループには、フレグランスの原料となる花が多いそうです。


[She's The One]

"She's The One"

幻聴は、ルーマニア出身の美女4人組"Amadeus Electric Quartet"(アマデウス・エレクトリック・カルテット)の演奏で"She's The One"をどうぞ。

Pentax K-3 + FA 77mmF1.8 Limited

「悪魔の植物」です……o(*・ロ・*)o

ジャガイモの花


何の花だ? 「悪魔の植物」です……o(*・ロ・*)o

――原産は南米アンデス山脈の高地といわれる。16世紀には、スペイン人によりヨーロッパにもたらされた。この時、運搬中の船内で芽が出たものを食べて、毒にあたったため「悪魔の植物」と呼ばれた。日本には、1600年ごろにオランダ船によりジャカルタ港より運ばれた。日本では当時は観賞用として栽培されたという。(Wikipediaより引用)

はい、そうです。
さっき撮った近所の畑のジャガイモの花です(^-^)/
いま盛んに咲いています。

観賞用だったのは、日本だけの話ではなく、スペインでもフランスでも、宮廷や貴族の館で花を愛でるために育てられたそうです。


「El Cóndor Pasa」

El Cóndor Pasa

幻聴はエクアドル出身のレオ・ロハス(Leo Rojas)で「コンドルは飛んでゆく」(El Cóndor Pasa)
彼はドイツを中心に活動しているフォルクローレ・ミュージシャンのようです。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books