Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

★★八重洲ブックセンター本店さま、三省堂書店東京駅一番街店さまにごあいさつに伺いました★★

八重洲ブックセンター2018.4.23


本日は、祥伝社の編集・営業のご担当さまと四人で、八重洲ブックセンター本店さまと、三省堂書店東京駅一番街店さまにごあいさつに伺いました。 お忙しいなか、貴重なお時間を頂戴しました、両書店のご担当者さまには篤く御礼申しあげます。

八重洲ブックセンターのご担当者さまには、『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』(祥伝社文庫)ばかりではなく、『おいらん若君 徳川竜之進 1 天命』(双葉文庫)と『脳科学捜査官 真田夏希』(角川文庫)にもサインさせて頂きました。また、色紙も書かせて頂きました。
作品についてのお話しさせて頂き、とても嬉しく光栄でした。ご丁重なご対応に重ねて御礼を申しあげます。

三省堂書店東京駅一番街店2018.4.23_01


また、三省堂書店東京駅一番街店さまでは、三枚目の写真のように『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』の自家製ポップなど、素敵なディスプレイを作って頂いております。とても嬉しく光栄です。

三省堂書店東京駅一番街店2018.4.23_02


また、三省堂書店東京駅一番街店さまでは、三枚目の写真のように『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』の自家製ポップなど、素敵なディスプレイを作って頂いております。作品へのあたたかいお気持ち、本当に嬉しいです。

ふたつのお店のご担当さま、拙作をお読み頂き、気に入って下さって、感謝に堪えません。とても幸せです。 今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

また、祥伝社の皆さまにも本当にお世話になりました。感謝申しあげます。
書店さま訪問の後は、お二人の編集さまと次回作についての打ち合わせも致しました。とても充実した時間でした。



["Oh Happy Day"]

"Oh Happy Day"

幻聴は、ロサンゼルス出身のSergio Sylvestreで"Oh Happy Day"(VEVO)

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

★★meong食堂さまが熱烈応援をして下さっています!★★

meong食堂


ご覧下さい。このボード!
meong食堂さまが、4月刊行作品の二作品を、熱く応援してくださっています。
昨夜はボードの前で、Yukaさんとツーショット。
感激です! "Ole!"のひと言も素敵。いつも、本当にありがとうございます~(≧∀≦)

meong食堂さまは、毎週のように伺っている茅ヶ崎東海岸のイタリアンベースのレストランです。
メオンと読みますが、インドネシア語で猫のこと。お店のお二人が猫好きなことからのネーミングだそうです。

オーナーシェフの森本さんは、長年、一流の料亭で板前をおつとめだった「和」の料理人さん。
手頃な価格帯で美味しいお料理を提供することをモットーにして、お店ももうすぐ五周年を迎えます。

僕は、デビュー前からmoing食堂さまのファンで、新人賞に落選したときなど、よくグチを聞いて貰っていました(^_^;

森本さんは、厳しいプロの目で選んだ食材を、鍛え抜いた腕で素晴らしい味へと変え、肩の凝らないカジュアルなお料理を出して下さいます。
季節の素材を活かしたアラカルトもパスタもピザも、すごーく美味しいです。Yukaさんがお作りになるドルチェも、超おすすめです。

何人かの編集者さまや、友人たちもご案内しました。ファンになる人も続出。
茅ヶ崎にお越しの時にはぜひ!美味しいお料理が待っています。



「Oh! Happy Day」

"Oh! Happy Day"

幻聴は、ブラジルのゴスペルシンガーSoraya Moraesで"Oh! Happy Day" (VEVO)

meong食堂
茅ヶ崎市東海岸南2-10-2 イーストコート2F
0467-87-0750
定休日:月曜日、第1・3火曜日

※ブログ内のすべての人物写真について、無断転載・二次利用をお断りします。

★★「時代小説SHOW」さまに『謎ニモマケズ』の書評を頂けました!★★


『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』


人気のブログ「時代小説SHOW」で、文芸評論家の理流(Riryu)先生に『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』(祥伝社文庫)の書評を頂きました。
とても素敵な書評です。皆さまに、ぜひお読み頂きたいです。

【時代小説SHOW】
「さらわれたロシア公女を救え!宮沢賢治の冒険」

最後の部分を引用させて頂きます。

――本書の魅力は、大正という浪漫溢れる時代の雰囲気や激動する国際情勢を巧みに取り入れながら、詩作や童話で本格的な活躍をする目前の、サナギのような宮沢賢治像を見事に描いている点にあります。
しかも、痛快で読み味のよいエンターテインメント小説に仕上げています。――

「影の火盗犯科帳」シリーズ『天の女王』『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』に引き続き、今回作でも、大変にありがたいご書評を頂き、心より感謝しております。
次回作への大きな勇気を頂くことができました。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

★理流先生のプロフィール

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード