Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

ある日の空41 「昨日の夕暮れ」

夕暮れ1
しばらくブログに向かう時間がとれなかった。
夕暮れ2
寒くなってきたが、夕暮れが美しい日も多い。
夕暮れ3
昨日の湘南海岸も、表情豊かに暮れていった。

ある日の空40 「憧れの土地」

八幡沼1

10月の連休には幸いにも八幡平に出かけることができた。
詳しくは後日書きたいが、記憶が風化しないうちに、八幡沼の青空だけでもアップしておこう。

実を言うと、この景色は中学生時代、旅に目覚め始めた頃に、大変に憧れた場所である。
高2の夏休みに、友人たちと訪れて、夢が叶った。


30年という歳月を経て、変わったのは、沼畔に建つ避難小屋の陵雲荘が建て直されたことだけだった。


ある日の空39 「台風の忘れもの」

夕陽1

今日の夕方、湘南地方の空である。
台風が伊豆諸島沖を通過していったためか、素晴らしい夕焼けに恵まれた。


夕陽2

今日はクルマで30分ほど離れた実家に戻った。
老父が夕ご飯を作ってくれている最中だったので、父の部屋の窓から顔を出して、慌ててシャッターを切った。
ちょっと適当な構図になってしまった。


夕陽3

台風18号が、関東に近寄らず、何よりである。
この先の進路に当たる地方に大きな被害が出ないことを祈る。
次の台風も大過なく過ぎてゆけばよいのだが…。


時には、湘南地方にもこんな夕暮れが訪れる。


ある日の空38 「日本一美しいブナ林」

カヤノ平1

そんなわけで連休は出かけたのだが、今回の旅は北信だった。
僕は信州が好きで、それこそ何度足を運んだか覚えていない。
ところが……である。
まだまだ、僕の知らない素晴らしい景色が信州には残っていた。


カヤノ平2

今回発見したのは、カヤノ平高原である。
なぁんだ、という人は多いのかもしれない。
僕も十年以上前から地名だけは知っていた。
だが、こんなに素晴らしいところだとは……。


カヤノ平3

木島平村のサイトを見ると、「日本一美しいブナの森」とある。
日本一かどうかはわからないが、とにかく、この森は美しい。
点在するブナの古木は一本ごとに表情が違い、圧巻である。


カヤノ平4

ジャージーやホルスタインなどが飼われているが、ブナの木陰に休む牛たちもノビノビと暮らしているように見えてくる。
今回は通りすがりに「発見」しただけなのだが、本格的に写真を撮りに、また、必ず訪れよう。
今度はテントを持って行こう。


ある日の空37 「八ヶ岳の空」

八ヶ岳の空

連休はそれこそ一年ぶりに、ゆっくり出かけることができた。
帰りがけに弁当を食べたのは、こんな場所だった。
美濃戸口近く、牧草地を望む林道に車を駐めると、さわやかな高原の風が吹き抜けていった。
月曜日の八ヶ岳の空は蒼かった。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。フラメンコファンで「パセオ」誌に『祝祭のアレグリアス』を連載中です。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books















New Coment

Re:新しい週が始まりましたね。
2020/09/07 from 承認待ち