Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

今夕のドラマチックな雲!

夕空2018.3.15


今夕は雲が不思議にドラマチックでした。
ひこうき雲と一緒に撮ってみました。


["David Garrett - Stairway To Heaven"]

"David Garrett - Stairway To Heaven"

幻聴は、合衆国のヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレット(David Garrett)で『天国への階段』

 


["Led Zeppelin - Stairway to Heaven"]

"Led Zeppelin - Stairway to Heaven"

「なつかし昭和歌謡」第7弾はこちら
本家レッド・ツェッペリン『天国への階段』(抜粋:1975年ライブVer.)

1971年にリリースされたツェッペリンの代表曲です。
1978年に高校に入学したとき、下校の音楽がこの『天国への階段』で大感激しました。

興奮して放送委員会に入り、ラジオ番組作りにいそしむ三年間となりました。
部という形式ではありませんでしたが、OB会もしっかりしており、全力投球の課外活動でした。
コンクール前など、深夜までこっそり居残って、録音・編集作業をしていて、学校警備員さんに発見されて追い出されたこともあります。(あたりまえだ)
アナウンス練習も毎日やってたんですよ(^-^)

Pentax K-3 + DA 55-300mm F4-5.8

やっぱり富士山でした!

富士2018.3.14


4日にお伝えした富士山が、ようやく今朝、明るいところで確認できました。 いやー、仕事場からこんな近くで富士山が見えたとは……。 長い間、気づきませんでした。やっぱり見えるのはせいぜい三畳に満たない場所ですね。

水仙2018.3.14


さすがに昼間は風景写真にならない場所なので、目の前の道に咲いている水仙もどうぞ。とてもよい香りが楽しめました。


["Pua Kiele"]

"Pua Kiele"

幻聴は、"Pua Kiele"(キエレの花)を、ホワイトデーのプレゼントに。
愛する恋人を、甘い香りのするキエレ(クチナシの仲間)の花に例えて歌うフラソングです。以前もご紹介しましたが、素晴らしい動画なのでぜひ!
ハワイで大人気のジョシュ・タトフィ(Josh Tatofi)の歌でお送りします。

フラの最大の祭典は毎年4月に行われるメリー・モナーク・フェスティヴァルです。日本時間で4月6日(金)~4月8日(日)の三日間、ハワイはたくさんのフラファンであふれかえります。日本からも多くのプロや教室が出場します。

動画の踊り手は、昨年のミスアロハフラ準優勝に輝いたジュリエン・マチコ・カロケ・カルナ(Julyen Machiko Kaloke Kaluna)さんです。とても優美なフラですね。

ミス・アロハ2017は大激戦で、ジュリエンさんと優勝したレイラニ・ニコル・ ウィルソンさんの差はわずかに0.2ポイントだったそうです。大変な栄誉であることはいうまでもありません。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

昨夜はスパニッシュコネクションのライブに伺いました!

左から平松加奈さん、鳴神、伊藤芳輝さん、吉見征樹さん、箭島裕治さん

左から平松加奈さん、鳴神、伊藤芳輝さん、
吉見征樹さん、箭島裕治さん


11月20日に続けて、スパニッシュ・コネクションがまた平塚サンタナに来て下さいました。 十数年来のファンとしては、嬉し涙が止まりません。。 拙作『天の女王』は、実はスパコネを聴きながら書き上げたのです。

平松加奈さんとともに

平松加奈さんとともに


スパニッシュコネクションは、世界にほかに二つとない音楽ユニットです。 伊東芳輝さんのフラメンコギター、平松加奈さんのジプシーヴァイオリン、吉見征樹さんのタブラ(インドの太鼓)
三人のヴァーチュオーゾが生み出す音楽性の見事な融合は、誰にも真似ができません。
昨夜のゲストは、いつもライブを支えていらっしゃるベーシストの箭島裕治さんです。

ステージの伊藤芳輝さん

ステージの伊藤芳輝さん

興奮のステージは、スペイン・カタロニア民謡「鳥の歌」で幕を開けました。
スパコネ風にお洒落にアレンジされた「星のフラメンコ」、超絶の「禁じられた遊び」と熱演が続きます。伊藤さんのオリジナル曲でたとえようもなく美しい旋律を持つ「いとしくもせつなく」……大好きなこの曲ではいつも胸が熱くなります。
さらに、メンバーの皆さまが、すべての音楽をご担当なさったNHK人形劇「新三銃士」のテーマと、同作から「ロシュホールのテーマ」「アトスのファルーカ」も演奏してくださいました。

ステージの平松加奈さん

ステージの平松加奈さん


もう最高!
ライブツァーの五日目ということもあって、四人の息が本当にピッタリでした。
ステージで、メンバー皆さまが、あたたかいアイコンタクトを取っていらっしゃる姿が、写真にも写っています。 メンバーそれぞれの個性が生み出す豊穣な音楽性と洒落たエスプリを、類を見ない技術とすぐれたセンスが支えます。
スパコネを聴いたことのないという方には、とにかく一度お聴き頂きたいです。

ステージの吉見征樹さん

ステージの吉見征樹さん


素晴らしい演奏は続きます。珍しいギリシャ民謡「シルトス」、ビゼーの「カルメン」から「ハバネラ」と世界中の音楽の旅できるのもスパコネの楽しいところ。

エンディングは伊藤さんオリジナル曲の「伝説の風」で、各地から駆けつけたファンたちで会場全体が熱く盛り上がりました。
昨夜の素晴らしいライブは、ピアソラ「リベル・タンゴ」のアンコールで大興奮のうちに幕を閉じたのでありました。

ステージの箭島裕治さん

ステージの箭島裕治さん


二部では、スパニッシュコネクションの皆さまがすべての音楽をご担当なさったNHK人形劇「新三銃士」のテーマと、同作から「アトスのファルーカ」も演奏してくださいました。
昨夜の贅沢なライブは、アンコールの「リベル・タンゴ」で大興奮のうちに幕を閉じました。

伊東芳輝さんと平松加奈さんのお二人は、この春、それぞれリーダーアルバムをリリースされます。伊藤さんはなんと二枚同時リリース。
むろん、三枚とも即買いです。皆さまのますますのご活躍が楽しみです。


["「愛の剣~アトスのファルーカ」"]

"「愛の剣~アトスのファルーカ」"


昨夜も演奏された新三銃士「愛の剣~アトスのファルーカ(前段)」をスカパーの動画からどうぞ!(スカパー・ミュージックエア公式)

昨夜は、本当に幸せな時間をありがとうございました。
お疲れのところ、こころよくお話し下さり、写真も撮らせて頂き、とても嬉しかったです。
遠からぬ日に、また、ライブに伺います。

★伊藤芳輝さんのブログ

Canon PowerShot G9x

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード