Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

★★『歴史・時代小説の快楽』で『鬼船の城塞』をお採り上げ頂きました!★★

『鬼船の城塞』(提供:角川春樹事務所)


文芸評論家の細谷正充先生が、本日ご刊行になった『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(河出書房新社)の中で、拙作『鬼船の城塞』をお採り上げ頂きました。

古今の大先輩作家の先生方と並んで拙作をご紹介頂き、大変に恐縮しております。
『鬼船の城塞』は、自分自身でももっとも好きな作品ですので、その意味でも嬉しいです。

このガイドブック。まだ読み始めたばかりですが、抜群のチョイスです。
「どんな歴史時代小説を読もうかな」と思っている方には本当におすすめ!
僕も、今後の読書の大きな道しるべとさせて頂きたいと思っています。

細谷先生、本当にありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

★★週刊新潮に『影の火盗犯科帳〔二〕』の書評が掲載されました!★★


本日発売の「週刊新潮」12月1日号に『影の火盗犯科帳〔二〕~忍びの覚悟』の書評が掲載されました。
今回も文芸評論家の縄田一男先生がお採り上げ下さいました。

「火付盗賊改役を描く新たな収穫」と題した記事で、「長谷川平蔵以外の火盗改役を描く作品」の中で「その最も優れた収穫」との、大変にありがたいお言葉を頂戴いたしました。

この書評が本の総合情報サイトである「Book Bang -ブックバン-」で読めるようになりました。お時間の許す方はご一読頂ければありがたいです。

縄田先生には、11月1日(火)の日本経済新聞夕刊に続けて、二度も本作をお採り上げ頂き、本当に感謝しております。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

★★日経新聞で『影の火盗犯科帳〔二〕』が紹介されました!★★


11月1日(火)の日本経済新聞夕刊の文化欄に『影の火盗犯科帳〔二〕~忍びの覚悟』の書評が掲載されました。

文芸評論家の縄田一男先生が採り上げて下さいました。
縄田先生は歴史・時代小説の評論については、最も知られるお一人です。
朝日時代小説大賞や中山義秀文学賞の選考委員も、長らくお務めになっていらっしゃいます。

「目利きが選ぶ3冊」のうち1冊にお選び頂き、「プロットも文体も上々」として★★★★の評価を下さいました。大変に光栄です。
縄田先生には7月刊行の『鬼船の城塞』文庫の解説もお書き頂きました。
縄田先生、本当にありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード