Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

昨夜、仕事場の前で撮った三日月です。

三日月0824


すっかり暑さが戻って参りましたね。
ちょっと涼しい写真でも。
昨夜、仕事場の前で撮った三日月です。


["『響け!ユーフォニアム』"]

『響け!ユーフォニアム』(洗足学園音楽大学公式)

幻聴は、アニメ『響け!ユーフォニアム』から「三日月の舞」
アニメで音楽制作協力をしている洗足学園音楽大学の演奏です。

恥ずかしながら、鳴神は中学生三年生の時にブラスバンド部に所属しておりました。
中三の四月に入部したら、与えられたパートはユーフォニアムでした。
本当は渡辺貞夫に憧れてアルトサックスがやりたかったのですが、空いている楽器はユーフォだけでした(☍﹏⁰)
ユーフォは目立たない割には難しい楽器で、あの頃はまったく人気がありませんでした。
まさかアニメで主役となる日が来るとは思ってもいなかったです。

高校の時には、フリューゲルホルンで、バンド活動をちょっとだけやりました。(このフリューゲルは、まだ実家にあります)
その後も、クラシックギター、篠笛、ウクレレなどに挑戦したのですが、生来、楽器には才能がありませんでした。
コンピューターだけは、不器用な僕でも、いくらかは扱える楽器です。
ということで、DTM(コンピューターミュージック)には凝っていた時期があります(^_^;

Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8

今枝友加さん主催のフラメンコライブに行ってきました!

新宿駅0823


一昨日は西日暮里のタブラオ「アルハムブラ」で開かれました今枝友加さん主催のフラメンコライブ"一夜限りのFunky Night"に行ってきました!

楽しかった! 幕開けはカンテの井上泉さんの小芝居に笑いまくり。お上手なんですこれが。会 フラメンコのステージでは、あまり出会ったことのない素敵な演出でした。
続いて奥本めぐみさんのカンテソロ(マラゲーニャ)

そして、三人のバイレ、今枝友加さん(ティエント)、島崎リノさん(アレグリアス)、篠田三枝さん(ソレア)が次々に登場です。
最高のバイレたちの入魂のステージ。息を呑むほど素晴らしいフラメンコを楽しむことができました。

二部は井上泉さんのMC入りカンテ・ソロ(ファンダンゴ)から開幕です。
今枝友加さん(アレグリアス)、島崎リノさん(タラント)と続きます。大トリ、篠田三枝さんのグアヒーラでは、井上泉さんも歌いながらステージに登場。
満席の会場は、幕開けからフィン・デ・フィエスタ(終演)まで、めちゃくちゃ盛り上がり続けました。
ダブル・ギター、ダブル・カンテという豪華布陣のミュージシャンの皆さまも、すごくよかったです。

もうねぇ。こんなステージが観られるなんて、生きててよかったと思っています。いや、ほんと。
写真を撮れなかったのが、なんとも残念です。

★ご出演の皆さま(敬称略)

・こうずゆうじ(G)
・柴田亮太郎(G)
・井上泉(C)
・奥本めぐみ(C)
・今枝友加(B)
・篠田三枝(B)
・島崎リノ(B)

ご出演者の皆さま、素晴らしい時間を本当にありがとうございました。
遠からぬ日にまた必ずステージに伺いますね!


["今枝友加 『Vamos』"]

"今枝友加 『Vamos』"(ソニア・ジョーンズ公式)


一昨日はバイレとしてのご出演でしたが、今枝友加さんはカンテとしても一流なのです。

一昨日と昨日は、新作について、それぞれ二社の編集者さまとの打ち合わせもありました。編集者の皆さま、お忙しいところ、貴重なお時間を頂戴し、ありがとうございました。

そんなわけで、(どんなわけだ)今回は、くわしいレポートが書けずにごめんなさい。
写真は昨夜の京王新宿駅前です。

黄金色に染まる函館湾。

函館湾0823


今日も晴れ間が出ましたが、きれいな夕空に出会えません。

黄金色に染まる函館湾。
2007年の旅のとき、8月23日に外国人墓地から撮りました。

僕はこの場所の夕暮れが、夢に出てくるほど大好きで、函館を訪れた時には必ず立ち寄ります。
いつも、刻々と移ろう海にカモメが飛び交う姿や、入江を出入りする船を、ずーっとぼーっと眺めています。

写っている船は、湾口から黄昏の津軽海峡を目指す東日本フェリー(当時)の青函航路運航船「ほるす」です。


["Kenny G - The Moment"]

"Kenny G - The Moment "

幻聴は、Kenny Gで"The Moment"(VEVO)

Pentax K-10d + FA77mmF1.8 Limited

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード