Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

伊藤芳輝さんのライブに行って参りました!

伊藤芳輝さんと

伊藤芳輝さんと

先週の金曜日は平塚のライブスポット"Woodsop"で開かれた伊藤芳輝さんのギター・ソロ・ライブに行って参りました。

スパニッシュ・コネクションを初め、"Hyclad"や"B.S.Q"、そして伊藤芳輝トリオなど、たくさんのバンドやユニットを率いる伊藤さん。
昨夜もまた、大感激のソロライブでした!

「ジャニー・ギター」で始まった第一部は、僕の大好きなオリジナル曲の「 愛しくもせつなく」へと続きます。
「ひまわり~シェルブールの雨傘メドレー」「イパネマの娘」など幅広いジャンルから選ばれたナンバーは、すべてが驚くべきテクニックとともに芳輝ワールドとして展開されます。

二部は、ブラジルの名曲「白い翼(アーザ・ブランカ)」のシンプルなメロディを、驚くべき変奏曲と変えてスタート。
オリジナル曲の「アトスのファルーカ」、「伝説の風(ファナティスモ)」「アストリア」……どの曲もあふれるほど豊かな表現力を持っていて、ギターってここまでの力を持つ楽器なんだと、あらためて痛感した時間でした。

昨夜の素晴らしいステージは、あまりにも激しく美しい「星のフラメンコ」で締めくくられました。
アンコールの「花祭り」では、伊藤さんが弾くフォルクローレを初めて聴くこともできました。

完成された技倆と豊かな音楽性を、さらにさらに向上させていらっしゃる伊藤さん。 伊藤芳輝って、なんてスゴいミュージシャンなんだって、あらためて、うなり続けた昨夜のステージでした。

昨夜の演目からオリジナルを二曲ご紹介。


「アトスのファルーカ」

平松加奈さん、吉見征樹さんとのユニットである"スパニッシュ・コネクション"の演奏で「アトスのファルーカ」パーカッションは仙道さおりさん。


「アストリア」

こちらはYuiさんとのユニット" Hyclad"の演奏で「アストリア」

十年以上の前からのファンで、ステージ外でも大変にお世話になっている伊藤さんですが、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
これからも、素晴らしい伊藤芳輝ワールドを、世界中の人にプレゼントし続けていって下さい!

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

散歩道の椿は元気で咲いています。

散歩道の椿
散歩道の椿は元気で咲いています。


「アレグリアス0」

幻聴は、エストレージャ・モレンテが歌う「アレグリアス」(公式動画)

「アレグリアス」は、フラメンコの代表的な明るいパロ(曲種)です。
4月10日刊行予定の拙作『天の女王』(H&I)にも登場します。
偉大なカンテ(歌い手)のエンリケ・モレンテを父に持ち、母はバイレ(踊り手)という、生まれながらのフラメンカ。彼女は踊りも上手だそうです。


Tangos del cerro

エストレージャ・モレンテが、歌いながら踊っている動画です。(公式)
歌いながら踊る女性のアルティスタを「ルンベーラ」と呼びます。ルンバ系の曲で踊るためです。(この曲はタンゴ系なので呼び方が違うかも)

しかし、フラメンコの公式動画って探すの大変……。
ああ、ステージ観に行きたいなぁ。

※Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8


お江戸の船旅をして参りました。

神田川コース


昨日はお江戸の船旅をして参りました。
幡大介先生とご一緒できました。
ガイドの方のご説明が素晴らしかったです。

神田川コース24


乗船したのは「江戸東京」号です。
★NPO法人 東京中央ネット「江戸東京号」神田川コース

神田川コース4

多くの皆さまにお世話になりました。
皆さま、ありがとうごさいました。


「常磐の老松」

幻聴は、常磐津「常磐の老松」 花柳貴彦さんの舞です。(公式)

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books