Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

江戸川乱歩賞の授賞式に行って参りました

第62回江戸川乱歩賞授賞式


9月9日の金曜日には、第62回江戸川乱歩賞の授賞式に行って参りました。
受賞作は佐藤究(さとうきわむ)さんの『QJKJQ』です。
現代の『ドグラ・マグラ』とも称されて、大変に評価の高い作品です。
学生時代は夢野久作に影響を受けていた僕としては、ぜひとも拝読させて頂こうと思っています。

主催者である日本推理作家協会の代表理事、今野敏先生のご祝辞に始まった授賞式。 後援する講談社の野間省伸社長、同じくフジテレビの亀山千広社長のごあいさつが続きます。
選考委員代表の有栖川有栖先生による作品講評の後は、受賞者である佐藤さんの喜びの言葉。
印象に残ったのは「言葉は神」であり、我々小説を書く者は「神の道化」であるという言葉でした。月子さん作のマンガ『最果てにサーカス』から引用されていました。

「言葉は神である」というのは、新約聖書にある叙述ですが、長いこと忘れておりました。
佐藤さんのごあいさつに触発されて、ここでいう「神」とは、現代においていったい何を指すのだろうか、と授賞式から考え続けています。
いまのところ、答は見つけられておりません。

最後に赤川次郎先生の音頭で乾杯。
日本推理作家協会の主催だけに、なんとも豪華な顔ぶれがステージに勢揃いでした。
会場には西村京太郎先生を始めとする大御所、大先輩の先生方や、各出版社の編集者さまなど、たくさんの方がお祝いにかけつけ、とても華やかな会でした。
祝賀会では、たくさんの作家・文芸評論家・画家の先生方や、編集者の皆さまとお話しすることもでき、有意義な時間を過ごすことができました。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

"平松加奈 SPECIAL PROJECT"ライブ、生涯、忘れられぬ夜!

平松加奈さん
ジプシージャズ・ヴァイオリンの第一人者
平松加奈さん

昨夜は、平塚のレストラン&バー「サンタナ」で開かれた"平松加奈 SPECIAL PROJECT"のライブに行って参りました。
昨年の七夕の夜に続いて二度目です。大好きなミュージシャンたち4人の熱い協演。本当に楽しすぎる時間でした。

タンゴの名曲「ラ・クンパルシータ」から始まったステージに、瞬間的に僕は引き込まれました。
ヴァーチュオーゾ(名人)4人が、数々の名曲を独創性あふれるジャズ・アレンジで、超絶のテクニックによってさらりと演奏してしまう。
リリカルでパワフル。繊細かつ大胆!
鳴神が大好きな音楽をいっぱいに詰め込んだ玉手箱のようなライブでした。
言葉に尽くしがたい素晴らしい時間を過ごすことができ、身体のすみずみまでパワーを頂け、美しいもの楽しいものをたくさん充電致できました。執筆への大きな力となります。

メンバーの皆さんと
メンバーの皆さんと
左から新澤健一郎さん(P)、伊藤寛康さん(B)、鳴神、平松加奈さん(Vln)、海沼正利さん(Perc)

メンバーは次の皆さまです。(敬称略)
・平松加奈(ヴァイオリン)
・新澤健一郎(ピアノ)
・伊藤寛康(ベース)
・海沼正利(パーカッション)

昨夜も"平松加奈 SPECIAL PROJECT"のアルバム"Limelight"の収録曲は全曲演奏してくださいました。
平松加奈さんは2014~15年にNHKで放映された三谷幸喜脚本の連続人形劇『シャーロック・ホームズ』の音楽を全編担当されました。そのテーマ曲も素晴らしい演奏でお聞かせ下さいました。
メンバーの皆さまの横顔や楽曲については、昨年のライブの際に書いたブログ記事で詳しくご紹介しています。
お時間の許す方はご覧頂ければ幸いです。

平松加奈さんと
平松加奈さんと

そして……昨夜は生涯忘れられない夜となりました。
ステージでは新澤健一郎さん作曲のNHK-BS「本棚食堂」のテーマが始まりました。
続けて、海沼さんが何かを作っているパントマイム……「あれ。丸いからケーキかな……」 続けて"Happy Birthday to You"が、見事なジャズアレンジでスタートしました。 ステージでは海沼さんが何かを作っているパントマイム……「あ。ケーキかな……」
続けて"Happy Birthday to You"が、見事なジャズアレンジでスタート。
サンタナのスタッフの方が隣のテーブルに五本のロウソクの灯ったケーキを届けます。
「ああ、僕と同じ誕生日の人がいるんだ。あんなにお祝いして貰って、なんて幸せな人なんだろう」と思っていたら、なぜかステージや同じテーブルから笑い声が響きます。何かの間違いが起きたようです。
するとスタッフさんが、僕の目の前にケーキを置くではありませんか……。
ケーキがテーブルに来ても、まだ意味がわからなくて、吹き消すのに戸惑っていて皆さんにご迷惑をお掛けしました。
ロウソクが消えた瞬間、遡ってすべてが理解できて、身体中を喜びが駆け巡り、口がきけなくなってしまいました。
素晴らしいプレゼントを本当に本当にありがとうございました、
生涯忘れられぬ文字通りの大感激の「ハッピー☆バースデイ」となりました!

ステージの平松加奈さん
ステージの平松加奈さん

最後には、平松加奈さんのMCで作家、鳴神響一のご紹介まで頂きました。
僕は本当に本当に幸せ者です。
皆さま、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

今枝友加さんのフラメンコライブに行ってきました!

今枝友加さんと
今枝友加さんと

昨夜は西日暮里のタブラオ「アルハムブラ」で開かれた今枝友加ライブ2016 "de ensueño"(夢)に行って参りました。
これほどのアルティスタが一堂に会するのか、と思わずうなるほどの出演者が勢揃いで、本当に素晴らしいライブでした。

「グアヒーラに寄せて」と題する僕の詩を採り入れて頂き、第一部「セバスティアンの夢~モロンの酒場より~」の楽しい舞台を創り上げて下さったことに、まずは心よりの感謝を申し上げます。
ダニエル・リコさんが演じたセバスティアンは、1898年のキューバ戦争終戦後、ハバナから尾羽打ち枯らして本国に戻り、羽振りのよかった昔をなつかしむ酔いどれ男のイメージにぴったりでした。

日本を代表するバイレのお一人、今枝友加さんのオープニングの「カラコレス」、エンディングの「タラント」とも、強烈なアイレに満ちた最高のフラメンコでした。まさに興奮のステージでした。

篠田三枝さん、井上泉さんと
左から篠田三枝さん、鳴神、井上泉さん

十年近くおつきあい頂いている篠田三枝さんのキレキレの踊りも、久し振りに拝見できてとても嬉しかったです。
篠田さんは僕の本をお読み下さっていて、昨夜も温かい励ましのお言葉を頂き感激でした。

ダニエル・リコさんと井上泉さんには、一昨年の11月にエルフラメンコで開かれた島崎リノさんの発表会で、一緒に舞台を踏ませて頂きました。
そのときの「コロンビアーナ」を、はるかにパワーアップして再演されました。ドキドキするほど素敵でした。

五人のカンテ(!)が、客席からお題をもらって、日本語で即興の歌詞を「ファンダンゴ」のメロディで歌うという「フラメンコ大喜利」(?)
こんなすごいことができるカンテの人たちを僕は知りません。
実力派カンテが揃ってこその楽しいひとときでした。

今枝友加さん、篠田三枝さん、島崎リノさん、松島かすみさんのバイレが勢揃いした「ロンディーニャ」も、圧倒的にパワフルなのに、愛らしさを表現していてうっとりでした。

ダニエル・リコさんと
ダニエル・リコさんと

フィン・デ・フィエスタ(終演)では、ダニエル・リコさんのMCで、作家鳴神響一のご紹介も頂き、恐縮の限りです。

超豪華な出演者は次の皆さまです(敬称略)

G:こうずゆうじ、柴田亮太郎
C:阿部真、有田圭輔、石塚隆充、ダニエル・リコ
CB:井上泉
B:今枝友加、篠田三枝、島崎リノ、松島かすみ
Per:容昌
Palma:吉田久美子

僕の詩の世界を広げて下さった今枝友加さん、ダニエル・リコさん。
ご縁を作って下さった島崎リノさん。
そしてすべての出演者の皆さま。本当にありがとうございました。
楽しい夢のような一夜でございました。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books