Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

★★感謝! 『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』の重版決定!!★★


『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』ポスター


『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』(双葉文庫)の重版が決まりました。
シリーズ第一弾、発売から一ヶ月足らずでの重版決定、本当にありがたいです。

現代ものへの初挑戦だった夏希の重版も嬉しいですが、プロとしての出発点である歴史時代小説作品の重版はやはりとても嬉しいです。

全国の読者さま、書店員さま、取次さま、双葉社の皆さま、篝火おいらん=徳川竜之進を応援して下さったすべての皆さまに、心より御礼を申し上げます。
本当にありがとうございます!!

これからも、より多くの読者さまに、竜之進と出逢って頂けることを祈っております。
無鉄砲な正義感の竜之進を応援してくださいね~(^-^)



["千本桜"]

"千本桜"

幻聴は、和楽器バンドで「千本桜」(avex公式)

★★三田主水先生に『おいらん若君』の書評を頂きました!★★


『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』


☆☆
『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』☆☆


伝奇時代劇アジテーターの三田主水先生に『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』(双葉文庫)の書評を頂きました。
皆さまに、お読み頂ければ嬉しいです!

★「時代伝奇夢中道 主水血笑録」(2018.05.10)

――鳴神響一『天命 おいらん若君徳川竜之進』 意表を突いた題材に負けない物語とキャラクター

冒頭の部分を引用させて頂きます。

――一作一作、趣向を凝らした作品を送り出してく作者の最新作は、いわゆる若様もの。故あって外で育てられた尾張徳川家の若君が主人公なのですが――タイトルにあるように、若君の表の顔は吉原の花魁。とんでもない設定に驚かされますが、しかしその時点で作者の術中にはまっているのであります。

史実を下敷きにしつつトンデモ設定に挑戦しましたことに、温かいお言葉を頂戴し感激です。
また、本作に込めた作者の思いをご理解頂き、本当に嬉しく光栄です。
力強いご書評に、執筆への大きな勇気を頂くことができました。
心より感謝申しあげます。

三田先生は、時代小説の文庫解説や書籍等の解説でご活躍なさっています。
先日も『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』の書評を頂きました。
また、過去のすべての作品で書評を頂戴し、深く感謝しております。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

★三田主水先生のプロフィール

日本海に沈む夕陽です。

5月の田ノ浦


肌寒い一日でしたね。
ちょっとだけ陽が差しましたが、空模様がずっとご機嫌斜めです。
そろそろ晴れそうですが、今夕は旅の想い出から一枚。

新潟県の間瀬田ノ浦海岸から見た、日本海に沈む夕陽です。
11年前のGWにキャンプしたときの写真。
海の向こうには佐渡、背後には弥彦山が望める静かな海辺で、とてもよいところです。
季節を変えて何度か出かけました。
夏の夜、能登半島で上がる花火が見えたときには驚きました。
直線距離だと、能登のほうが近いんですね。

週末、晴れたらキャンプしたいなぁ、この季節は最高だなぁ。
などという気持ちを無理にも抑えつけ、改稿作業を地道に続けております。



["Adagio"]

"Adagio"

幻聴は、ベルギー出身のララ・ファビアンで"Adagio"
ジャゾット作曲「アルビノーニのアダージョ」です。いろいろなジャンルの曲にアレンジされていますね。
この動画の美術館、ちょっとコワいです(゚ー゚;

PentaxK10-d + FA77mmF1.8 Limited

ジャガイモの花が咲き始めました。

ジャガイモの花


火曜日。冴えない空模様ですね。
この時期は肌寒い日も少なくないです。

近くの畑でジャガイモの花が咲き始めました。
数日前、陽が差したときに撮った一枚です。
今週も元気に!



["FourFiveSeconds"]

"FourFiveSeconds"

幻聴は"FourFiveSeconds"(Rihanna公式)
リアーナが2015年にリリースしたこの曲。
カニエ・ウェストポール・マッカートニーとのコラボです。
リアーナのヴォーカルはアコースティック。カニエはラップなし。
もちろんポールの曲です。

驚きの事実。
カニエのファンの中には、ポールを知らない人がたくさんいることが判明!
「カニエは無名のポールというアーティストに光を当てた」なんてツイートがあふれたそうです(^_^;
いろんなこと、考えちゃいますね。

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

★★トラモンターナさまが熱烈応援をして下さっています!★★

トラモンターナ2018.5.6


茅ヶ崎でカジュアルな本格イタリアンと言ったら東海岸の「トラモンターナ」(TRAMONTANA)で決まり!

トラモンターナさまが、鳴神響一の熱烈応援をしてくださっています!!
素敵なインテリアのお店入口に、僕の本をずらりと並べてディスプレイして頂いています。感謝感謝です!
お店に見えるお客さまも注目して下さっているとのことで、本当に嬉しいです。
昨夜は皆さまと一緒にパチリ。ありがとうございます~(≧∇≦)

シチリアやトスカーナの高級リストランテで、本格的な修行をなさったオーナーシェフ、Kenichi Satoさまのお作りなるお料理は、どれもこれも最高です。
地元産の肉や魚、野菜といった新鮮な素材を活かしたお料理が頂けます。

昨夜も素晴らしいアンティパストの盛り合わせや、季節の素材を活かした「生桜海老とホタルイカと蕪のスパゲッティ」、トスカーナの伝統料理「牛すね肉の黒胡椒煮込み」に舌鼓を打ちました。

Kenichi Satoさまがプロの厳しい目でお選びになったイタリアワインも魅力。
昨夜は、トスカーナ州産でサンジョベーゼ種100%の自然派ロゼワインである"Il Civettaio Chiu Montecucco Rosato"を頂きました。
フルーティーでまろやか、酸味と甘みとのバランスもよくて、さらさらっと飲めちゃって、ヤバいです。このワイン(笑)

トラモンターナさまには、デビューするちょっと前から、もう四年近くお世話になっています。 編集者さまと伺ったことも、素敵な店内をポートレートの撮影場所としてご提供頂いたこともあります。



["Roma Nun Fa' La Stupida Stasera"]

"Roma Nun Fa' La Stupida Stasera"

幻聴は、アンドレア・ボチェッリで"Roma Nun Fa' La Stupida Stasera"(VEVO)
1961年にローマで初演されたミュージカル『ルガンティーノ』からのヒット曲で、タイトルは「ローマよ、今夜はふざけないで」という意味。

ライブ会場のポルトフィーノは、 リグーリア州(州都はジェノヴァ)にある高級リゾート。
東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーのモデルとなった街です。
Kenichi Satoさまが修行なさったトスカーナ州(州都はフィレンツェ)の北西に隣接しています。

★皆さま、茅ヶ崎にお越しの節はぜひ「トラモンターナ」へ!

"TRATTORIA la TRAMONTANA"
茅ヶ崎市東海岸北 2-14-41
0467-87-2266
定休日:水曜日

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books