Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

★★新刊『天の女王』4月10日刊行です!★★ 

『天の女王』

『天の女王』(H&I 単行本:1944円税込)

新刊『天の女王』全国各地の書店さまで、いよいよ予約開始です!

――17世紀ヨーロッパの大地。人々の愛と幸せを守るために二人のサムライが走る。正義の剣がうなる。 慶長遣欧使節スペイン居残り組の実在の武士を主人公に、宮廷画家ベラスケスを副主人公に据え、胸躍る冒険の世界と、美と愛を守る戦いを描く、鳴神響一渾身の歴史冒険ミステリーロマン長編!

カバー画は、大和田いずみ画伯が、この作品の原稿を読んで下さって、イメージぴったりの輝きを持つ油彩画を描いて下さいました。
大和田さんは、長年の友人でもあり、フラメンカでもいらっしゃいます。

装幀は、藤沢周平、森村誠一、小松左京、山村美紗といった諸先生の装幀を手がけていらっしゃる大ベテランの安彦勝博さまです。

【物語】

21世紀のセビーリャの街角で、バイラオーラ(フラメンコダンサー)のリディアは、フラメンコをこよなく愛するマドリード自治大学教授シマモトに、先祖伝来のペンダントに刻まれた文字について相談したが、この謎解きの旅が17世紀への扉を開いた ── 。

── スペインに残留した若きサムライ―小寺外記(こでら・げき)、瀧野嘉兵衛(たきの・かへえ)―が、スペインを取り巻くフランス・イギリス・バチカンなど巨大勢力が陰謀の限りを尽くして繰り広げる権力闘争に、スペインの芸術家たち(宮廷画家ディエゴ・ベラスケス、大劇作家カルデロン・デ・ラ・バルカ)とともに、〝愛″と〝美″を賭して立ち向かう壮大な歴史冒険ミステリー!!

実在の人物たちを核に描きながら、史実には決して現れない物語を紡ぎ出す歴史ミステリーの傑作です。複雑怪奇なヨーロッパの宗教的・政治的な構造を背景に、地中海洋上での大海戦、暗黒の城郭や地下道での死闘、次々と繰り出される秘技・秘術。そして男と女……。想像をはるかに超えた世界が、激しくも切ないフラメンコの旋律とともに時空を超えてよみがえる‼(H&Iサイトより引用)

★H&Iさまの特設ページも、ぜひご覧ください!

大和田いずみさんのサイトも、お訪ね頂ければ嬉しいです!

気合いを入れて楽しんで書きました。
多くの皆さまにお手にとって頂けますことを祈っております。
全国の読者さま、書店員さま、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

★★『歴史・時代小説の快楽』で『鬼船の城塞』をお採り上げ頂きました!★★

『鬼船の城塞』(提供:角川春樹事務所)


文芸評論家の細谷正充先生が、本日ご刊行になった『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(河出書房新社)の中で、拙作『鬼船の城塞』をお採り上げ頂きました。

古今の大先輩作家の先生方と並んで拙作をご紹介頂き、大変に恐縮しております。
『鬼船の城塞』は、自分自身でももっとも好きな作品ですので、その意味でも嬉しいです。

このガイドブック。まだ読み始めたばかりですが、抜群のチョイスです。
「どんな歴史時代小説を読もうかな」と思っている方には本当におすすめ!
僕も、今後の読書の大きな道しるべとさせて頂きたいと思っています。

細谷先生、本当にありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

★★週刊新潮に『影の火盗犯科帳〔二〕』の書評が掲載されました!★★


本日発売の「週刊新潮」12月1日号に『影の火盗犯科帳〔二〕~忍びの覚悟』の書評が掲載されました。
今回も文芸評論家の縄田一男先生がお採り上げ下さいました。

「火付盗賊改役を描く新たな収穫」と題した記事で、「長谷川平蔵以外の火盗改役を描く作品」の中で「その最も優れた収穫」との、大変にありがたいお言葉を頂戴いたしました。

この書評が本の総合情報サイトである「Book Bang -ブックバン-」で読めるようになりました。お時間の許す方はご一読頂ければありがたいです。

縄田先生には、11月1日(火)の日本経済新聞夕刊に続けて、二度も本作をお採り上げ頂き、本当に感謝しております。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード