Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

昨夜は霜月十五夜でした。


霜月十五夜


昨夜は霜月十五夜でした。天文学的にも満月です。
夕方には激しく雷が轟く荒れ模様であきらめていましたが、夜に入ってきれいに雲が晴れました。
写真は23:00ころに撮ったもの。
この後にふたたび雨が降りましたが、快晴の朝を迎えました。
めまぐるしい一夜でした。



["Have Yourself A Merry Little Christmas]

"Have Yourself A Merry Little Christmas"

幻聴はハンナ・カー(Hannah Kerr)で"Have Yourself A Merry Little Christmas"(公式)
ニュー・ヨーク生まれのクリスチャン・ミュージシャンです。

Pentax K-3 + DA 55-300mm F4-5.8

★★Web-ジェイノベルにエッセイを書きました★★


オホーツクの落日


実業之日本社の文芸Webマガジン"Web-ジェイノベル"にエッセイを書きました。短いエッセイなのでお読み頂ければ嬉しいです。
写真は第1位の「オホーツクの落日」です。

「忘れられない旅空ベスト3」



[""Miracle"]

"Miracle"

幻聴は、サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)で"Miracle"(公式)
YOSHIKIとの共演です。

OLYMPUS C5060WZ

★★南伽耶子さまにご感想を頂戴しました!★★


『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』


ライターの南伽耶子さまが、ツイッターに『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』の素敵なご感想をご投稿下さいました。
お許しを頂いてこちらに転載致します。皆さまにも、お読み頂ければありがたいです。

――鳴神響一 先生の『令嬢弁護士桜子』読了。 世田谷・大田区他からなる城南地区の外れ。多摩川駅、田園調布駅、奥沢、目黒、五反田など生活圏ともろにかぶる地域が舞台で思わず笑ってしまったし、桜子のお祖母さんや小学校の同級生、先生たちもどこかですれ違っているよう。ああいう人たち、います。
以前インタビューで、多視点の脳内カメラを駆使して物語を組み立てる、と仰っていた先生らしく、徹頭徹尾桜子さんの目線になって話を組み立てているので、陰惨な事件が起こっていても世界は穏やかでどこか優しい。その優しさは、桜子自身が『人から信じてもらえなかった寂しさ』を身に刻んでいるから。
そして同分野の警察ミステリ―・真田夏希シリーズより(初回なのに特に)登場人物の数を絞っているし、描写も濃淡はっきり。人物描写的な記述が絞られてどんどん進んでいく話の中で語られていくので、テンポが特に快い。
そして特筆すべきは『若い人たちに対する愛ある描き方』だと思います。
お嬢様でありながら適度に地に足がついている弁護士・桜子が当番になった、殺人容疑で身柄を拘束された男は冤罪を主張し、桜子もそれを直感するのだけど、そこから事件が意外な方向に転がっていく要因は、若い人に対する作者の暖かい視線だと思うのです。
そして突然のパーカー&ペネロープネタw 若者組で言うなら、畠山君と武田ちゃんがイキイキ、細川君も喰えない面がチラ見する魅力的なキャラ。そしてとっても気になる吉良さん。
身近な世界のようで、そこはフィクションのエンタメにすっきりろ過された世界。続刊を楽しみにしています。
(当地生まれの旦那は大受けしながら読んでいました)――

作者が気を遣ったところをご評価頂き、本当にありがたいです。心より感謝申しあげます。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、お願い申しあげます。

『大地の闇と孤独を取り込んで』~人気作家・鳴神響一
南さまには東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」でインタビューして頂きました。(新田美和さま名義)

澄んだ西南の空が心に沁みました。


西空_2019.12.8


今日の仕事場前の夕暮れ。
澄んだ西南の空が心に沁みました。
素敵な1週間となりますことを!



["Happy Xmas (War Is Over)"]

"Happy Xmas (War Is Over)"

幻聴は、クリスティーナ・ペリー(Christina Perri)で"Happy Xmas (War Is Over)"(公式)
クリスマスソング特集始めます。
ジョン・レノンが凶弾に倒れた日に世界の平和を祈って。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

★★谷津矢車先生に素敵なご感想を頂きました★★


『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』


鋭い視点で歴史を切る歴史時代小説界の若手ホープ、谷津矢車先生。(僕より先輩です)
ツイッターに谷津先生が『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』(幻冬舎文庫 )の素敵なご感想をご投稿下さいました。
谷津先生のお許しを頂いてこちらに転載致します。 皆さまにも、お読み頂ければありがたいです。

――『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』 (鳴神響一 幻冬舎文庫) 読了。田園調布の一角に屋敷を構える一色家の令嬢桜子は、正義感溢れる弁護士だった! 新米弁護士として働く彼女の元に、殺人事件の弁護依頼がやってきたのだったが……。
人気好調な『真田夏希』シリーズを筆頭に、数多くの現代ミステリや時代小説シリーズを抱える著者さんの最新作。執筆対象への丁寧な取材と、エンタメの文法を自家薬籠中の物にしている安定の作品。
著者さんの描く女性主人公はもちろん事件とも戦っているのだけれど、実は男社会ともバチバチのバトルを繰り広げていて、たぶん著者さんは心の中に女性がいるのだと確信しております。
地に足のついた筆運びで、それゆえに本作で用意された趣向が効いている、そんな印象を受けました。また、桜子の浮世離れしたセレブぶりもよいアクセント。続刊が楽しみな一冊。

谷津先生、本当にありがとうございます。
新シリーズだけに、大きな勇気を頂戴できました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。

★谷津矢車先生の最新刊です!★
『桔梗の旗』(潮出版社)

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。フラメンコファンで「パセオ」誌に『祝祭のアレグリアス』を連載中です。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books

『斗星、北天にあり 出羽の武将 安東愛季』

『脳科学捜査官 真田夏希 デンジャラス・ゴールド』

『脳科学捜査官 真田夏希 エキサイティング・シルバー』

『刑事特捜隊「お客さま」相談係 伊達政鷹』

『脳科学捜査官 真田夏希 パッショネイト・オレンジ』

『令嬢弁護士桜子 チェリー・カプリース』

『エスパーニャのサムライ~天の女王』

『脳科学捜査官 真田夏希 ドラスティック・イエロー』

『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』

『おいらん若君 徳川竜之進 5 昇龍 完』

★『脳科学捜査官 真田夏希 クライシス・レッド』

『おいらん若君 徳川竜之進 4 凶嵐』

『おいらん若君 徳川竜之進 3 伏魔』

『脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト』

『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』

『鬼船の城塞 南海の泥棒島』

『斗星、北天にあり』

『おいらん若君 徳川竜之進 2 仇花』