Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

北野たつみ先生が、真田夏希のイラストを描いて下さいました!

『脳科学捜査官 真田夏希』北野たつみ画


イラストレーターの北野たつみ先生が、真田夏希のイラストを描いて下さいました~(≧∇≦)
とっても素敵な夏希を、ありがとうございます~☆
北野先生は、七尾与史先生『すずらん通り ベルサイユ書房』(光文社文庫)の表紙イラストをはじめ、さまざまな媒体でご活躍です。

皆さまに愛されて、『脳科学捜査官 真田夏希』絶好調が続いています!


"Beautiful"  by  甘茶の音楽工房   
swf

 

今日の夕暮れです。

夕暮れ2018.1.11


なんだかんだと忙しく、小出川までの散歩をさぼっております。
夕暮れの山もこんな風に電線の間からしか見られません。


["Cheek to Cheek"]

"Cheek to Cheek"

幻聴は、"Forever Gentlemen"の再登場で"Cheek to Cheek"(公式)
世界の10人ほどのシンガーが、曲ごとに2~3人ずつ集まって歌うプロジェクトで、こちらは二枚目のアルバムから。
歌っているのは、タル ・ベネズリ (女性:イスラエル)とコルネイユ(男性:ドイツ)の二人です。

Pentax K-3 +  DA☆ 50-135mmF2.8

★★末國善己先生に『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』の書評を頂きました★★

『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』(提供:幻冬舎)


文芸評論家の末國善己先生が、角川春樹事務所PR誌「ランティエ」2月号(1月1日刊)誌上に『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』の書評を下さいました。

「ニューエンタメ書評」のコーナーで、書影入りのボリュームのある記事ですが、一部を抜粋引用させて頂きます。

――容疑者が徐々に減っていく中でのフーダニットも、多彩なトリックを使ったハウダニットも、なぜ被害者が集められ、なぜクローズド・サークルで殺されなければならなかったのかに迫るハウダニットも完成度が高く、これらを実在の人物を使いながら描いて見せた著者の手腕は脱帽ものだ。

ありがたいお言葉に、興奮してしまいました。大感激です。
初めての本格ミステリだけに、本当に大きな勇気を頂戴することができました。
さらに精進して、次回作に取り組んで参りたいと存じます。

末國義己先生は、時代小説・ミステリー分野の文芸評論やアンソロジー編纂などで大活躍なさっていらっしゃいます。
末國先生には、これまでも雑誌等の媒体で『私が愛したサムライの娘』『鬼船の城塞』『影の火盗犯科帳』などの書評を頂いております。
あらためて、心より御礼申し上げます。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

ウェブで全文読めるようになりました。「ニューエンタメ書評」(新聞・出版社の書評総合情報サイト「ブックバン」に1月17日掲載)

★末國善己先生のプロフィールはこちら。


"神々の宿る場所"  by  甘茶の音楽工房   
swf

 

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード