Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

昨夜は新作の打ち合わせでした!

新宿西口


昨夜は新作の打ち合わせでした。
新しいお仕事について素晴らしい方向性が決まりました。
ご担当編集者さまより、貴重なお教えをたくさん頂くことができました。心より感謝申し上げます。
帰りの湘南新宿ラインの車窓から満月を眺めつつ、自分は本当に人に恵まれているなと、幸せを噛みしめながら帰りました。


「Cantiñas y Fin de Fiesta por Alegrías」

"Cantiñas y Fin de Fiesta por Alegrías"

幻聴は、"Cantiñas y Fin de Fiesta por Alegrías"
現代フラメンコ界の女王と呼ばれるサラ・バラスのステージをどうぞ。
アンダルシアの州都セビージャのテレビ局"Canal Sur"の公式動画です。


「SARA BARAS "Voces" entrevista exclusiva」

"SARA BARAS "Voces" entrevista exclusiva"

スペイン在住のフラメンコ・ジャーナリストで、「パセオ・フラメンコ」誌にも記事を書いていらっしゃる東 敬子(Keiko Higashi)さまが、サラ・バラスにインタビューをなさって、動画をアップされています。(日本語字幕付)
これは貴重な動画です! ぜひご覧下さいませ。

※Canon PowerShot G9x


☆☆meong食堂さまが『天の女王』の熱烈応援をして下さっています!☆☆

meong食堂


ご覧下さい。このボード!
『天の女王』への愛にあふれています!!
本当に本当にありがとうございます~(≧∀≦)

meong食堂さまは、毎週のように伺っている茅ヶ崎東海岸のイタリアンベースのレストランです。
先日は角川春樹事務所とH&Iのご担当編集さまとの打ち上げでもお邪魔しました。
今夜は感激のボードの前でYukaさんとツーショット!

オーナーシェフの森本さんは、長年、一流の料亭で板前をおつとめだった「和」の料理人さん。
厳しいプロの目で選んだ食材を鍛え抜いた腕で素晴らしい味へと変え、肩の凝らないカジュアルなお料理を出して下さいます。
季節の素材を活かしたアラカルトもパスタもピザも、すごーく美味しいです。Yukaさんがお作りになるドルチェも、超おすすめです。


「Can't Take My Eyes Off You 」

"Can't Take My Eyes Off You"(VEVO)

幻聴は、アンディ・ウィリアムスとデニース・バン・アウトンのデュエットで「君の瞳に恋してる」

【meong食堂Facebook】
茅ヶ崎にお越しの時にはぜひ!
美味しいお料理が待っています。

茅ヶ崎市東海岸南2-10-2 イーストコート2F
0467-87-0750
定休日:月曜日、第1・3火曜日

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

雨上がりのツツジ

雨上がりのツツジ


雨が上がったので、すぐ近くの郵便局まで用足しに行きました。
ツツジの花にたまった雨のしずくがきれいでした。


「Pavane pour une infante défunte」

"Pavane pour une infante défunte"

幻聴は、ラベルの名曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』をベルトラン・シャマユのピアノ演奏でお送りします。

この曲は、『天の女王』の副主人公であるディエゴ・ベラスケスが描いた『王女マルガリータ』に、感銘を受けて作曲されたと言われています。
マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ王女は、作中に出てくるフェリペ4世の娘です。(母はイサベル王妃ではなく、次の妻です)
実際には22歳まで生きて、後に神聖ローマ皇帝レオポルト1世の最初の皇后となりました。

Retrato de la infanta Margarita (3), by Diego Velázquez

『青い衣装のマルガリータ』(Public Domain)

ベラスケスが描いた王女の肖像画は何枚もあり、『青い衣装のマルガリータ』が有名です。(父のフェリペ4世や、アブスブルゴ朝最後の国王となった弟のカルロス2世とよく似ています)
ラベルはこの絵ではなく、パリのルーヴル美術館に収蔵されている1654年頃に描かれた4歳の王女像を見たそうです。


『天の女王』


というわけで『天の女王』好評発売中です。

※Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8


ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード