Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

ゴールデンウィークもいよいよ最終日が暮れてゆきます。

田ノ浦の入日


ゴールデンウィークもいよいよ最終日が暮れてゆきます。
皆さまはどんなお休みを過ごされたのでしょうか。
ほぼ仕事オンリーでしたが、僕はとてもハッピーなGWでした!
写真は10年前の田ノ浦海岸の夕暮れ。日本海に赤い夕陽が沈んでゆきます。


「Oh Happy Day」

"Oh Happy Day"


幻聴は、ドイツのハンブルクを根拠に活動を続けるコーラスグループ「エインジェルレラズ(Angelrellas)」の歌う"Oh Happy Day"をお送りします。


「I will follow him」

"I will follow him"

こちらもおすすめ"I will follow him"(ともに公式)

※Pentax K-10d + FA 77mmF1.8 Limited

10年前の今日は山の中にいました。

  • 2017/05/06 12:46

荒川の桜


10年前の今日の想い出。
粟島からの帰り道、山形県の小国へ向かう国道113号線の橋から望む翡翠色の荒川。
やわらかい小雨の降るなか、咲き残りの桜が嫋々と咲いておりました。
この後、米沢から喜多方を経由して、いつものように下道で茅ヶ崎まで帰りました。
県道メインの、のんびり旅なので、渋滞とは無縁でした。


「See You Again Zither"」

"See You Again Zither"


幻聴は、Lily Liuの古筝の演奏で "See You Again Zither"(公式)

※Pentax K-10d + FA 77mmF1.8 Limited

★★時代小説SHOWで『影の火盗犯科帳〔三〕』の書評を頂きました!★★

『影の火盗犯科帳〔三〕』(提供:角川春樹事務所)


「時代小説SHOW」で、文芸評論家の理流(Riryu)さまに『影の火盗犯科帳〔三〕~伊豆国の牢獄』(角川春樹事務所)の書評を頂きました。

とても素敵な書評です。皆さまに、ぜひお読み頂きたいです。

――著者の最新単行本『天の女王』にも通じるスケールの大きなクライマックスで、胸が躍りました。

お言葉に、大きな勇気を頂くことができました。
次回作へのパワーが湧いて参ります。

理流さまには、先日も『天の女王』の書評を頂きました。
続けてのご紹介、大変にありがたいです。心より感謝申し上げます。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。


★★細谷正充先生に書評を頂きました★★

ランティエ2017.6


5月1日刊行の『ランティエ』(角川春樹事務所)6月号「ニューエンタメ書評」のコーナーで、文芸評論家の細谷正充先生に『天の女王』(H&I)の書評を頂きました。

――当時のスペインの状況や、多数の実在人物を組み込んだストーリーも鮮やか。スペインを愛する作者だから書けた良作だ。(抜粋)

ご評価、大変にありがたく、これからの執筆への大きな勇気を頂けました。

「――なお、踵を接するように発売された『影の火盗犯科帳〔三〕伊豆国の牢獄』(ハルキ文庫)も面白かった。鳴神響一、絶好調である。(抜粋)

ご期待に背かぬよう、精進して参りたいと存じます。

★細谷先生には2月22日にご刊行の『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(河出書房新社)の中でも、拙作『鬼船の城塞』をお採り上げ頂きました。

細谷先生、本当にありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

【追記】この記事がYahooニュースで読めます!

5年前のゴールデンウィークの想い出。

ニホンカモシカ


5年前のゴールデンウィークの想い出。
長野県塩尻市の郊外で出会ったニホンカモシカくんです。

特別天然記念物ですが、好奇心が旺盛らしく、どの個体もすぐに逃げたりしません。
こちらを観察してくるので、シャッターを切りやすいです。
以前にもご紹介しましたが、ポーズをとってくれてかわいいのでもう一度。


「Tír na nÓg」

"Tír na nÓg"

幻聴は、ケルティック・ウーマンで"Tír na nÓg"(ティル・ナ・ノーグ) ドイツのシンガーOonaghをフィーチャー(最初にソロで歌う女性)(VEVO公式)

ティル・ナ・ノーグ……呪文っぽい言葉ですが、ケルト神話に出てくる妖精の国(常若の国)のことだそうです。

※Pentax K-10d + DA 55-300mm F4-5.8


ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books