Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

『フラメンコと異文化交流』


『フラメンコと異文化交流』

"El Jaleo"(1882)
John Singer Sargent (public domain)

話題のサイト『歴史行路』さまが、自作紹介「引札収集棚」のコーナーに、鳴神響一の原稿を掲載して下さいました。

『私が愛したサムライの娘』の構想の原点にあるフラメンコについて書かせて頂きました。
「フラメンコと異文化交流」と題しました。
ご覧頂ければ幸いです。

「引札収集棚」のコーナーには、秋山香乃先生、鈴木英治先生、佐々木裕一先生、早見俊先生、芦川淳一先生、飯島一次先生の諸先輩がご執筆なさっています。(掲載順)
人気歴史時代小説作家の自作への熱い思いを知ることができます。ぜひどうぞ!

お声をお掛け下り、ページのアップまで丁重にご対応頂いたご担当さま、心より御礼を申し上げます。

『アマルフィの休日』

「アマルフィの休日」

オードリー・ヘプバーンの"最新"CMです。

イギリスの「Galaxy」というチョコレート会社のCMで、イギリスとアイルランドで放映されたものです。
あまりに素敵で、何度も見てしまいました。

撮影地は南イタリアのアマルフィ。
中世には海洋都市国家が存在した素敵な街です。まさに『アマルフィの休日』ですね。

このCMについて「?」とか「!」と思って下さった方……。 ぜひ、こちらの紹介記事もご覧下さい。

土曜日は鈴木ゼミでした。


SKY


土曜日は鈴木重生ゼミの日でした。
今回は、第153回芥川龍之介賞受賞作である又吉直樹氏の『火花』が題材でした。

法学部の出身なのですが、僕の大学には専門課程に進む前に教養課程にもゼミがありました。
僕が選んだのは鈴木重生教授のゼミでした。
テーマは「大衆小説の面白さを考える」……なんと、今の仕事にちゃんとつながっているでしょ?

我が師、鈴木重生先生はフランス文学者であり、小説家としてもご活躍なさっていらっしゃいます。ご専門はヌーヴォー・ロマンです。

先生は昨秋で90歳を迎えられました。
先生の舌鋒の鋭さは僕の学生時代と少しも変わっていません。
今回も僕は先生からたくさんの新しいお教えを頂くことができました。
そして、先生は現在も小説を書いていらっしゃいます。今日も新作の掲載された雑誌を頂戴して大感激でした。

先生や仲間との出会いから35年も経っています。
当時のワカモノたちはすっかりオジサンになってしまいました。
でも、なんと言っても嬉しいのは鈴木先生をお迎えして、こうしてゼミが続けられていることです。
当時のゼミについては、前回のゼミの記事に詳しく書きましたので、ご覧頂ければ幸いです。

今回は残念ながら、女性メンバーをはじめインフルエンザなどで欠席者が続出という状況になってしまい、参加できたゼミ員は四名でした。
最大で十名程度が参加したこともあります。
いついつまでも、あと二十年くらいはこのゼミを続けられたらと、心から願っています。

鈴木先生、僕たちを教え導いて下さって本当にありがとうございます。
これからも末永く変わらぬご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード