Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

空が澄んでいて、小望月がきれいです。

小望月2018.4.29


夜空を見上げてみて。
空が澄んでいて、小望月がとてもきれいです。
14番目の月ですが、ほぼ満月に見えます。



["Moonglow"]

"Moonglow"

幻聴は、ロッド・スチュワートで「ムーン・グロウ」(Moonglow)(VEVO)

1956年公開のハリウッド映画『ピクニック』のなかで、ウィリアム・ホールデンとキム・ノヴァックのダンスシーンで使われました。
キム・ノヴァックが彗星のように美しかったです。

実は映画よりずっと古い1934年に作曲されています。
ベニー・グッドマン、ビリー・ホリディ、ドリス・デイなどが、すでに演奏したり歌ったりしていました。
この映画でより人気が高まったというわけです。
現在はスタンダードナンバーになっています。

Pentax K-3 + DA 55-300mm F4-5.8

今宵の十三夜の月の出。

十三夜月2018.4.28_01


皆さま、どんな夜をおすごしでしょうか。
今宵の十三夜の月の出。
時間を変えて二枚撮ってみました。
畑向こうの住宅の窓に夕陽が反射しています。

十三夜月2018.4.28_01


今日は風が強かったので、夕空が澄んでいました。
こちらは、近所のお宅の庭木と一緒に。



["Quiet Nights"]

"Quiet Nights"

幻聴は、ダイアナ・クラールで"Quiet Nights"(公式)
そう、アントニオ・カルロス・ジョビンの「コルコバード」です。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

連休初日。快晴ですね

新緑2018.4.28_01


連休初日。快晴ですね!
まさに行楽日和です。

でも、僕はいつも思うんです。
神奈川や東京は、GWの頃の新緑がいちばんキレイなんじゃないかって。
ほら、なんてことない近所の樹もこんなにキレイなんです。

左上の飛行物体は、そう見えないけど、ツバメです。
ツバメが帰ってきて飛び交うさわやかな季節となりましたね。

新緑2018.4.28_01


だから、どこにも出かけなくたって、家のまわりが楽しいんです。
楽しいなぁ。そう、楽しいんだ(☍﹏⁰)



["二時間だけのバカンス"]

"二時間だけのバカンス"

幻聴は、宇多田ヒカルで『二時間だけのバカンス』
椎名林檎とのデュエット入ってます。
え、シチュエーションが違うって?

皆さま、素敵なバカンスをおすごし下さい(*^∀゚)ъ

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

ムクドリと雲間の月です。

ムクドリと宵月2018.4.27


陽が長くなりましたね。
今日は雲が多かったです。
夕方、外に出てみたら、少し晴れた空が見えました。
ムクドリと雲間の月を撮ってみました。



["Voi che sapete"]

「恋とはどんなものかしら」

幻聴は、スロバキア出身のソプラノ歌手、パトリツィア・ヤネチコヴァ(Patricia Janečková)で「恋とはどんなものかしら」(Voi che sapete)

モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」より。
どんな女にでも恋をしてしまう困った若者、伯爵の小姓ケルビーノが歌う有名なアリエッタです。
ズボン役……つまり、男装の女性歌手がつとめる役柄で、本来はメゾ・ソプラノが歌います。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

★★日経新聞に書評が掲載されました!★★


『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』


☆☆
『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』☆☆


昨日4月26日の日本経済新聞夕刊「目利きが選ぶ三冊」のコーナーで文芸評論家の縄田一男先生に『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』(双葉文庫)の書評を頂きました。

――常に読者の期待を裏切らない作者の(中略)凝りに凝った一篇。

とのお言葉大変に嬉しいです。

また、★四つ(最高は五つ)の高評価を頂きました。
第二巻への大きな勇気を頂けました。

縄田一男先生は歴史・時代小説の評論については、最も知られるお一人です。
朝日時代小説大賞の選考委員も、長らくお務めになっていらっしゃいます。
また、中山義秀文学賞の選考委員でもいらっしゃいました。

縄田先生には『鬼船の城塞』『影の火盗犯科帳〔二〕』『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』などでも書評を頂いております。

今回作でもお採り上げ頂き、本当に感謝しております。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books