Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

日没前の南空です。

夕空_2018.12.8


締め切りに追われている鳴神です。
今夕も期待したほどには焼けませんでした。
日没前の南空はこんな感じでした。



["Happy Xmas (War Is Over)"]

"Happy Xmas (War Is Over)"

幻聴は、"Happy Xmas (War Is Over) "
ジョシュ・グローバン(Josh Groban)のカバーでお送りします。(公式)

今日は太平洋戦争が始まった日であり、ジョン・レノンが凶弾に倒れた日でもありますね。平和への祈りを込めて。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

夕空は冬らしい雰囲気になってきました。

夕空_2018.12.7


金曜日。
皆さま、一週間お疲れさまでした。

久しぶりのお散歩写真です。
今夕は、きれいには焼けませんでした。

今週はあたたかい日が多かったですね。
でも、夕空は冬らしい雰囲気になってきました。
よい週末を!



["White Christmas"]

"White Christmas"

幻聴は、ウエストライフ(Westlife)で"White Christmas"(公式)
以前にも"The Ros"という曲をご紹介したアイルランド出身の五人組ヴォーカルグループです。
今年の3月に6年ぶりに再結成したそうです。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

★★昨夜は都内で打ち合わせでした★★

渋谷_2018.12.5


昨日は都内で新刊の打ち合わせでした。
ベテラン編集のご担当さまから、レジェンドの大物作家の先生方のエピソードなども伺うことができ、とても勉強になりました。

いろいろなお話しをしているなかで、たくさんの勇気を頂戴し、新しい作品に向ける気持ちを新たにすることができました。
ご担当さま、お忙しいところ貴重なお時間を頂き、まことにありがとうございました。


["Jingle Bells"]

"Jingle Bells"

幻聴は、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)で"Jingle Bells"(公式)
彼女は"ノー・ダウト"のボーカリストでもあります。

Canon PowerShot G9 X

★★本日刊行です!★★

『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』


『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』(幻冬舎文庫)本日刊行となりました。
今朝の朝日新聞朝刊には広告も掲載して頂いています。 皆さま、どうぞよろしくお願い申しあげます。

――謎解く鍵は人の心よ。
 祝儀能殺人事件を解決した労を称えられ、稲生下野守から茶会に誘われた多田文治郎。世に名高い陶芸家・沼波弄山が主催する茶会は趣向を凝らした宴席へと続いたが、山場となった江戸では珍しい「普茶料理」の最中、厠に立った客が何者かに殺される。犯人は列席者の中に? 手口は? 文治郎の名推理が始まった。人気の時代ミステリ、待望の第三弾! (幻冬舎作品紹介より)

『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』

・装幀:重原 隆
・幻冬舎文庫:税込583円
・ISBN-10:4344428110
・ISBN-13: 978-4344428119

皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!


["Bach: Harpsichord Concerto No.1"]

"Bach: Harpsichord Concerto No.1"

幻聴は、J.Sバッハのチェンバロと弦楽のための協奏曲 第1番 ニ短調。(Warner Classics)
フランスの若きチェンバロ奏者ジャン・ロンドー(Jean Rondeau)の演奏です。

★★新刊のお知らせです!(12月第1弾)★★ 

『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』


新刊のお知らせです。
『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』(えどばんこのずいうん ただぶんじろうすいりちょう)が、幻冬舎文庫から12月6日(木)に刊行となります。
本格時代ミステリ第三弾! 今回作では、日本陶芸史に類を見ず、現代にはそのまま継承されなかった幻の「古萬古焼」を編み出した沼波弄山(ぬなみろうざん 1718-1777)にフォーカスを当てました。

史実でもイケメンだったと伝えられる学者の多田文治郎(後の沢田東江 1732-1796)が、沼波弄山主催の酒宴で起きた奇怪な殺人事件の謎を解き明かします。素敵な装幀は、おなじみ重原 隆先生の手によるものです。

――謎解く鍵は人の心よ。
 祝儀能殺人事件を解決した労を称えられ、稲生下野守から茶会に誘われた多田文治郎。世に名高い陶芸家・沼波弄山が主催する茶会は趣向を凝らした宴席へと続いたが、山場となった江戸では珍しい「普茶料理」の最中、厠に立った客が何者かに殺される。犯人は列席者の中に? 手口は? 文治郎の名推理が始まった。人気の時代ミステリ、待望の第三弾! (幻冬舎作品紹介より)

★『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』★

・装幀:重原 隆
・幻冬舎文庫:税込583円
・ISBN-10:4344428110
・ISBN-13: 978-4344428119

全国各地の書店さまで予約開始となっています。
皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!


["Bach: Harpsichord Concerto No.1"]

Bach: Harpsichord Concerto No.1"

幻聴は、J.Sバッハのチェンバロと弦楽のための協奏曲 第1番 ニ短調。(Warner Classics)
フランスの若きチェンバロ奏者ジャン・ロンドー(Jean Rondeau)の演奏でお送りします。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books