Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

★★新刊のお知らせです!★★

『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』1


『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』幻冬舎文庫から6月8日(金)に刊行!

――その頭脳、金田一耕助か、シャーロック・ホームズか。

――公儀目付役・稲生正英から大大名の催す祝儀能への同道を乞われた多田文治郎。幽玄の舞台に胸躍らせるが、晴れの舞台で彼が見たものとはいったい……? 瞠目の時代ミステリ、第二弾!(幻冬舎の解説より)

【多田文治郎が探偵役!】
猿島で起きた六人殺しの謎を解いた多田文治郎(後の沢田東江)が探偵役。
史実でも「柳橋の美少年」と呼ばれ、吉原でモテモテだったというイケメンの文治郎。
諸学に通じたその才を活かして、大名家の祝儀能で起きた奇怪な殺人の謎に迫ります。
もちろん一巻を読んでいなくてもOK!

【鮮烈なブックデザインは、重原 隆先生!】
重原 隆先生は、大沢在昌先生の直木賞受賞作『新宿鮫 無間人形』や、『スティーブ・ジョブズ~Walter Isaacson』を初め、たくさんの作品を手がけられた大ベテランのブック・デザイナーさまです。
今回作では「猩々」(しょうじょう)を前面に!

★『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』★

全国各地の書店さまで予約開始となっています。
皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!
装幀:重原 隆
幻冬舎文庫 税込み626円
ISBN-10: 4344427491
ISBN-13: 978-4344427495

★★日本経済新聞にインタビュー記事が掲載されました★★


『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』


5月29日付日本経済新聞の夕刊文化欄「宮沢賢治をもう一度――ゆかりの作品、相次ぎ刊行」のなかで、鳴神響一のインタビューが掲載されました。
僕が考える「国際人」宮沢賢治像についてお話しさせて頂きました。

また、文化人類学者の今福龍太先生、作家の長野まゆみ先生の作品と並んで、『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』(祥伝社文庫)をご紹介頂きました。
書影もカラーで掲載して頂き、ありがたいです。

5月29日付日本経済新聞の夕刊文化欄「宮沢賢治をもう一度――ゆかりの作品、相次ぎ刊行」のなかで、鳴神響一のインタビューが掲載されました。
僕が考える「国際人」宮沢賢治像についてお話しさせて頂きました。

また、文化人類学者の今福龍太先生、作家の長野まゆみ先生の作品と並んで、『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』(祥伝社文庫)をご紹介頂きました。
書影もカラーで掲載して頂き、ありがたいです。

編集委員の中野稔さまには『鬼船の城塞』(角川春樹事務所)のおりにもお採り上げ頂きました。
今回もまことにありがとうございました。

★日本経済新聞電子版"NIKKEI STYLE"のサイトで同一内容の記事がご覧になれます。

★★昨日はパセオ「しゃちょ対談」&「川島桂子カンテソロライヴ」でした!★★

幸せな一夜


写真は、左からエンリケ坂井さん、小山雄二社長、鳴神、川島桂子さん(井口由美子さまご提供)


昨日は、高円寺で「パセオフラメンコ」の小山雄二社長との対談でした。 1984年創刊、世界で唯一のフラメンコ専門月刊誌です。

インタビュー慣れしていない僕ですが、小山社長のご質問が楽しく、喋りすぎるくらい喋ってしまいました。
鳴神のいままでがくるっと裸に剥かれてしまった感じです(^_^;
社長、本当にありがとうございました。

今回の「しゃちょ対談」のようすは「パセオフラメンコ」誌9月号に掲載予定です。
またご案内させて頂きます。その節は、ご覧頂ければ嬉しいです。

対対談終了後は、タブラオ「カサ・デ・エスペランサ」で、パセオによって開催されました「川島桂子カンテソロライヴ」にお連れ頂きました。

ライブのようすは、パセオのライター井口由美子さまの素晴らしいFacebook記事を、ぜひご覧下さい。
昨夜のライブの真髄に迫り、深く洞察されていることに、驚くばかりです。

素人の僕からは、ただ、ひと言。

日本のフラメンコ史の一ページに居合わせたような気がします。

幸せな一夜でした。


["Siguiriyas con bata de cola y castañuela"]

"Siguiriyas con bata de cola y castañuela"

川島桂子さんが歌う"Siguiriyas con bata de cola y castañuela"(森山みえフラメンコ教室公式動画)

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

★★昨日は東京で打ち合わせでした★★

東京2018.5.18


昨日は東京で、7月刊行予定長篇の最終打ち合わせでした。
また楽しい物語をお届けできそうです。
もうしばらくしたら、ご案内できると思います。

お二人の編集者さまには、お忙しいなか、貴重なお時間を頂戴しました。
本当にありがとうございました。
今後ともご指導のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



["Little Talks"]

"Little Talks"

幻聴はアイスランド出身の「オブ・モンスターズ・アンド・メン」 (Of Monsters and Men) で、"Little Talks"(VEVO)

別のお仕事ですが、火曜まで茅ヶ崎の外へ出られません。
頑張ろうっと(^-^)

Canon PowerShot G9x

★★「時代小説SHOW」さまに、『おいらん若君』の書評を頂きました!★★


『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』


人気のブログ「時代小説SHOW」で、文芸評論家の理流(Riryu)先生に『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』(双葉文庫)の書評を頂きました。回 皆さまに、ぜひお読み頂きたいです。

【時代小説SHOW】
「吉原一の花魁は尾張徳川家のご落胤で、剣の遣い手」

最後の部分を引用させて頂きます。
――本書の魅力は、尾張徳川家のご落胤が新吉原一の花魁という奇想天外な設定に加え、竜之進の溌溂とし、無鉄砲な若者らしい行動と、悪を斬る『見返り柳剣』も見ものです。シリーズの今後の展開が楽しみです。――

また、カバーイラストへの温かいご評価も頂けて、本当に嬉しいです。
次回作への大きなエネルギー頂くことができました。ありがとうございます。

理流先生は、たくさんの雑誌で時代小説の解説や書評をお書きになるなどのご活躍をなさっています。

「影の火盗犯科帳」シリーズ『天の女王』『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』に引き続き、今回作でも、大変にありがたいご書評を頂き、心より感謝しております。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

★理流先生のプロフィール

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞。
歴史時代小説とミステリを書いています。20年来のフラメンコファンです。

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Books

『脳科学捜査官 真田夏希 サイレント・ターコイズ』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜4 テディベアの花園』

『鎌倉署・小笠原亜澄の事件簿 稲村ヶ崎の落日』

『警察庁ノマド調査官 朝倉真冬 男鹿ナマハゲ殺人事件』

『脳科学捜査官 真田夏希 イリーガル・マゼンタ』

『脳科学捜査官 真田夏希 ナスティ・パープル』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜3 夕映えの殺意』

警察小説アンソロジー『偽りの捜査線』

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎Ⅲ 創生』

『おんな与力 花房英之介 【四】』

『警察庁ノマド調査官 朝倉真冬 網走サンカヨウ殺人事件』

『脳科学捜査官 真田夏希 クリミナル・ブラウン』

『読んで旅する鎌倉時代』

『脳科学捜査官 真田夏希 ヘリテージ・グリーン』

『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜2 湯煙の蹉跌』

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎II 聖域』