Home  > Blog 「銀河ステーション」

銀河ステーション(Kyoichi's Blog)

★★三田主水先生に、ご書評を頂きました!★★

  • 2017/12/11 08:59

『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』(提供:幻冬舎)


伝奇時代劇アジテーターの三田主水先生に『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』の書評を頂きました。
皆さまにも、ぜひお読み頂きたい書評です。

――『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』 本格ミステリにして時代小説、の快作

【時代伝奇夢中道 主水血笑録】
――江戸の若き知識人、多田文治郎が、密室殺人の謎に挑む

最後の部分を引用させて頂きます。

――ちなみに本作は、「幻冬舎時代小説文庫」ではなく「幻冬舎文庫」からの刊行。これは時代小説ファンに留まらず、一般のミステリ読者にもアピールするためのものと思いますが――その意気や良し。
 時代小説としてはもちろんのこと、ミステリとしても一級の魅力を持つ本作は、その試みに相応しい作品なのですから。――

三田先生には、過去のすべての作品でご書評を頂いております。
今回作でもありがたいご書評を頂き、本当に感謝しております。
次回作への大きなエネルギーを頂戴することができました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日の夕空です。

夕空1210


風が強く、よい天気なのは嬉しいのですが、なかなか西空が焼けてくれません。今日の夕空です。

クリスマス特集続けます。
今宵の幻聴は、イギリスのクリス・レアで"Driving Home For Christmas"


["Driving Home For Christmas"]

"Driving Home For Christmas"

1988年に発表されたこの曲が、もっともヒットしたのは、19年後の2007年だそうです。
僕は2002年頃に友だちから教えてもらい、大好きになりました。
すごくいい想い出の残っているナンバーです。
とってもいい曲です。ぜひ、聴いてみて下さい~♪

Pentax K-1 + DFA 28-105mmF3.5-5.6

★★「時代小説SHOW」さまに、ご書評を頂けました!★★

『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』(提供:幻冬舎)


人気のブログ「時代小説SHOW」で、文芸評論家の理流(Riryu)先生に『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』(幻冬舎文庫)の書評を頂きました。
とても素敵な書評です。皆さまに、ぜひお読み頂きたいです。

【時代小説SHOW】
「江戸の若き知識人、多田文治郎が、密室殺人の謎に挑む」

最後の部分を引用させて頂きます。

――この作品の面白さの一つは、実在した江戸の文化人の多田文治郎(後の沢田東江)が探偵役を務めるほか、松平駿河守信望、柳生主水正久隆、林門入、二代大谷廣次ら実在の人物が登場します。
幕府の目付として稲生下野守正英(後に勘定奉行)が文治郎と関わっていきます。 本格的な推理小説が満喫できて、文治郎の活躍も楽しみで、シリーズ化してほしい時代ミステリーの誕生です。――

「影の火盗犯科帳」シリーズや『天の女王』に引き続き、今回作でもありがたいご書評を頂き、本当に感謝しております。
次回作への大きな勇気を頂くことができました。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード