Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

金曜日ですね。

東海岸_2019.3.9_3


今金曜日ですね。今週もお疲れさまでした。
先日のお散歩写真、ラストの一枚です。
茅ヶ崎東海岸で国道134号を渡る第一中学校前の歩道橋から望む富士山。
一中は加山雄三さんや桑田佳祐さん、それから杉本哲太さんが卒業した市立中学校です。
三日月の浮かぶ西空を手持ちで撮ってみました。



["果てなく続くストーリー"]

"果てなく続くストーリー"

幻聴は、MISIAで「果てなく続くストーリー」
皆さま、よい週末を!

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6


今日は横浜で打ち合わせでした。

横浜_2019.3.12


ベイクォーターで敬愛する編集者さまと新作の打ち合わせでした。
新しい世界を描くことに心が躍っています。
僕にとっていままでない挑戦になることと思います。
全力投球で頑張って参りたいと思います。

編集者さま、貴重なお時間をありがとうございました。
今後ともご指導のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。



["Charade"]

"Charade"

幻聴は「シャレード」
オードリー・ヘップバーンとケーリーグラントが共演した1963年のお洒落ミステリー映画のテーマです。
数え切れないほどカバーされてきたテーマはヘンリー・マンシーニの手によるのもの。

イタリアのニコラ・コンテ(NICOLA CONTE)がプロデュースしたクラブ・ジャズ・アレンジをお送りします。
1995年にコンテが立ち上げ、イタリア国内にクラブ・ジャズ&ラウンジ・ブームを巻き起こしたSchema(スケーマ)レーベルの公式動画から。(静止画だけど)

Canon PowerShot G9x

昨日の夕景をもう一枚。

東海岸_2019.3.9_2


今日は朝から薄曇りでしたが、夕方に入ってとうとう雨が降ってきてしまいました。
昨日、撮った茅ヶ崎の東海岸ヘッドランド付近からの夕景です。
昨日の写真より20分ほど後で18:00頃です。



["WAVE"]

"WAVE"

幻聴は、昨日に続いてアントニオ・カルロス・ジョビンの"WAVE"(公式)
ブラジル南部の都市、ノヴォ・アンブルゴを根拠地とする"Orquestra de Sopros De Novo Hamburgo"の演奏をどうぞ。

Pentax K-1 + TAMRON SP AF70-200mm F2.8

久しぶりのお散歩写真です。

東海岸_2019.3.9


2月1日の「しまむら」の看板の写真以来で、なんと40日近くもお散歩写真を撮っていませんでした。
この間、私用と執筆で忙しかったのですが、ぼちぼち再開しようと思います。

再開第一段は、茅ヶ崎の東海岸ヘッドランド付近から撮ったシャンパン色の夕暮れです。
今日はいちにち風が強かったですね。この時間もたくさんの人がサーフィンをしていました。

東海岸_2019.3.9_2


飛び砂が舞っていました。顔に当たって痛いなかで撮った2枚です。
建物が見えているあたりがサザンビーチです。



["WAVE"]

"WAVE"

幻聴は、ボサノヴァの名曲"WAVE"
今夜は、ブラジルのギタリスト、マリオ・アヂネー(mario adnet)の率いるバンドの演奏でどうぞ。
はアントニオ・カルロス・のバンドにギタリストとアレンジャーとして参加していたミュージシャンです。
ジョビン作品集のアルバムもリリースしています。
ブラジル、リオデジャネイロのレコードレーベル"Biscoito Fino "の公式動画から。

昨日は東京で打ち合わせでした。

東海道線_2019.3.8


昨夜は東京でご担当編集者さまと新作の打ち合わせでした。
楽しい時間を過ごすなかで、いろいろなことをお教え頂きました。
ご担当さま、お忙しいところ貴重なお時間を頂戴し、まことにありがとうございました。

読者さまに楽しい物語をお届けするために、全力投球して参ります。
今後ともご指導のほど、何とぞよろしくお願い申しあげます。

写真は多摩川を渡っている東海道線の車窓から。
電線などをカットするためにトリミングしてみました。



["Ginza"]

"Ginza"

幻聴は、J. バルヴィン(J Balvin)で"Ginza"(公式)
コロンビア出身のレゲトン・シンガーです。ラテン・ポップ界のトップスターとも呼ばれています。
以前、別バージョンをお送りしましたが、こちらはオリジナルバージョンです。

Canon PowerShot G9x

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books