Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

★★NHKラジオに出演致しました★★

NHK_2010.1.31

左からEyes'さん、鳴神、熊谷彩花さん


昨日はNHK横浜放送局のFM番組「はま☆きら」に出演致しました。
生放送なので開始前は緊張しましたが、素晴らしいキャスターでいらっしゃる熊谷彩花さんのおかげでリラックスしてお話しできました。
また、シンガーのEyes'さんがゲスト出演して下さり、とても楽しい時間となりました。
鼻風邪をひいてしまい、声のコンディションがイマイチでしたが、お二人のお力でなんとか無事に終了しました。
熊谷さん、Eyes'さん、NHKスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

そしてそして……真田夏希のイメージソング『眩暈』も掛けて頂けました。
CDリリース前なので、ラジオ初登場です。

番組をお聴き下さった皆さま、感謝申しあげます。
横浜放送局まで応援に駆けつけてくださった読者さま、メッセージ・質問をお寄せくださった読者さま、篤く御礼申しあげます。

鳴神セレクトはつぎの三曲でした。
お世話になっている皆さまの曲ばかりです。(敬称略)

①スパニッシュ・コネクション『NHK連続人形劇 三銃士 オリジナル・サウドトラック』より『The Sword of Love 愛の剣』

②新澤健一郎『Standards And Me』より『ワルツ・フォー・デビイ』

③カニサレス(フアン・マヌエル・カニサレス)『洞窟の神話』より『魂の楽園(ブレリアス)』

録音版が来週中頃にはネットでお聴き頂ける予定です。またご案内します。

★ネットで聴けるようになりました!
1月31日の[ラジオを聴く]をクリックして下さい


["CAÑIZARES FLAMENCO QUARTET"]

"CAÑIZARES FLAMENCO QUARTET"

幻聴は、カニサレスで"CAÑIZARES FLAMENCO QUARTET"(公式)
ベルリンフィルとも共演なさった世界最高のフラメンコ・ギタリスト、カニサレスさんの演奏です。
奥さまの小倉真理子さんには、一昨年の来日記念公演にご招待頂き、素晴らしいステージを堪能できました。本当に感謝しております。

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

★★明日ラジオに出演します★★

富士_2010.1.29


明日の31日、NHK横浜放送局のFM番組「はま☆キラ!」に出演します。
キャスターは熊谷彩花さん。生放送です。前半で30分くらいお話します。

Eyes'さんがゲストで出演して下さいます。
真田夏希のイメージソング『眩暈』も掛けて頂く予定です!
皆さま、お聴き頂ければ嬉しいです。

・時 刻:18:00~19:00(神奈川県向け)
・周波数:横浜81.9MHz/小田原83.5MHz(FM横浜ではありません)

神奈川県内向け放送ですが、後日、ネットで「聴き逃し」として録音分がお聴き頂けます。こちらはまたご案内いたします。



["We are B-CORSAIRS 2019-20"]

"We are B-CORSAIRS 2019-20"

幻聴は、Eyes'さんで"We are B-CORSAIRS 2019-20"
Bリーグ横浜ビー・コルセアーズのオフィシャルブーストソングです。(公式)

写真は今朝の富士山。波が穏やかな茅ヶ崎東海岸から。

Pentax K-1 + TAMRON SP AF70-200mm F2.8

今夕の五日月です。

五日月


久しぶりに月が出ました。
澄んだ西空に光る今夕の五日月です。



["Pour aller où "]

"Pour aller où "

幻聴は、レア・パーチ(Léa Paci)で"Pour aller où ?"(どこへ行くの?)(公式)
フランスの若き歌姫の2016年のデビュー曲です。

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

★★西上心太先生に書評を頂きました★★

小説幻冬


文芸評論家の西上心太先生に『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』(幻冬舎文庫)の書評を頂きました。
本日1月27日発売の「小説幻冬」2月号(幻冬舎)「この新刊が すごい!!」コーナーに掲載されています。

――旧華族の新米弁護士――ニューヒロイン・一色桜子から目が離せない。

とても素晴らしいご書評です。
新シリーズだけに大きな勇気を頂戴できました。
西上先生、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。

★★谷津矢車先生に夏希5巻のご感想を頂きました!★★

降雪の函館


斬新な視点で歴史を描き続ける歴史時代小説界の若手ホープ、谷津矢車先生。(僕より先輩です)
ツイッターに谷津先生が『脳科学捜査官 真田夏希 ドラスティック・イエロー』(角川文庫)の素敵なご感想をご投稿下さいました。
谷津先生のお許しを頂いてこちらに転載致します。 皆さまにも、ぜひ、お読み頂きたいです。

――『脳科学捜査官 真田夏希 ドラスティック・イエロー 』(鳴神響一 角川文庫) 読了。神奈川県警の心理職特別捜査官である真田夏希は、横浜ナイトクルーズに参加中、埠頭の爆発事件に遭遇する。やがて、この事件がテロ事件だと判明し、夏希はこの事件の解明に向け動き始める。
このシリーズ、今の神奈川を描くシリーズに成長していて、一読者として大変期待が高くなってきました。今回は、横浜カジノ構想の撤回を求めるテロリスト「レッド・シューズ」と夏希の対決が主軸となっていくわけですが……。
夏希、成長したなあ……。あくの強い現場刑事たちに薫陶を受けたおかげか現場百遍の精神が身につき、かつ管理官クラスとのやり合いを経て、大局眼も身に着けつつある。現場と帳場の間を自由に飛び回り、膠着した事態を解決させる、「魅せる捜査官」になってきてます。
事件についてはネタバレになるので何も言えないのですが、あの人が再登場したり、あの人が大活躍したりとこれまでの登場人物を大事にしてくれるので、その点も非常に楽しいです。
(それにしても夏希、恋愛フラグが二~三個立っていて、どのルートがトゥルーエンドなんだと震えております(ラブコメ脳)――

谷津先生、本当にありがとうございます。
夏希の成長を感じて頂き、「魅せる捜査官」とのお言葉を下さって、大変にありがたいです。大きな勇気を頂戴できました。
トゥルーエンドは僕にはもちろん、たぶん夏希自身にもわかっていないと思います。果たして6巻以降で進展するのでしょうか?
これからもご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。

★谷津先生の新刊です!
『桔梗の旗』(潮出版 2019.12.5)
――奇才が描く、明智家二代の父子の物語!

写真は夏希の故郷、雪晴れの函館。

Pentax K-10d + DA 55-300mm F4-5.8

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。フラメンコファンで「パセオ」誌に『祝祭のアレグリアス』を連載中です。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books

『斗星、北天にあり 出羽の武将 安東愛季』

『脳科学捜査官 真田夏希 デンジャラス・ゴールド』

『脳科学捜査官 真田夏希 エキサイティング・シルバー』

『刑事特捜隊「お客さま」相談係 伊達政鷹』

『脳科学捜査官 真田夏希 パッショネイト・オレンジ』

『令嬢弁護士桜子 チェリー・カプリース』

『エスパーニャのサムライ~天の女王』

『脳科学捜査官 真田夏希 ドラスティック・イエロー』

『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』

『おいらん若君 徳川竜之進 5 昇龍 完』

★『脳科学捜査官 真田夏希 クライシス・レッド』

『おいらん若君 徳川竜之進 4 凶嵐』

『おいらん若君 徳川竜之進 3 伏魔』

『脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト』

『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』

『鬼船の城塞 南海の泥棒島』

『斗星、北天にあり』

『おいらん若君 徳川竜之進 2 仇花』