Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

いま、空を見上げて撮ってみました。

望月1202


今宵は望月(十月十五夜)です。
いま、空を見上げて撮ってみました。中空高く望月が冴えております。


["How High The Moon"]

"How High The Moon"

幻聴は、アレクシア(Alexia Vassiliou)で"How High The Moon"
「月」にまつわる曲探しも、知っているミュージシャンではそろそろ限界となってきました……。
ヘ(__ヘ)☆\(^^; ポカッ ←月の写真アップしすぎだろ~。
アレクシアさん、トルコ共和国出身のヴォーカリストです。
もちろん、知らなかった人ですが、歌も演奏もなかなか素敵です。

Pentax K-3 + DA 55-300mm F4-5.8

★★新刊、幻冬舎さまより刊行です!★★ 

『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』


お待たせ致しました。
12月6日に『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』幻冬舎文庫から刊行となります!

――浪人者の多田文治郎は江ノ島・鎌倉見物のあと足を伸ばした米ヶ浜で、浦賀奉行所与力を務める学友の宮本甚五左衛門に出会い、対岸の猿島で起きた殺しの検分に同道してほしいと頼まれる。甚五左衛門が「面妖な事件」と評したことに興味をそそられ、承諾した文治郎。酸鼻を極める現場で彼が見たものとはいったい……? 驚天動地の時代ミステリ!(幻冬舎文庫の内容紹介より)

【多田文治郎が探偵役!】 そうです。「影の火盗犯科帳」シリーズで、山岡景之の謎解きを助けるあの多田文治郎(後の沢田東江)が主人公です。
史実でも「柳橋の美少年」と呼ばれ、吉原でモテモテだったというイケメンの文治郎。
諸学に通じた才を活かして、横須賀・猿島で起きた凄惨な六人殺しの謎に迫ります。

【時代小説に馴染みの薄い方にもオススメ!】
レーベルも、幻冬舎時代小説文庫ではなく、幻冬舎文庫からの刊行です。
鳴神響一初の本格時代ミステリをどうぞお楽しみ下さい。

【鮮烈なブックデザインは、重原隆先生!】
大沢在昌先生の直木賞受賞作『新宿鮫 無間人形』や、『スティーブ・ジョブズ~Walter Isaacson』を初め、たくさんの作品を手がけられた大ベテランのブック・デザイナーさまです。

★ 『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』★
皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!
幻冬舎文庫 税込み745円
ISBN-10: 4344426789
ISBN-13: 978-4344426788

★電子版も12月6日に同時発売!(予約受付中)★

Kindle版

iBooks版

楽天Kobo版


※画像提供:幻冬舎


電線で休む鳥。

鳥1129


今夕はあまり焼けませんでした。
電線で休んでいた鳥を撮ってみました。


["Never Left At All"]

"Never Left At All"

幻聴は、Nils Wülkerで"Never Left At All"
ドイツのジャズ・トランペッターですが、この曲のように、フリューゲル・ホルンを吹くことが多いようです。
ヴォーカルはRob Summerfield(公式)

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books