Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

フラメンコ協会の新人公演が始まりましたね!

Yuzora_2018.8.24_01



台風第20号が列島を通り過ぎましたね。
皆さまお住まいの地域では大きな被害は出なかったでしょうか。
台風の名残のせいか、今夕はドラマチックな空が見られました。

Yuzora_2018.8.24_02


今日から日曜日にかけて、日本フラメンコ協会「新人公演」が開催されます。
27回を数えるこのコンクールは、フラメンカにとっては一大イベント。
なかのZERO大ホールで、18:00にはステージの幕が開いています。

Yuzora_2018.8.24_03


今夜も何人かの友人たちが挑戦しています。
みなさん、実力を発揮され、悔いなく演技なさることをお祈りしております。
今年は応援に行けなぁい(☍﹏⁰)
みんな、頑張れ~!



"Alegrias"

"Alegrias"

幻聴は、"Alegrias"(アレグリアス=喜び)の全曲をお送りします。(CANAL FLAMENCO公式)
この動画は11:34ありますが、フラメンコは10分前後の曲が多いです。
アルティスタの集中力ってスゴいなっていつも思います。
バイラオーラ(女性の踊り手)は、アンダルシア舞踊団のソリスト、アナ・モラーレス(ANA MORALES)
2015年には来日したそうです。ole! guapa!

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

★★縄田一男先生に「私が選んだベスト5」に選んで頂きました!★★


『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』

『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』

――縄田一男「私が選んだベスト5」 夏休みお薦めガイド

『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』(祥伝社文庫)を「夏休みのお薦め」5冊の中に、お選び頂きました。

"Book Bang"に掲載されました。「週刊新潮」8月16日号の記事です。
縄田先生、8月に二回もお取り上げ頂き、本当に嬉しいです。心より感謝申しあげます。
これから夏休みという皆さま、飛行船月光号で夜空の旅を!

  

――空の密室で相次ぐ殺人と怪死! 犯人は隣にいるあの人か――?
   名探偵・宮沢賢治の推理が冴え渡る。

★『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』祥伝社文庫(864円税込)
装画:中村至宏
装幀:bookwall
ISBN-10: 4396344392
ISBN-13: 978-4396344399

★★週刊新潮に『能舞台の赤光』の書評が掲載されました!★★

週刊新潮2018.8.30号



発売中の「週刊新潮」8月30日号で、文芸評論家の 縄田一男先生が、鳴神響一作品をお採り上げくださいました。

「時代小説、ミステリーに八面六臂の活躍、鳴神響一の新作」※ネットで読めるようになりました。

ページ3/5のボリュームのある記事で、鳴神の全シリーズのご紹介を頂きました。

――これだけのシリーズを抱えて、どれも作品の質が高いのには恐れ入る。今回も、さて、どのシリーズを取り上げようかとさんざん迷ったのだが、『猿島六人殺し』に続く、〈多田文治郎推理帖〉第二弾『能舞台の赤光』を扱うことにした。

とのお言葉に続けて、素晴らしい書評を下さいました。
最後の部分を引用します。

――時代小説ファンが読んでも、推理小説ファンが読んでも間違いなしの一巻だ。

大変にありがたく光栄です。

縄田先生は歴史・時代小説の評論については、最も知られるお一人です。 朝日時代小説大賞の選考委員も、長らくお務めになっていらっしゃいます。

縄田先生にはたくさんの書評を頂いておりますが、「週刊新潮」では、8月16日号でも『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』をご紹介頂きました。
今週号では大きくお採り上げ頂き、最近の鳴神作品全体へのご評価を頂戴し、本当に感謝しております。

縄田先生、本当にありがとうございました。
お言葉を胸に、精進して参りたいと存じます。
今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど、何とぞお願い申し上げます。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード