Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

『おんな与力 花房英之介 【三】』発売です!

『おんな与力 花房英之介 【三】』


『おんな与力 花房英之介 【三】』(双葉文庫)
本日、10月14日刊行です。

――悪の蔭に泣く者あらば、おんな与力が許しておかぬ!!
乙女心を押し隠し、華麗に悪を斬る!

今回作の敵はかなり怪しげです。
英之介の八面六臂の活躍に乞うご期待!
強敵相手に茶ら平も大活躍します。
浮雲花魁にも乞うご期待。

今回も山本祥子先生のカバーイラストが素敵です! 与力英之介と辰巳芸者花吉に変身した姿を描いて下さいました。

・カバーイラスト:山本祥子
・カバーデザイン:長田年伸
・ISBN:9784575670783


["オキノタユウ"]

"オキノタユウ"

幻聴は、和楽器バンドで「オキノタユウ」(公式)

5年前の今日も秋田にいました。

八望台


5年前の今日も秋田にいました。
男鹿半島の八望台から二ノ目潟と戸賀湾。
二ノ目潟は一ノ目潟や三ノ目潟と並ぶマール(爆裂火口)です。
天然の良港である戸賀湾も、かつては四ノ目潟と呼ばれていました。
このあたりのエリアは『斗星、北天にあり』では物語の重要な舞台となる地です。



["「海の豊饒」"]

"「海の豊饒」"

幻聴は、林英哲作曲「海の豊饒」 (公式)
洗足学園音楽大学打楽器アンサンブルの演奏です。

Penatx K-3 + DA 18-135mm F3.5-5.6

5年前の今日は秋田にいました。

脇本城址


5年前の今日は秋田県にいました。
『斗星、北天にあり』(徳間書店)の取材でした。
写真は男鹿半島の付け根にある脇本城跡の曲輪跡から秋田市方向。
檜山、湊の両安東氏を統一した安東愛季が、大規模な改修を行い最後の居城としました。
日本海の左手に八龍湖(八郎潟)が海へ出るあたりの狭い水路、船越水道が見えます。
ここには「船越の船入場」と呼ばれる細長い入江があって、八郎潟水運の起点となっていました。



["「利家とまつ」~メインテーマ"]

"「利家とまつ」~メインテーマ"

幻聴は、「利家とまつ」~メインテーマ。(公式)
作曲者の渡辺俊幸さんご本人の指揮、洗足ドリームオーケストラの演奏です。

Penatx K-3 + DA 18-135mm F3.5-5.6

茅ヶ崎で新作の打合せでした。

脇本城址


9月最終日ですね。
昨日は茅ヶ崎で新作の打合せでした。
とても有意義な時間となりました。
皆さまに楽しい物語をお届けしたい気持ちでワクワクしております。
ご担当さま、遠路お越し頂きありがとうございました。

写真は2016年に取材した男鹿半島の脇本城址です。



["Water Traveller"]

"Water Traveller"

幻聴は、久石譲で"Water Traveller"(公式)

Penatx K-3 + DA 18-135mm F3.5-5.6

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。20年来のフラメンコファンです。

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード