Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

デビュー1周年を迎えることができました

新雪の穂高岳(10月下旬)


新雪の穂高岳(10月下旬)

昨年の今日、10月1日に拙作『私が愛したサムライの娘』を、北方謙三先生、今野敏先生、角川春樹社長のご選考により、第6回角川春樹小説賞受賞作として世に出して頂きました。

今年の6月には、(株)角川春樹事務所さまから『鬼船の城塞』を刊行して頂きました。
9月には(社)日本作家クラブさまに『私が愛したサムライの娘』を第3回野村胡堂文学賞に選んで頂きました。

角川春樹事務所の書籍編集部の皆さま、校閲の皆さま、装幀の多田和博さま、装画のヤマモトマサアキさまのお力で、二冊の本は世に出して頂きました。
また、読者さまのお手元にお届け頂いた、営業部の皆さま、全国の書店員の皆さまに、心よりの感謝を申し上げます。

温かい応援のお言葉を下さった先輩作家の先生方、素晴らしい書評を書いて下さった文芸評論家の先生方、さまざまなお教えを頂いた編集者さま、二作を取り扱って下さいました新聞・雑誌のご担当の皆さまには、お礼の言葉も見つからないほどです。

何よりも僕の本をお読み頂いて、おもしろいと感じて下さった全国の読者の皆さまに、感謝の気持ちを忘れた日はありません。

おかげさまで、とても充実した、素晴らしい一年を送ることができました。
少しでもおもしろい小説を書くために精進して参ります。
これからも鳴神響一を、何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

タウンニュース茅ヶ崎版にインタビュー記事が掲載されました。

今日、9月25日発行のタウンニュース茅ヶ崎版に、インタビュー記事が掲載されました。

地元につよい影響力を持つタウンニュース茅ヶ崎版です。
茅ヶ崎の皆さまに、市立図書館講演会のご紹介とごあいさつをする機会を頂いて、とても嬉しいです。

本当にありがとうございました。 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

『私が愛したサムライの娘』が第三回野村胡堂文学賞を受賞しました。

『私が愛したサムライの娘』(提供:角川春樹事務所)


鳴神響一  『私が愛したサムライの娘』

拙作、『私が愛したサムライの娘』を(社)日本作家クラブが主催する第三回野村胡堂文学賞に選んで頂きました。

日本作家クラブは、1949年創立の伝統ある団体で、初代会長は『銭形平次捕物控』の作者として知られる野村胡堂です。

野村胡堂文学賞は、銭形平次の生みの親、胡堂の業績を顕彰する目的で創設された、比較的新しい文学賞です。

デビュー作だけに、本当に感激しております。
選考委員の先生方、関係者の皆さまには篤く御礼申し上げます。

※昨日の毎日新聞夕刊に第一報が掲載されました。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード