Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

ある日の海8 「水仙の岬」

咲き匂う水仙

数年前の今頃の季節、伊豆半島南端近くの爪木崎を訪ねたことがある。
爪木崎は、水仙の群生地として知られ、年によっても異なるが、今の季節がちょうど見頃である。

群落が輝く

群落近くに設けられた遊歩道に、一歩足を踏み入れると、辺り一面に白い輝きが拡がる。
写真では、ほんの一部しか写せなかったが、相当に広範囲に咲いている。
爽やかな潮風に乗った咲き匂う水仙の香りが、心を豊かに満たしてくれる。

岬から利島を望む

岬の先端に立つ灯台からは、伊豆諸島の利島が、こんなに近くに望める。
写真には写せなかったが、左手には大島が、さらに近く大きく見える。

新島、三宅島、御蔵島

目の前に横たわっている島は、同じく伊豆諸島の新島である。
背後にうっすらと見えている島は、なんと、三宅島。
僕は、伊豆半島から三宅島が肉眼で望めるとは知らなかった。
もっとも、明治期には、南伊豆はもちろんのこと、焼津や清水の漁師たちが、カツオを求めて、六丁櫓の和船を三宅島近くの大原野島まで、漕ぎ出していた。
ある時代小説を書くために、調べていて大変に驚いた記憶がある。 右隣には、御蔵島の島影も浮かんでいる

浜辺に憩う人々

白砂の美しい浜辺には、憩いを求めて、多くの人々がたたずんでいた。
一月いっぱいは、観光協会主催の「水仙まつり」も開催されている。
晴れた日曜日などに、カメラ片手にふらりと出かけるのに、おすすめの土地である。


ある日の森5 「みにくいアヒルの子」  

みにくいアヒルの子

アンデルセンの『みにくいアヒルの子』を知らない人はないと思う。
みにくいアヒルの子にシンパシーを感じたり、廻りのアヒルたちに怒りを覚えた人も少なくないだろう。
みにくいアヒルの子が、美しいハクチョウに成長するシーンに感動を覚えた人もいるかもしれない。

でも、ハクチョウのヒナの姿を知っている人って、意外と少ないのではないだろうか。
ヒナではないが、オオハクチョウの幼鳥はこんな姿をしている。
僕は、カワイイと思うのだが、いかがだろう?
当然ながら、自然界ではアヒルと一緒に育ったりしないので、廻りから、いじめられるわけもない。
この幼鳥くんも、のんびりとした明るい表情でモデルになってくれた。
この写真も、前回のエントリーと同じ時に、屈斜路湖の砂湯で撮ったもの。

もう一度、読んでみたいという方は、アンデルセンの全文を文豪の菊池寛が、昭和3年に翻訳した作品が『青空文庫』で読める。
子ども向けの絵本とはちょっと違うイメージかもしれない。


ある日の森4 「湖畔にくつろぐハクチョウたち」 

屈斜路湖砂湯にくつろぐハクチョウたち

湖畔にくつろぐオオハクチョウ。
撮影場所は阿寒地方の屈斜路湖。
撮影したのは、ちょうど今頃の時期。
極寒の地なのに、湖が凍っていないのが不思議でしょう?

ご存じの方も多いとは思うが、屈斜路湖には湖畔に温泉の湧出する場所が、何カ所か存在する。
この写真を撮った場所は、東岸の砂湯である。
背景の湖上に漂うのは、霧ではなく湯煙というわけ。
オオハクチョウたちが、のんびりゆったりしている表情が、なんとも楽しくてシャッターを切った。

みんなに紹介したくて、Wikimedia.commonsにアップしといたら、なんとイギリスのBirdwatch誌がサイトで使ってくれた。
撮影者冥利に尽きるとはこのこと。
※追記:今年に入って記事は削除されたようです。(2017.7)


ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード