Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

小出川の新緑と富士

小出川の新緑と富士


昨日とは打って変わって曇り空ですね。
すきっと晴れていた昨日の朝の小出川から望む富士をもう一枚。
ぼんやりとした気候でなんとなく眠いですが、朝寝していられないのです。


「誰も寝てはならぬ」

『誰も寝てはならぬ』


幻聴は、ADESSO+のホセ・アントニオ・モレスさんの『誰も寝てはならぬ』
プッチーニのオペラ『トゥーランドット』のアリアです。
チェコのボヘミア・シンフォニー・オーケストラ・プラハの公式動画から。指揮はYoung Chil Lee
火曜日のステージの感動がまざまざと蘇ります。

※Pentax K-3 + DA 12-24mmF4


富士とヤマザクラ

富士と山桜


今朝は、この季節には珍しく、富士がくっきりと望めました。
ソメイヨシノは散ってしまいましたが、小出川堤の山桜はまだ元気です。


「最上川舟歌」

『最上川舟歌』(KK Club公式動画)


幻聴は、ケン・カタヤマさんで『最上川舟歌』
三人で詠唱なさった一昨日のステージが鮮やかに思い浮かびます。

※Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8


ADESSO+の東京公演に行って参りました!

ADESSO+1


昨夜は北千住シアター1010で開催されたADESSO+JapanTour2017の東京公演に行って参りました。

たくさんのオペラや劇団四季の客演ソリストを初め、クラッシック・クロスオーバーの世界で幅広くご活躍なさっているケン・カタヤマさんと、スペインから来日中のホセ・アントニオ・モレスさん、ヴィクトル・ディアスさん。
昨年の七月、月島スペインクラブのライブでその素晴らしい歌声に魅了された三大テノールです。

 

豊かで色気ある歌声のカタヤマさんの歌声をもっと聴きたくて、九月にはヒルトン東京で開かれたケン・カタヤマさんのバースデイ・ライブにもお邪魔しました。

ADESSO+2


昨夜は、たくさんのバック陣を迎えての、大変に豪華なコンサートでした。
ケン・カタヤマさんを中心に、オペラのソリストとしてご活躍でパバロッティ賞にも輝く正統派テノールのホセ・アントニオ・モレスさん、スペインの人気ミュージカル・スターであるヴィクトル・ディアスさん。
三人の個性がとてもよく活かされていて、三人三様の圧倒的な表現力と超絶の技巧を持つ歌声に酔いしれ続けました。
700人の会場全体が何度も何度も陶酔のうずに包まれるドラマチックな二時間半のコンサートでした。

ADESSO+3


ゲストの劉玉英さん、山田姉妹の歌声も素敵でした。
バックミュージャンの皆さまも実力派揃いで、さらに第二部では奥村伸樹さん指揮のオーケストラの伴奏が入って、とてもゴージャスな雰囲気でした。
また、ステージを支える音響・照明・舞台監督などの皆さまのお力も素晴らしかったです。

第一部はイタリアの名曲を中心にメジャーなナンバーが並び、幕開けの『IL CANTO』からどんどん引き込まれていきました。
ケン・カタヤマさんの『THE IMPOSSIBLE DREAM』(見果てぬ夢)は、ご存じ『ラ・マンチャの男』をテーマにしたナンバー。
カタヤマさんのちょっと甘くて豊かな叙情性を持つ歌声の魅力が余すところなく発揮されていました。
三人で歌う『CON TE PARTIRO』から『MY WAY』と続いた第一部のエンディングは、最高の盛り上がりを見せていました。


「祈り」

ケン・カタヤマさんの『祈り』(公式動画)

ゲストの歌姫たちのやさしくつややかな歌声で始まった第二部。
引き続く「ジャパネスク・クロスオーバー」と題した四曲はまさに圧巻でした。すべてカタヤマさんのオリジナル曲です。
スペインと日本の文化の音楽を通じた融合の世界――『天地人組曲』『幻想花』『最上川舟歌』、そして『祈り』が会場にもたらした感動は、本当に大きなものでした。
これからの日本のクラシック方向性のひとつをはっきりと示唆するステージだ。そう、僕には感じられました。


「山猫」

ホセ・アントニオ・モレスさんの『山猫』(公式)

この後のプログラムでは、ヴィクトル・ディアスさんが歌うジルベール・ベコーの名曲『ET MAINTENANT』(そして今は)が小粋で洒脱でした。
また、ホセ・アントニオ・モレスさんが、僕の大好きなプッチーニの『誰も寝てはならぬ』を歌って下さって嬉しかったです。
カタヤマさんのスペイン語と独唱に後から二人が加わる『グラナダ』も最高でした。 終演の『ADESSO~今~』を聴いたときは、終演の淋しさに包まれました。
アンコールの『オー・ソレ・ミオ』でももの足りず、もっともっと聴いていたかったです。

シアター1010にいたすべての人が、三人の歌声と音楽の楽しさを満喫したに違いありません。
終演後は、そんな時間を共有した全員での写真撮影でした。
ステージからカメラを向けられて客席のみんなで「ブラボー!」
初めての経験でした。これもまた楽しかったです。
長時間でありながら、まだまだずっと聴き続けていたい余韻に浸って、ホールから出ました。
ADESSO+の皆さま、感動の時間を本当にありがとうございました。
また、素晴らしい歌声を必ず聴きに伺います。

ADESSO+3


今回は、イラストレーターでモデルでもいらっしゃる瓜谷茜エヴァさんにお誘い頂き、素敵な時間をご一緒できました。 第二部で歌われた『祈り』のスペイン語訳詞は、エヴァさんの作品です。

ADESSO+3


お母さまの瓜谷アウロラさんとも、初めてお目に掛かれました。とても明るく豊かな話題をお持ちの素敵な方でした。
お二人とは、スペインのさまざまな話題を初め、楽しいお話しがたくさんできて本当に嬉しかったです。
お二人とも、本当にありがとうございました。また、楽しい時間をご一緒したいです。

【ADESSO+ JapanTour2017】
4月21日には名古屋公演が予定されています。 とても贅沢なコンサート。本当におすすめです!

※写真は瓜谷茜エヴァさん、瓜谷アウロラさんからご提供頂きました。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード