Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

★★『鬼船の城塞』がコミック化されます!★★  

『鬼部の城塞』(画像提供リイド社)


拙作『鬼船の城塞』がコミック化されます。
「月刊コミック乱」(リイド社)10月号(8月28日発売予定)より連載開始!

情報解禁です。本日発売の9月号に予告が掲載されています。
「月刊コミック乱」は、毎月の発行部数が19万部を超える時代劇専門の人気劇画誌です。

シャープな絵柄で大人気の菊地昭夫先生が描かれます。

・高野洋先生原作の『Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~』全11巻(集英社:スーパージャンプ連載)は菊地先生の御作です。
2014年に関ジャニ∞の大倉忠義さん主演によりTBS系列「木曜ドラマ劇場」枠でシリーズドラマ化されました。

そのほか、大物小説家話題作品のコミック化も何作品も手がけていらっしゃいます。

・東野圭吾先生原作『疾風ロンド』(実業之日本社→マンサンコミックス)
昨秋11月に劇場公開された阿部寛さん主演の映画(吉田照幸監督)が話題になりましたね。

・宮部みゆき先生原作『ぼんくら』(講談社→PHPコミックス)
2014年~2015年に岸谷五朗さん主演によりNHK木曜時代劇枠でシリーズドラマ化されました。

などなど……。

ご覧下さい。菊地先生の手になる信之介の凜々しさと伊世姫のかわいさ。
ひと目で気に入ってしまいました。
これから展開されてゆく世界に、原作者としてすごく期待しています。
皆さま、小説とはひと味違う『鬼船の城塞』をどうぞよろしくお願い申し上げます。

毎月27日頃の刊行です。
お近くの書店・コンビニ等で、ぜひ、お手に取って下さいませ

★★毎日新聞で『天の女王』をお採り上げ頂きました★★

『天の女王』(提供:H&I)


金曜日の毎日新聞夕刊で『天の女王』をお採り上げ頂きました。

「歴史・時代小説 新人の力作、目白押し 多彩な設定、光る描写」
――新鋭陣も今年は成果を上げている。木下さんは『敵の名は、宮本武蔵』(角川書店)で第157回直木賞候補。鳴神響一さん『天の女王』(H&I)、天野純希さん『信長嫌い』(新潮社)など枚挙にいとまがない。

新人作家の方々の記事ですが、今回、直木賞候補の木下昌輝先生。投稿時代に『桃山ビート・トライブ』で大きく衝撃を受けた 大先輩の天野純希先生。
お二人と一緒に「新鋭陣」としてお採り上げ頂いて、とても嬉しいです。

毎日新聞東京学芸部の内藤麻里子さま、ありがとうございました。

★★パセオフラメンコ誌で『天の女王』の書評を頂きました★★

パセオフラメンコ7月号


1984年創刊、世界唯一のフラメンコ専門月刊誌「パセオフラメンコ」(パセオ)7月号「今月のふらめんこ時報」のコーナーで「天の女王」の書評を頂きました。(毎月20日発売)

――とりわけ中盤からの展開が軽快で、一気に読み切ってしまう爽快さ。(中略)画家・大和田いずみによる装画も美しい。(中略)ぜひ一度手に取ってほしい一冊だ。

とのお言葉大変に嬉しいです。
世界に冠たるフラメンコ専門誌でお採り上げ頂けましたことは、大変に光栄です。とてもありがたいです。
小山社長さま、小倉編集長さま、関係者の皆さま、心より御礼を申し上げます。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード