Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

近所で咲いているハコネウツギです。

ハコネウツギ


目立たないけど、素敵な花シリーズ。
すぐ近所で咲いているハコネウツギ(箱根空木)です。
その名の通り、神奈川県にはよく咲いていますが、実は箱根には少なく海沿いに多いそうです。

子どもの頃、山がちな鎌倉の実家に移り住んで、最初に覚えた花です。
白い花弁が次第に赤へと変化する不思議な花だからでした。
惹きつけられる香りを漂わせる花だからでもありました。
艶やかな香りではなく、ジャスミンに通ずる、すがすがしくフレッシュなノート。

季節感を出すために、僕が小説の中でよく使う、スイカズラ(忍冬)の仲間です。
このグループには、フレグランスの原料となる花が多いそうです。


[She's The One]

"She's The One"

幻聴は、ルーマニア出身の美女4人組"Amadeus Electric Quartet"(アマデウス・エレクトリック・カルテット)の演奏で"She's The One"をどうぞ。

Pentax K-3 + FA 77mmF1.8 Limited

★★三田主水先生に書評を頂きました★★

『影の火盗犯科帳〔三〕~伊豆国の牢獄』


伝奇時代劇アジテーターの三田主水先生が、『影の火盗犯科帳〔三〕~伊豆国の牢獄』のご書評を、ブログにご掲載下さいました。
皆さまにお読み頂ければ、嬉しいです。

三田主水先生は、時代小説の文庫解説や書籍の解説でご活躍なさっています。

作者として描きたかった内容を、本シリーズの「三つの要素」としてお採り上げ頂きましたこと大変に嬉しいです。
山岡景之と影火盗組のそれぞれの正義、それぞれの活躍のあり方についても、ありがたいお言葉を頂けました。心より感謝申し上げます。

雄四郎の描き方については、作者としてももう少し描き込めたらよかった思っております。
第四巻については、皆さまのお励ましのお言葉もあり、刊行の方向へ進んで参りたいと考えております。

三田先生には、本シリーズの第一巻「七つの送り火」、第二巻「忍びの覚悟」でも、とても素晴らしいご書評を頂いております。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


『伊豆国の牢獄』


というわけで『影の火盗犯科帳〔三〕~伊豆国の牢獄』好評発売中です!

北の国から

清里町


ジャガイモの花の続き。
8割近い生産量を誇る北海道では、もちろんずっと後に咲きます。
写真は摩周湖に近い清里町のジャガイモ畑。10年前の8月です。

二位の産地が、長崎県(約1割)というのが、オランダ船でやってきた来歴を示しているような気がしておもしろいですね。花期は茅ヶ崎と変わらず、いまごろらしいです。


「北の国から」Trailer

「北の国から」Trailer

幻聴は、『北の国から』テーマ曲。(講談社公式サイト)
もう36年も前のドラマなんですね。
この春より、『北の国から』全話収録DVDマガジンが講談社から発売されています。

Pentax K-10d + FA77mmF1.8 Limited


ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード