Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

朝日新聞に『鬼船の城塞』の広告が掲載されました。

6月17日朝刊


朝日新聞の朝刊に『鬼船の城塞』の広告を二日間連続で掲載して頂きました。
こちらは2015.6.17(水)の朝刊です。
千野隆司先生の『生きる』とともに、「細谷正充氏(文芸評論家)絶賛!」とあります。細谷先生ありがとうございます。

6月16日朝刊


こちらは2015.6.16(火)の朝刊です。
多くの人気作家の先生方と並べて頂いて恐縮しております。
読み取りにくくてごめんなさい。
キャプションは「将軍吉宗の治政。一人の旗本と海賊たちの交流を描いた感動歴史長編」となっています。

※朝日新聞社の許可を頂いて、転載しております。

『鬼船の城塞』を、秋山香乃先生にご紹介頂きました。

あじさい3


時代小説家の秋山香乃先生に、ご自身のブログで『鬼船の城塞』をご紹介頂きました。

★★小説家秋山香乃のあれこれ★★

ありがたいお言葉を頂戴し、感激し、緊張しております。
秋山先生にご高覧頂けることは本当に幸せです。

秋山香乃先生は、戦国から幕末へ掛けての幅広い時代の人間を描き続けて来られた大先輩です。

最新刊の『吉田松陰 大和燦々』(日本放送出版協会)は、若き吉田松陰が、相馬大作事件を追いながら、自らの思想を培ってゆくまでの日々を、丁寧な筆致で描かれている素晴らしい作品です。

今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
ありがとうございました。

『鬼船の城塞』 本日発売です!

あじさい2


『鬼船の城塞』の装画を描いて下さったヤマモトマサアキさまが、ご自身のホームページでご紹介くださいました。
ヤマモトさま、素晴らしい装画を、本当にありがとうございました。

★★ヤマモトマサアキ イラストレーション★★
ヤマモトさまの数々の傑作装画がご覧頂けるサイトです。
ぜひとも、お訪ね下さい。

『鬼船の城塞』ネットショップでも予約開始!

受賞第一作『鬼船の城塞』 6月13日(土)発売です!

『鬼船の城塞』(提供:角川春樹事務所)


鳴神響一 『鬼船の城塞』

受賞第一作 いよいよ今週の土曜日、6月13日発売開始です!

~日ノ本の海賊とエスパニア海軍の戦いに大興奮~

――鳴神響一の才能が、大海原に乗り出した。
  血が滾る、胸が躍る。なんという面白さだ。――
          細谷正充氏(文芸評論家)

将軍吉宗の治政。一人の旗本と海賊たちの交流を描いた感動歴史長編。

受賞作に引き続き、装幀は多田和博さん、装画はヤマモトマサアキさんのゴールデンコンビです。

日本の海賊と18世紀スペイン海軍との激闘。
時代小説ファンはもちろん、フラメンコ・アーティスト、フラメンコ・ファンの皆さまにも、ぜひ読んで頂きたい作品です。
作中にはスペイン好きに楽しい贈り物も……?

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。20年来のフラメンコファンです。

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books

『脳科学捜査官 真田夏希 サイレント・ターコイズ』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜4 テディベアの花園』

『鎌倉署・小笠原亜澄の事件簿 稲村ヶ崎の落日』

『警察庁ノマド調査官 朝倉真冬 男鹿ナマハゲ殺人事件』

『脳科学捜査官 真田夏希 イリーガル・マゼンタ』

『脳科学捜査官 真田夏希 ナスティ・パープル』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜3 夕映えの殺意』

警察小説アンソロジー『偽りの捜査線』

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎Ⅲ 創生』

『おんな与力 花房英之介 【四】』

『警察庁ノマド調査官 朝倉真冬 網走サンカヨウ殺人事件』

『脳科学捜査官 真田夏希 クリミナル・ブラウン』

『読んで旅する鎌倉時代』

『脳科学捜査官 真田夏希 ヘリテージ・グリーン』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜2 湯煙の蹉跌』

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎II 聖域』