Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

今枝友加さんのフラメンコライブに行ってきました!

今枝友加さんと
今枝友加さんと

昨夜は西日暮里のタブラオ「アルハムブラ」で開かれた今枝友加ライブ2016 "de ensueño"(夢)に行って参りました。
これほどのアルティスタが一堂に会するのか、と思わずうなるほどの出演者が勢揃いで、本当に素晴らしいライブでした。

「グアヒーラに寄せて」と題する僕の詩を採り入れて頂き、第一部「セバスティアンの夢~モロンの酒場より~」の楽しい舞台を創り上げて下さったことに、まずは心よりの感謝を申し上げます。
ダニエル・リコさんが演じたセバスティアンは、1898年のキューバ戦争終戦後、ハバナから尾羽打ち枯らして本国に戻り、羽振りのよかった昔をなつかしむ酔いどれ男のイメージにぴったりでした。

日本を代表するバイレのお一人、今枝友加さんのオープニングの「カラコレス」、エンディングの「タラント」とも、強烈なアイレに満ちた最高のフラメンコでした。まさに興奮のステージでした。

篠田三枝さん、井上泉さんと
左から篠田三枝さん、鳴神、井上泉さん

十年近くおつきあい頂いている篠田三枝さんのキレキレの踊りも、久し振りに拝見できてとても嬉しかったです。
篠田さんは僕の本をお読み下さっていて、昨夜も温かい励ましのお言葉を頂き感激でした。

ダニエル・リコさんと井上泉さんには、一昨年の11月にエルフラメンコで開かれた島崎リノさんの発表会で、一緒に舞台を踏ませて頂きました。
そのときの「コロンビアーナ」を、はるかにパワーアップして再演されました。ドキドキするほど素敵でした。

五人のカンテ(!)が、客席からお題をもらって、日本語で即興の歌詞を「ファンダンゴ」のメロディで歌うという「フラメンコ大喜利」(?)
こんなすごいことができるカンテの人たちを僕は知りません。
実力派カンテが揃ってこその楽しいひとときでした。

今枝友加さん、篠田三枝さん、島崎リノさん、松島かすみさんのバイレが勢揃いした「ロンディーニャ」も、圧倒的にパワフルなのに、愛らしさを表現していてうっとりでした。

ダニエル・リコさんと
ダニエル・リコさんと

フィン・デ・フィエスタ(終演)では、ダニエル・リコさんのMCで、作家鳴神響一のご紹介も頂き、恐縮の限りです。

超豪華な出演者は次の皆さまです(敬称略)

G:こうずゆうじ、柴田亮太郎
C:阿部真、有田圭輔、石塚隆充、ダニエル・リコ
CB:井上泉
B:今枝友加、篠田三枝、島崎リノ、松島かすみ
Per:容昌
Palma:吉田久美子

僕の詩の世界を広げて下さった今枝友加さん、ダニエル・リコさん。
ご縁を作って下さった島崎リノさん。
そしてすべての出演者の皆さま。本当にありがとうございました。
楽しい夢のような一夜でございました。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

今井亮太郎グループ “リオデジャネイロ→東京”祭に行ってきました!

8.17-01
熱いメンバー勢揃い


昨夜は、フラメンカのお友だちと、渋谷のJZ Brat Sound of Tokyoで開かれた今井亮太郎グループのライブに行って参りました。

熱気! 熱気! 熱気! 熱気の渦!
抜群のテクニックと卓越した音楽性が炸裂する熱い熱いブラジル音楽に出会うことができました。
4人のダンサーの皆さまのダンスもキュートで躍動感あふれてリオ顔負けでした。
おりしもリオ五輪開催中とあって、会場は最高に盛り上がりました。
昨夜の渋谷Jz Bratは、東京でいちばんリオに近い空間だったのではないでしょうか。

8.17-02
浴衣で超絶演奏


ライブのテーマがリオデジャネイロ→東京祭りだけに、今井さんと女性ミュージシャンは浴衣でステージへ。長い袖も何のその。和テイストでの超絶演奏にビックリ。
ステージにはひらつかたなばたまつりで飾られた灯籠もディスプレイ。平塚出身の今井さんならでは。
エンディングではダンサーの皆さまに誘われた僕たちオーディエンスも、ステージ前に集結。サンバのリズムにあわせて踊りまくってしまいました。

8.17-03
左から山下伶さん、鳴神、今井亮太郎さん


7月の平塚ライブに続けて、今井さんと赤羽さんの素晴らしい音色を拝聴できて幸せでした。
毎日のように聴いているアルバム「ホワイト・ボッサ」で大好きになった亀井恵さんの、あたたかかく表情豊かなマリンバの生音に出会えて嬉しかったです。
ゲストの山下玲さんのクロマティック・ハーモニカも忘れられない美しく豊かな響きでした。

「ホワイト・ボッサ」のジャケットデザインを手がけられたイラストレーターの鶴丸のどかさんともお知り合いになれて嬉しかったです。

ぜひ、こちらのアルバムを試聴してください。
昨夜の皆さまの素晴らしい音楽に触れることができます。

★今井亮太郎さんの"Cobalt Dance"
★赤羽泉美さん&亀井恵さんの"White Bossa"
★山下玲さんの"Beautiful breath"

 

昨夜の素晴らしいメンバーは次の通りです。(敬称略)

・今井亮太郎(Piano)
・赤羽泉美(Flute)
・Gustavo Anacleto(Sax)
・外園健彦(Guitar)
・大森輝作(Bass)
・“Alex”Alexandre Ozaki(Drums)
・Francis Silva(Percussion)
・亀井恵(Marimba)
・Kumi(Dance)
・Meg(Dance)
・Yuka(Dance)
・Amelia(Dance)
・ゲスト 山下伶(Chromatic Harmonica)

一夜明けたいまも、僕は酩酊感から抜け出せずにおります。
素敵な時間と空間にご招待下さった今井さん、心をうつ演奏をお聞かせ下さったメンバーの皆さま、本当にありがとうございました。
またぜひ、皆さまと熱い時間をともに過ごしたいです。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

昨日はエル・フラメンコのステージに出演させて頂きました。

8.11


半世紀以上も日本のフラメンコの牙城であり続けた新宿エル・フラメンコ。
たいへん残念なことに、七月で通常営業が終了してしまいました。
この八月は、閉店を惜しむ多くのフラメンコ・アーティストの舞台が続きました。

昨日は島崎リノさんのフラメンコスタジオ"DaiDai"の生徒さんたちが舞台を踏みました。
踊り手それぞれの万感の思いが伝わってくる熱いステージでした。
皆さまが踊る姿は、誰もが美しく、いきいきと輝いていました。

僕も第一部の「グアヒーラ」と第二部の「カルメン」で自作の詩を朗読させて頂きました。
この八月にエル・フラメンコの舞台を踏むことができ、感無量です。
このような機会を作って下さった島崎リノさん、本当にありがとうございました。

バックのミュージシャンは、次の皆さまでした。(敬称略)
熱いステージを素晴らしい音楽で支えて下さいました。
ステージに上った一人として、心より感謝申し上げます。

・尾藤大介(ギター)
・盛植俊介(ギター)
・ダニエル・リコ(カンテ)
・金高荘子(カンテ)
・容昌(パーカッション)

日本中のフラメンコを愛する人々とともに、復活の日を祈っております。
さよならは言いたくないです。
ありがとうエル・フラメンコ。
また会う日まで。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

昨夜は今井亮太郎さんと赤羽泉美さんのライブでした!

7.23-01


昨夜は、平塚のジャズ・バー「ピアノフォルテ」に、今井さんと赤羽さんのブラジリアン・ミュージックを聴きに伺いました。

今井さんの最初のCD「湘南―リオデジャネイロ 」を聴いた五年前から、お二人の生み出すブラジル音楽(ヴォサノヴァやサンバなど)が大好きです。
FBをきっかけにして、お二人とのSNSでのおつきあいが始まりました。
お目に掛かりたい。生演奏を拝聴したいという思いが、昨夜はようやく実現しました。

CDで大好きだった曲を、今井さんが奏でるピアノの横で拝聴できるという、贅沢で幸せな時間でした。
ヴォサノヴァの名曲もよかったですが、やはり今井さんのオリジナル曲が素晴らしかったです。
今井さんは、本当にメロディ作りがすごいです。
親しみやすく美しく風景を感じさせる旋律の数々。
「青い瞳のアドリアーナ」「雨上がりの午後」、「Olha Pro Ceu」……数え上げたらきりがありません。
すでに大きな舞台で大活躍なさっていますが、日本中の人が愛する音楽となると確信しています。

★今井さんのアルバムは、こちらで試聴できます。
"コバルト・ダンス~Cobalt Dance~"

赤羽さんのフルートは、僕の大好きな信州のさわやかな風や清らかな清流を思い出せてくれて心に染み入りました。
自然に包まれ、自然を見つめる人の心を、美しく描き出す、赤羽さんの感受性に心を打たれます。
生演奏に触れ、赤羽さんの音楽の持つ、やさしい癒やしの力をさらに痛感しました。

★赤羽さんのアルバムは、こちらで試聴できます。
"ホワイト・ボッサ ~Sweet Bossa Cafe~ "

ゲストプレイヤーとして参加された露木達也さんの繊細で明るいギターと、ジョアン・ジルベルト顔負けのヴォーカルも素敵でした。

★露木さんのアルバムは、こちらで試聴できます。
"agora" 

いきなりお訪ねしたのにもかかわらず、今井さんも赤羽さんも僕の本をお持ちになって下さっていたことも大感激しました。
お読み頂いているとは伺っていましたが、感無量でサインさせて頂きました。
また、僕の本について、会場のお客さまにご紹介まで頂いて、本当に嬉しかったです。

もうすぐブラジリアン・ミュージックのふるさと、リオデジャネイロでオリンピックも開催されます。
今井さん、赤羽さん、露木さん、日本のブラジリアン・ミュージックをもっともっと盛り上げて下さい。

昨夜は素晴らしい時間をありがとうございました。遠からぬ日にまたライブに伺います。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

アルハムブラでフラメンコを楽しんで参りました!

7.15-01


昨日は老舗タブラオ(フラメンコ酒場)である西日暮里の「アルハムブラ」にフラメンコのステージを観に行って参りました。

 

二度目に拝見する土井まさりさんのステージ。昨夜は小粋で鮮烈なアイレに富んだ「アレグリアス」が大変に素晴らしく、つよく印象に残りました。
いつもお世話になっている島崎リノさん。タブラで初披露というキレキレの「カーニャ」。マントンが意思を持って生きているかのように宙に翻りました。
初めて拝見した小島裕子さんの「ソレア」。透明感いっぱいの自由自在なサパテーアードが印象的でした。悲しみと孤独を表情豊かに表現していらっしゃいました。

小島さんは歴史好きでいらっしゃって、「影の火盗犯科帳〔一〕」をお読み頂いているとのこと。とても嬉しいです!

ベテラン川島桂子さんの歌声は、いつも聴いても洒脱で素晴らしいです。
逸見豪さんのリリカルなのに力強くドラマチックなギターも印象的でした。

昨夜のステージにお誘い頂いたのは、十年来の友人で、フラメンカでもある中川陽子さんです。
中川さんは僕が小説を書き始めた頃から、拙い原稿を読んで下さっています。
歴女であり、司馬遼太郎の作品はほとんど読んでいるという彼女に、長年、僕はたくさんのアドバイスを頂いてきました。

出演者の皆さま、とても素敵な時間でした。お疲れさまでした。
中川さん、素晴らしいライブにお誘い頂きありがとうございます。遠からぬ日にまた、ご一緒しましょう。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books