Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

★★谷津矢車先生に『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』』のご感想を頂きました!★★

ノウゼンカズラ


『安土唐獅子画狂伝 狩野永徳』(徳間書店)、『しょったれ半蔵』(小学館)『おもちゃ絵芳藤』(文藝春秋)など、意欲的な作品を次々に上梓され、大活躍なさっている歴史時代小説界の超実力派若頭、谷津矢車先生。
ツイッターに『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』』の素晴らしいご感想をご投稿くださいました。
僕の原点を冒険小説とご理解頂いてのご評価、本当に嬉しいです。

谷津先生のお許しを頂いてこちらに転載させて頂きます。 皆さまにも、ぜひ、お読み頂ければありがたいです。


――鳴神響一「謎ニモマケズ」(祥伝社)を拝読し始めているのですが、この著者さんの原点たる冒険小説だ! とワクワクしている今日この頃。
「謎ニモマケズ 名探偵宮沢賢治」(鳴神響一 祥伝社)読了。眼前で起こったロシア人司祭の殺人によって、宮沢賢治は列強の巨大な暗闘に巻き込まれてしまう。なぜ司祭は殺されたのか、そしてなぜ列強は日本で暗躍しているのか。
鳴神響一先生はとかく広げる風呂敷が大きな作家で、異文化との衝突と相互理解を好んで描かれる方だという印象がありますが、本作もまさにそんな一作。
東北という特殊な地、そしてその地に集う国家的謀略、そしてある秘密、ある「お宝」を巡る謀略戦……。そう、本書は正統な冒険小説なのです。
「秘密」「お宝」とはなにか。ネタバレになるのであえて述べませんが、確かにこの「秘密」はぶっとんでいながらも説得力があるぎりぎりのところを提示なさっているな、と思いました。――


谷津先生、本当にありがとうございます。
拙作について正統な冒険小説とのお言葉を頂き、とてもありがたいです。
次回作への大きな勇気を頂けました。
これからもどんどん大風呂敷を広げて参りたいと存じます。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

『安土唐獅子画狂伝 狩野永徳』(徳間書店)
意欲的な画道小説を書き続けて来られた谷津先生が、今作では、きらびやかな安土城障壁画誕生への永徳の闘いを描きます!

――「貴様に絵を頼みたい」。織田信長からの依頼は、計百枚にも及ぶ安土城障壁画だった。信長の機嫌を少しでも損ねたら、自分の首が飛び、家が絶えかねない。狩野派の行く末を案じ逡巡する永徳だったが、すべてを捨てて安土に向かうことを決意する。一世一代の大仕事。己の魂を筆にのせた迫真の絵は、覇王を納得させることができたのか? 天才絵師の孤独な闘いを描いた、絵師小説の決定版! (徳間書店サイトより)

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

今宵の小望月の月の出です。

小望月2018.6.27


今宵の小望月の月の出です。東空は雲が少ないです。
明日は満月ですね。



["14番目の月" ]

"14番目の月"

幻聴は、荒井由実で「14番目の月」(松任谷由実公式)

と、30秒ではあまりに物足りないので……。



["Moonlight Shadow" ]

"Moonlight Shadow"

グルーヴ・カヴァレージ(Groove Coverage)で"Moonlight Shadow"(suprimerecords公式)
ドイツのユーロトランスバンドです。
活動は続いていますが、最近聴かないので、ちょっとなつかしいな。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

彩雲出ました!

彩雲2018.6.27_01


気圧が下がって強い風が吹いていますね。
雲がドラマチックに動いています。ラピュタの空みたい。

彩雲2018.6.27_01


太陽の近くだけど、8:15頃の東の空に、五色の雲、彩雲が出ていました。 なにかいいことがありそうな予感~♪



["Carrying You&The Wings of Honneamise" ]

"Carrying You&The Wings of Honneamise"

幻聴は、「プラチナジャズ」(Platina Jazz )で "Carrying You" (from Castle in the Sky) &"Main Theme "(from The Wings of Honneamise)(抜粋)

「プラチナジャズ」は、スウェーデンのラスマス・フェイバーの率いるプロジェクトで、「天空の城ラピュタ」(久石譲)と「王立宇宙軍 オネアミスの翼」(坂本龍一)二つのアニソンのメドレーです。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード