Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

「新じゃがの季節……」2

ジャガイモの花2

新じゃがは春先の3月には出回っているはずだ、というご質問を頂いた。
そう言われてみると、そんな気がしてきたので、再度、調べ直してみた。

ところが、この地図を見ても、九州で5月下旬とある。
そこで、知り合いの栄養士さんに訊いたところ、ジャガイモは収穫後、一週間~三ヶ月のも間、乾燥させてから出荷するのがふつうなのだそうだ。
そして、新じゃがとは、通常より早穫りした上、乾燥させないで出荷する贅沢なジャガイモだそうである。
長崎産で早穫りした上に乾燥しないで出荷するものが、3月に新じゃがとして出回るとのこと。

さらに、この記事を見ると、どうやら、ジャガイモの旬は一年中ということらしい。
う~ん。ジャガイモって、すごい農産物だし、全国の農家はすごい!

今日の写真も同じ時季の清里町のジャガイモの花である。


「新じゃがの季節……」

ジャガイモの花

「新じゃがの季節だよね~」
「最高だね、新じゃがの粉ふきいもは」

実は、僕はジャガイモが大好きである。
肉じゃがでも、ジャーマンポテトでも、ポテトサラダでも、ポテトグラタンでも、 トルティージャでも、なんでも来い、なのである。

旅先で強い陽射しを避けて入ったレストランで、ポテトのビシソワーズなんぞ出された日には、その街ごと好きになってしまう……。
真夏に訪れた函館の街は、そうして好きになった

ことに好きなのは、新じゃがのフライ。
新じゃがの小芋を皮付きで揚げたものは、悪魔に魂を売り渡しても食べたくなる。
実を言うとジャガイモは、アンデスから初めてスペインに渡来したときに、発芽していて中毒死を招いたために「悪魔の植物」と呼ばれたのである。

と、ココまで書いて、はたと迷った。
新じゃがの季節って、一年のうちで、いったいいつ頃なのだろう?
だって、街には今の季節、新じゃがが出回っているが、北海道では、これから、ジャガイモの花が咲き競う季節であって、収穫のピークは、秋のはずである。

遅ればせながら、自分の常識のないところに気づいて、新じゃがの季節について調べてみた。
旬と言えるのは、春の5~6月頃と、秋から冬の9~12月頃の年二回だそうである。
つまり、一年12月のうちの6ヶ月は新じゃがを味わえるわけである。
もっとも、「新じゃが」という言葉は、主に5~6月の九州産のものを指すらしい。

日本が縦に長く微妙な緯度にあるために、僕たちは、自然の恵みに恵まれているのだと、改めて痛感した次第。
むろん、本来は冷涼な気候に向くジャガイモを、日本中で栽培されている農家の方々の努力のたまものであるが……。

写真は、霧の下りた清里町のジャガイモの花。 道東の清里町は、摩周湖に近く、知床半島の付け根に位置する、豊かな自然に恵まれた町である。
7月終わり頃の撮影。


ある日の空 「新緑」

sora1.jpg

カラマツやシラカバを初めとする低山帯の新緑は、本当に美しい。
かなり昔のこと、今の時期に富山県の黒部峡谷鉄道沿いにある鐘釣温泉に泊まった。
素晴らしい山菜料理を頂きながら、五十代くらいの女将さんと四方山話をした中で、「わたしはここの紅葉も好きだけど、やっぱり新緑の季節が一番いいと思う」と聞いた。

僕はどちらも好きだが、生命が伸びゆく新緑の美しさは格別である。
有終の美である紅葉とは、ひと味違うさわやかさにあふれている。
ゴールデンウィークも引きこもって、ずっと小説を書いていたので、今月の末か六月の頭あたり、北アルプスの山麓にでも新緑を眺めに行きたいものだ。
が、抱えている仕事のペースを考えると、実現できるかどうかわからない……。

写真は群馬県の山の中。寝転んで新緑を眺めていたら、ジェット機が一機、白い航跡を残して飛び去っていった。
数年前の五月。法師温泉に泊まった帰り道だった。


ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード